fbpx

海外情報

6,500名限定!見逃せないカナダワーキングホリデー情報

年齢が18歳以上30歳以下であれば、ほぼ無条件で海外で働くことができ、
語学学校へも通え、1年間滞在できるワーキングホリデー

そのワーキングホリデーのなかでも英語力を本気で伸ばしたい人に
人気があるのがカナダです。

カナダはなぜ英語力を伸ばすのに適しているのか、
そしてカナダワーキングホリデービザを取得するための情報をお伝えいたします。

ワーキングホリデー主要国で唯一アメリカ英語の国

ワーキングホリデーで人気のある英語圏の国トップ5
オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、そしてカナダです。

私達が学んできた英語はアメリカ英語ですが、
ワーキングホリデー英語圏上位5ヶ国で唯一アメリカ英語を学べるのがカナダです。

アメリカ英語とイギリス英語の違いについては以下の記事を参考にしてください。

「イギリス英語とアメリカ英語って?」

アメリカ英語とイギリス英語は日本で言えば関西弁と関東弁の様なもので、
どちらが正しいというものありませんが、元々勉強してきたアメリカ英語の方が
抵抗感はないかもしれません。

スポンサーリンク

綺麗な発音と語学学習に適した教育環境

カナダでよく言われるのが「英語の発音が良くて聞きやすい。」ということです。

発音の綺麗さから、アメリカのアナウンサーはカナダ出身者が多いと言われています。

なぜカナダの英語は発音が綺麗なのでしょうか。

諸説ありますが、カナダはもともとイギリスの植民地だった歴史があり、
かつ隣国がアメリカということから、どちらの国の人にも聞きやすい英語が
発達してきたと言われています。

また、カナダの語学学校は他の国と比較しても数が多いため、
良い意味で競争があり、質が高くユニークな学校が多いです。

世界70ヶ国以上から留学生が集まり、1,500名以上の生徒数を誇る超大規模校や
日本語を話しているのが見つかったら停学になる学校、
50名前後のアットホームが売りの学校など様々です。

魅力のある留学2大都市 バンクーバー、トロント

カナダを代表する人気のある2大都市バンクーバー、トロント
それぞれ魅力的な特長があります。

・カナダの留学都市人気ナンバー1 バンクーバー

都会と自然が融合した都市で、世界の住みやすい都市トップ10常連都市です。
都市の周りを流れる暖流の影響で比較的温暖で、冬も大雪は降りません。
治安も良く、仕事も探しやすいところからカナダの渡航先で最も人気のある都市です。

しかし、アジア人の割合が非常に高いので、日本人率の低さに
こだわりのある人には向いていないかもしれません。

・カナダ最大の都市 トロント

バンクーバーを福岡や横浜に例えるならば、トロントは東京にあたります。
都市の周りは寒流が流れているので、冬は極寒でマイナス20度を下回る日もあるくらいです。
しかし、バンクーバーと比較すると日本人やアジア人は少なくなります。
また都心部が好きな人はニューヨークも近いため、カナダ最大の都市にいながら、
アメリカ最大の都市にも遊びに行けます。

6,500名限定のカナダワーキングホリデーは早く動いた方が有利

綺麗な発音と英語を学ぶ環境に恵まれているカナダですが、
いつでもビザがとれるというわけではありません。

カナダワーキングホリデーは例年ビザ発給人数が決まっており、
ここ数年は6,500名限定が続いています

以前は先着制だったカナダワーキングホリデーですが、現在は抽選制度になっています。

カナダワーキングホリデービザを取得希望する場合は、
カナダ大使館のホームページからプールリスト(待機リスト)へ登録します。

ビザ抽選は何回かに分けて行われ、その抽選日は全くの未定です。
抽選日の5日前に大使館ホームページにアットランダムに公示されます。

プールリストへ登録しておけば、ビザ抽選日がきたら自動的に抽選に参加となります。

そして、抽選に落ちたとしても次の抽選に自動的に参加できます。

つまり、早ければ早いほどビザ取得の確率が高くなるのです。

ビザの有効期限は取得から1年ですので、1年以内にカナダへ
ワーキングホリデーで入国するつもりであれば、プールリストへは
1日も早く登録しておくことをおすすめします。

申請~ビザ受理までの流れ

何はともあれプールリストに登録をしなければ始まりません。

プールリスト登録方法

アカウント作成(プールリスト登録)

ビザ申請状況確認(残数や抽選日など)

※カナダ大使館ホームページより

①プールリスト登録・・・抽選を待つ

②当選レターが届く・・・10日以内に承諾する

③ビザ本申請をする・・・20日以内に完了する

④ビザ受理・・・ビザ申請から1週間以内~最長8週間

本申請に入ると英語の質問への返答や英文履歴書の作成、添付などが必要になり、
英語やパソコンが極端に苦手な人は苦労します。

申請の方法を間違うと、最悪却下となりますので、もし自信がない様であれば、
留学エージェントに申請を依頼した方が良いでしょう。

おおよそ5,000円~30,000円くらいでサポートしてもらえるところが多いです。

まとめ

英語を学ぶうえで魅力にあふれた国カナダ。
例年ぎりぎりに申請してタイムオーバーになる人が続出しますので、
今回の記事を参考に、カナダワーキングホリデーでの渡航を考えている人は、
まずプールリストへ登録しましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. ヨーロッパ移住に失敗しないために!おすすめの国は?

  2. イギリスに行く前に知っておこう!イギリス英語の特徴と独特の文化について…

  3. 世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

  4. 日本人女性は海外でもてる? 外国人は日本人女性をどう見てるのか

  5. 海外のチップ事情、どうしたらいいの?

  6. ワーホリするならドイツ!意外に知られていないドイツの魅力

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ