fbpx

海外情報

留学中のお金の管理(銀行口座・クレジットカードなど)について

日本で生活していれば、何気なしに日本の銀行口座のキャッシュカードで
必要な時にお金をATMで引き出したり、大きめの買い物や現金がなければ
クレジットカードで支払ったりしています。
では、海外で生活する際にはどうすればいいのでしょうか。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

もちろん海外でも銀行口座をつくることはできますが、
お金の管理について「何か注意が必要なこと」など
知っておきたいことを今回はご紹介します。

お金の管理の仕方は留学期間がポイント

・数週間~1年未満の留学

留学期間が数週間~1年未満であれば、留学先で銀行口座を作るよりも
普段使っているクレジットカードを利用する方が楽ですね。
クレジットカードを使い現地のATMで現金を引き出すこともできます。

あるいは海外専用プリペイドカードを利用すると安心です。
Manepa Cardやキャッシュパスポートなどさまざまなプリペイドカードがあるので、
手数料やどのようなシステムで使うのかを確認して留学するまでに用意しておくといいです。
使い方はクレジットカードとほぼ同じですが、通常のクレジットカードと違い、
日本円から現地の通貨に両替するタイミングが自分で決められるのが利点です。
(参照:Manepa Card HP / Travelex HP)
クレジットカードやプリペイドカードで注意したいのは、授業料や部屋代などを
留学中に支払う必要がある場合は、使う合計金額が限度額を越えないかの確認です。
また、クレジットカードが全て海外で使えるとも限らないので、
カード会社に海外で利用できるかを確認しておく必要があります。

さらにいうと、クレジットカードやプリペイドカードはICチップが付いているもので
VISAかMaster cardが便利です。
これはICチップが付いていないクレジットカードが使えない場合が多く、
VISA・Master card以外のクレジットカードは買い物先で取り扱っていないことが
とても多いからです。

・1年以上の留学

中長期の留学であれば現地の銀行に口座を作る方が便利なことが多いです。
銀行口座の残高証明がビザの申請などに必要になることもあります。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

銀行口座の作り方は国によって違います。
例えばイギリスであれば大学からBank letterと呼ばれる証明書をもらう必要があります。
これは滞在先の住所やその大学の学生であるということを証明してくれます。
また、イギリスの銀行口座は saving account(預金口座)と checking account
(デビットカード等で買い物をするための口座)に分かれていて、
通常両方を同時に作ります。

それぞれにカードが発行されるのでsaving accountにお金を入れておいて、
必要な金額をchecking accountに移しデビットカードで買い物します。

このように2つに分かれているおかげで、万が一checking accountのカードが
盗まれたりしても預金が全てなくなるという心配がありません。
ちなみに日本のような通帳はありません。
(参考:Santander UK HP)

スポンサーリンク

現金は?

それでは現金はどのようにしたらいいでしょうか。
留学期間に関わらず日本から出発する前にある程度の現金
(1週間くらいの食事・買い物に必要な額)を現地の通貨で用意しておくといいですね。
できれば空港ではなく事前に銀行や郵便局で両替しておくことをお勧めします。
ある程度まとまった金額になるので、防犯のためにも
特に現地空港での両替は避けた方が安心です。

<紙幣の注意点!>

両替する際にとても重要な注意点があります。
それは高額紙幣は現地では使えないことが多いので、
額の小さい紙幣を指定するということです。

例えば、イギリスであれば現在1ポンドが約150円ですが…(2017年12月現在)
20ポンド紙幣が一番高額な紙幣になるように用意するといいですね。
それ以上の50ポンド紙幣などは買い物先で受け取ってもらえない可能性がとても高いです。
偽札を受け取りたくないので店が警戒します。
使えない紙幣を持っていても仕方がないので、できれば5ポンド、10ポンド紙幣と
20ポンド紙幣を混ぜて両替してもらいましょう。

買い物先でおつりが必要なのがとても嫌がられることがあるので、
少額紙幣はとても便利です。

また、現地に着いたら小銭を整理して常にいくらかの小銭が
財布に入っているようにしておくと、バスを利用する際や有料の公衆トイレを
利用する必要があるときに便利です。
(日本のようにコンビニのような便利な場所がないので、気軽にトイレを借りたり、
小銭へ両替したりなかなかできないこともあります)

現金ではなくカードで使うことが多い

日本では現金での買い物がまだ主流ですが、イギリスなど海外では
クレジットカードやデビットカードを使って買い物することがほとんどです。
現金は盗まれたらそこまでですが、カードであれば気づいたときにすぐに対処すれば
被害を食い止めることができるからです。
そのためデビットカードのつながっているchecking accountには
必要以上のお金を入れておきません。

大手スーパー以外のお店では買い物額が5ポンド以上でカード利用可能
というところもあるので、10ポンド程度の現金とデビットカードまたは
クレジットカードを持っていれば問題ありません。

最後に

日本よりもお金の取り扱いは慎重にする方が安心です。
特に外出先では財布や現金を不用意に見せないように気を付けましょう。
観光地に遊びに行く際にはスリなどに十分注意して、財布はポケットに入れるのではなく、
カバンの奥底にしまっておきましょう。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

さらにメインの財布以外に小銭入れを用意しておいて、バスのチケットを買うなど
ちょっとしたお金が必要な時はそこから出すようにしておくといいですね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. イギリスの郵便番号は世界一効率的!?

  2. 日本人女性は海外でもてる? 外国人は日本人女性をどう見てるのか

  3. ワーホリするならドイツ!意外に知られていないドイツの魅力

  4. 知っておきたい中東のファッション事情!

  5. イギリスの大行事、イースターを徹底解剖!使える英単語や挨拶表現は?

  6. 日本人とドイツ人は似ている?あなたのドイツ人像あってますか?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ