fbpx

海外情報

注目度急上昇!格安マルタ留学

最近TV 番組でも取り上げられることが多くなったマルタ留学
さまーずが司会を務める「世界さまぁ~リゾート」でも番組内で
連日マルタ留学がとりあげられました。

マルタと言っても「どこにある国?とりあえずヨーロッパかな。」という程度しか
知らない人のほうが多いでしょう。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

今回の記事では今注目度が急上昇しているマルタ留学についてお伝えいたします。

フィリピン、フィジーに匹敵!?ヨーロッパなのに格安留学ができる

格安留学と言えばフィリピンやフィジー留学が有名です。
実際に留学の王道とも言えるアメリカやイギリス、
オーストラリアやカナダなどに比べると
約3分の2~半分くらいの留学費用で留学が可能です。

マルタは若干フィリピン、フィジーより授業料は高いですが、
1ヶ月の授業料で言えば1~2万円程度しか違いはありません。
学校によっては長期留学割引でフィリピンやフィジーと同等くらいの
授業料になる場合もあります。

スポンサーリンク

生活費が安い

こちらも日本の約3分の1くらいのフィリピンやフィジーには勝てませんが、
ヨーロッパなのに日本とほぼ変わらない物価です。

例えばビールはスーパーで100円以下で購入できます。
今やほとんどの英語圏が日本より物価が高いので、
生活費が安いのは助かりますね。

日本人が少ない

ここが同じ格安留学でも大きな違いになります。
現在フィリピン留学の平均日本人率は約40~100%、
語学学校がほとんどないフィジーでは日本人率は90~100%です。

マルタの語学学校の日本人率は平均5~10%
ヨーロッパの学生が中心でアジア人の留学生も少ないです。

夏はピークシーズンで日本人学生が増えますが、
それでもフィリピンやフィジーに比べるとかなり少ないです。

リラックスできる過ごしやすい環境

国全体が世界遺産に囲まれているマルタはヨーロッパのリゾート地としても有名です。
夏はカラッと乾燥し、冬は温暖な地中海性気候のため、
冬を除けば水着でビーチに入ることができます。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

マルタの海は真っ青で幻想的な色をしていて本当に綺麗です。
神秘的な「青の洞門」やスキューバーダイビング、シュノーケリングも
年中楽しむことができます。

格安でヨーロッパ旅行ができる

すぐ近くのイタリアは1万円もかからず飛行機で旅行でき、
そこから近郊のフランス・ギリシャ・スイスなどへはユーロスターを始めとした
高速鉄道などの移動手段で国境越えも簡単にできます。

語学学校に通いながら週末はドイツやスペインに
旅行している留学生も珍しくはありません。
こちらも時期によりますが片道1万円前後です。

マルタ留学のデメリット

とても魅力的なマルタ留学ですが、デメリットはどの様なところにあるのでしょうか。

<デメリット1>航空券は高く、乗り継ぎが悪い

日本からの直行便がないため経由便しか選択肢はありません
その際はドバイやトルコで乗り換えるのですが、航空券が高い!
安い時期であれば往復約10~15万くらいで購入できるのですが、
ピークシーズンだと往復で約20万ほどになるときもあります。
費用を浮かせるためには乗り継ぎの悪い便を選択せざるをえないケースが多く、
その場合2~3回乗り継ぎをし、到着までトータル24時間以上かかる場合もあります。

<デメリット2>リゾート地独特の雰囲気に流される

机に向かって勉強できる真面目な気質のアジア人に比べ、
ヨーロッパの学生は遊ぶことが大好きです。
もちろんその留学生にもよるのですが、授業中も私語がガンガン飛ぶこともあります。
ある意味アットホームで良いのですが、授業中は静かに集中という環境を
求める傾向が強い私達日本人からすると、初めは少し抵抗があるかもしれません。

また、リゾート地ならではのゆったりとした空気が流れていますので、
ついつい遊びすぎてしまう場合もあります。

机に向かって勉強したい!という人はフィリピンのほうがイメージが近いかもしれません。
午前中はしっかり勉強、午後は楽しくクラスメイトと遊びながら
実践で英語力をつけるぞ!という人はマルタが向いているのではないでしょうか。

<デメリット3>飽きる?

マルタは地中海に浮かぶ小さな島で、面積は日本の淡路島より小さいです。
アメリカやオーストラリア、カナダなどの大きな国に比べると
飽きてしまうという方もいます。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

都心部のほうが色々なことができて好き!という人より、
田舎でゆったりしているほうが落ち着く、という人のほうが
マルタは合うのかもしれません。

マルタ留学に合う人、合わない人

魅力あふれるマルタ留学ですが、合う人と合わない人をまとめてみました。

<合う人>

・費用を抑えたい
・日本人が少ないところで留学したい
・気候が良いところで留学したい
・ヨーロッパ旅行に興味がある
・机に向かう勉強よりも放課後のおしゃべりで英語力を伸ばしたい
・田舎(小さな都市)が好き

<合わない人>

・乗り継ぎの良さにこだわりがある
・英語学習は机に向かってすべきと思っている
・周りに流されやすい
・都会でないと落ち着かない
・飽きやすい

メリットもデメリットもありますが、
費用面や日本人率の少なさは非常に魅力的ですよね。
今まで留学する国として選択肢に入っていなかった方も、
ぜひマルタ留学を検討してみたらどうでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 知っておきたい中東のファッション事情!

  2. 東京より進んでいる!?驚くべきイギリスの近代化

  3. イギリスの大行事、イースターを徹底解剖!使える英単語や挨拶表現は?

  4. 日本人女性は海外でもてる? 外国人は日本人女性をどう見てるのか

  5. 平熱98度って? アメリカの温度単位「華氏(℉)」の感覚を掴もう!

  6. 海外就職を実現させるための方法とは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ