fbpx

海外情報

日本人の少ない国で留学するなら、アイルランドがおすすめな理由

留学したけど日本人どうし固まってしまって日本語ばかりの環境になり、
英語力が伸びなかった。。。

海外留学に失敗した人からよく聞く、ありがちなお話です。

しかし、今やどこへ留学しても日本人がいない国はほとんどありません。
留学先として有名なアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど
都市や学校によって差はありますが、日本人率が20%を超えることは
珍しいことではありません。

さらに言うと日本人の英語力のレベルはあまり差がありませんので、
学校全体では日本人率が20%でもクラスの日本人率は40%を超えていた、
という笑うにも笑えない様な話もよく聞きます。

クラスの10人に4人が日本人、見ず知らずの国に一人ぼっちの留学となると、
ついつい周りの日本人に話しかけてしまう、
という気持ちも分からなくはないですよね。

自分をもってしっかり勉強したり、日本人が少ないクラスに入れるくらいの
英語力レベルがあれば日本人率が高くても関係ない、と言えるのでしょうが、
人間はそんなに強くはなく、環境に流されてしまうことも多いでしょう。

そこで、日本人率が少ない国へ行ってしまい、
無理やり環境を作ってしまうという方法があります。

日本人率脅威の平均5%以下!アイルランド留学

アイルランドの語学学校は首都ダブリンに集中していますが、
ほとんどの語学学校の日本人率は5%以下、多くても10%以下です。

町中にでるともっと少なくなり、一日中町を歩いても日本人に会わない
というのは珍しくはありません。

スポンサーリンク

そもそもアイルランドはどんな国?

アイルランドはイギリスのお隣にある小さな島国です。
イギリスにも飛行機で約1時間半くらいで行けてしまいます。

面積はちょうど北海道くらい、人口は約460万人
北海道の人口が約560万人なのでちょうど100万人くらい少なく、
小さな北海道というイメージで良いかもしれません。

かつてはイギリス領だったのですが、今から約100年前の1916年4月24日、
「イースター蜂起」と呼ばれる7日間の武装蜂起を行い、イギリスから独立しました。

治安に関しては比較的安全と言われていますが、
どの国でも日本ほど軽犯罪が少ない国はありません。
とりわけ盗難は日本より格段に多いので(アイルランドに限らずですが)、
十分に注意してください。

主食はじゃがいもになり、ホームステイをしていると、
じゃがいもを使用した様々な料理が毎日の様にでてきます。
飽きてしまう場合もありますので、日本で料理を覚えて日本食をふるまってみる
というのも良いかもしれません。

緯度が樺太あたりにあるため、ものすごい極寒をイメージされる人もいるのですが、
近くに暖流が流れているため、雪が降っても積もることはなく
思った以上には寒くなかったという声も多いです。
冬は東京の冬よりも2~3度低いくらい、夏に関しては
最高気温が20度を超えることがなく、冬を除けば年間を通して涼しいです。
天気はものすごく変わりやすいので折り畳み傘を持参することをおすすめします。

余談となりますが、日本でも有名な「ギネスビール」はアイルランド出身です。
ビール工場もあって見学も可能ですので、アイルランド滞在記念に
寄ってみるのも良いですね。

留学生が働くことに寛容な国

アメリカやカナダ、イギリスで語学留学をする場合、原則働くことはできません。
(大学や専門学校進学の場合は一定の条件のもと働くことが可能)
しかしアイルランドにはワーキングホリデー制度があり、
語学学校に通いながら働くことができます。

30歳を超えてしまいワーキングホリデービザを取得できない人であっても、
学生ビザで働くことが可能です。
週20時間までという制限はありますが、莫大な費用がかかる留学で
収入が見込めるのは本当にありがたいものです。

また、学生ビザで6ヶ月以上語学学校へ通うと
2ヶ月のホリデーを取得することができます。
6ヶ月の学費で8ヶ月滞在でき、さらにアルバイトまでできるのです。

インターンやボランティアもできる

英語を勉強するだけでなく、企業インターンや地域のボランティアを
紹介してくれる語学学校も多いです。

その幅も広く、メディア関連・IT・デザイン・エンジニア・カスタマーサービスなど
多種多様です。

そのなかでも特に強いのがIT
IT関連経験者、かつ英語力があれば、無給インターンからスタートして
地元企業で有給で働くことも夢ではありません。

留学生の英語道場!?アイリッシュパブ

アイルランド人はお酒が大好き。
町には至るところにアイリッシュパブがあり、陽気なおじ様たちが
お昼からお酒を飲んでいます。

学校が終わって時間があればぜひアイリッシュパブに寄ってみることをおすすめします。
アイルランド人はとても人懐っこいので、町であまり見かけない日本人には
話しかけてくれることも多いです。
実践で英語を学ぶ良い社交場となりますよ!

まとめ

日本人が少なく、働くことで収入を得ることもできるアイルランド。
日本人が周りにいないのは不安も大きいかもしれませんが、
望んでいた英語環境を作れるチャンスでもあります。

英語力を伸ばすために、無理やりにでも英語環境を作ってみたい人に
アイルランドはおすすめです!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 海外に「鬼ごっこ」ってあるの?英語学習に役立つ外遊び

  2. スペインで英語は通じるの?知っておきたいスペイン語フレーズ、おすすめス…

  3. こんなに違う!ドイツと日本のクリスマス事情

  4. 留学先にとても人気!ニュージーランドってどんな国?

  5. 東京より進んでいる!?驚くべきイギリスの近代化

  6. マレーシアの「海外ロングステイ」に必要なもの

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!