fbpx

海外情報

海外旅行を10倍楽しむために必見なサイト!情報集めはここにおまかせ

海外旅行は日常生活から離れて、異文化に触れ、新しい経験をするよい機会です。
書店にはたくさんの海外旅行用のガイドブックが並んでいますが、
日本人の旅行先としてメジャーな場所のものが多いですね。

今回は、年末年始や春休みなどの長期休暇などを利用して
海外旅行をしようかなと考えている人に参考になる
ガイドブックやウェブサイトについてご紹介したいと思います。

海外旅行で穴場やレストラン、イベント情報を入手するには?

英語の勉強も兼ねて、事前にチェックしておくと
海外旅行が10倍楽しくなりますよ!

●Lonely Planet

海外で一番有名なガイドブックと言えば、
Lonely Planet( Lonely Planet Global Limited出版)です。

日本のガイドブックのように写真はたくさんありませんが、
現地にとても詳しいライターが書いており(ガイドブックの最後に
ライターの紹介がありどのような人たちが書いたのかも分かります)、
ツアーの旅行者などがあまり行かないけれども、
現地の人たちが利用するレストランや訪れる価値のある穴場に関する情報、
現地の文化や社会情勢、言語に関する情報が盛りだくさんで
読み物としても十分に楽しめるガイドブックです。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

日本でもアマゾンで紙ベースの本または電子書籍として入手可能です。
英語で書かれているので、英語の勉強もできて一石二鳥です。

Lonely Planetはガイドブックだけでなく、
そのホームページ(https://www.lonelyplanet.com/)もとても素敵です。
自然や遺跡などの美しい写真と共に、豊富な情報が提供されています。

中でもビデオはとてもよくできており、現地に詳しいガイドが街中を歩いたり、
自然の中を歩いたりしながら英語で解説してくれています。
写真や文章だけでは伝わらない現地の雰囲気が詳細に分かります。
以前旅行したことのある場所であれば英語での解説も分かりやすいので
リスニングの練習にもいいですね。

Lonely Planetは日本ではガイドブックになっていないような旅行先も
たくさんカバーしているので、人と違った海外旅行をしてみたい人におすすめです。
素敵な写真やわくわくするようなビデオが今すぐ飛行機に乗って
旅行に出かけたい気持ちにさせてくれるので、
Lonely Planetは海外旅行に行こうかどうか迷っている人にもおすすめです。

●Where

Wherehttps://www.wheretraveler.com/)は
特に大きな街に旅行したいと思っている人におすすめのサイトです。

レストランやお店、イベントなどの情報が豊富です。
紙ベースのフリーペーパーも出していて、最新の現地情報が入手でき、
旅行者向けなので比較的分かりやすい英語で書かれているので
旅先で見つけたらぜひ手に取ってみてもらいたいです。

ガイドブックは作成までに時間もかかりますし、
最新情報と言っても少しタイムラグがあります。
Whereは定期的に更新されていて、ウェブ上の記事には
更新日時も明記されているので、新しい情報をチェックしたい時に役立ちます。

スポンサーリンク

ガイドブックには載っていない情報を日本語で入手するには?

●トラベロコ

トラベロコhttps://traveloco.jp/)は現地で実際に暮らしている日本人に
無料で質問をしたり、有料で現地ガイドをお願いしたりすることができるサイトです。

ガイドブックには載っていない情報などを質問できるので
旅立つ前の準備にとても役立ちます。

例えば、イギリスであればお茶はティーパックでも個別包装されていないものが主流なので、
お土産用に個別包装されているものを探したいけれども
どのように見分けたらいいのかなど、ガイドブックで調べても
インターネットで検索しても答えが見つからない情報を教えてもらうことができます。

利用するには無料の登録をする必要がありますが、とても便利なのでおすすめです。
さまざまな国で暮らしている日本人に旅行のアテンドなど
有料でお願いすることもできるので、海外旅行にまだ慣れていないけれども
ツアーではなく自由に街を歩くような旅行がしたいという人は
チェックしてみるといいですね。

海外での安全対策の最新情報を入手するには?

●外務省海外安全ホームページ

旅行楽しむには、安全を確保することはとても大切です。
ガイドブックにも現地の治安について簡単な情報が掲載されていることもありますが、
最新情報ではないので旅立つ前に外務省の海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/)を確認することをおすすめします。

「危険スポット・広域情報」については世界地図をクリックするだけで、
行きたい国の治安などについて詳しい情報を見ることができます。
危険度が色分けして表示してありとても分かりやすいです。

「安全対策基礎データ」では具体的にいつ頃どのような事件が発生したか、
どのような危険があるのか、どのような対策をしておくといいのかなど
詳しい最新情報が掲載されています。

例えば、フランスではスリや置き引きが多く発生しており、
どのようにスリが狙ってくるのか犯行手口をかなり詳細に説明してくれています。
どのようなことに注意しておく必要があるのか防犯対策も詳細に説明されており、
例えば街を歩く際にはどのような点に注意すれば被害を防げるのかなどが分かります。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

ツアーなどで現地に詳しいガイドが常に一緒にいる場合でも、
街を歩いている際に注意すべきことはあり、
これが個人での旅行となるとさらに事前に知っておいて
対策を立てておくべきことはたくさんあります。

「たびレジ」というサービスに登録すると、
旅行中にその国で何か緊急事態が起こった際に
在外公館から詳細情報がメールで送られてくるので、
どのような行動をすればいいのかがすぐに分かります。

この外務省の海外安全ホームページは、ツアーであっても個人旅行であっても、
海外に旅行する際には必ず見ておきたいサイトです。

せっかくの海外旅行、事前に情報を集めて楽しく安全に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 2ヶ月でIELTSのスコアを1.5上げたフィリピン留学体験

  2. 車いすでも海外旅行や留学は楽しめる!

  3. 海外に「鬼ごっこ」ってあるの?英語学習に役立つ外遊び

  4. 中東ではバレンタインデーを祝うの?

  5. 英語が通じるヨーロッパの国と、必見、本家イギリスのおすすめスポット

  6. 英語圏じゃない国でも英語は通じる!!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ