fbpx

海外情報

日本人とドイツ人は似ている?あなたのドイツ人像あってますか?

よく日本人とドイツ人は似ていると言われますが、果たして本当にそうでしょうか?
例を挙げて比べてみると、似ている点もありますが、
知られていないことが多いのも事実。

【広告】週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

今回はそんなドイツ人の実態をご紹介いたしますので、
あなたがイメージしているドイツ人とどのくらい合っているか
是非確かめてみて下さい!

 

①綺麗好き

欧米人は大雑把だというイメージがあるかもしれませんが、
ドイツには綺麗好きな人がかなり多いです。
日本人並みか、それ以上かもしれません。

また、これは知られておらず意外かもしれませんが、玄関で靴を脱ぐことが
習慣づいている人も多いのです。

家庭により異なり、日本のように必ず脱がなければならないわけではないのですが、
よく見る光景です。
欧米のドラマのように、部屋の中まで靴を履いたまま入って、
ベッドにも靴で上がるという光景はなかなかドイツでは見ないものです。

 

スポンサーリンク

②時間をきっちり守る!

海外に友達がいる方は経験があるかと思いますが、
集合時間を決めていても、なかなか時間どおりに集まらないことが多いと思います。

ところが、ドイツ人は比較的時間を守ります。
集合時間に遅れて行くと、待たせてしまうこともしばしば。
もちろん人にもよりますが、時間に関していえば、
日本人の感覚にかなり近いと思います。

もしドイツ人との待ち合わせに遅れそうな時は、
早めに連絡しておくことをオススメします!

しかし、電車ではトラブルがしょっちゅう起き、時刻表通りに来ないことや、
到着時間が大幅に遅れることも少なくありません。

その点は日本の方が全てにおいて時間どおりかもしれませんね!

 

③旅行好き

ドイツ人は旅行好きなことで知られています。
倹約家のイメージもあるかもしれませんが、見た目や生活面でお金をかけない分、
旅行など「経験」にお金をかける人が多いようです。

ある統計では、ドイツ人はアメリカ人よりも多い800億ドル
(現在のレートで日本円にして約9兆円)を国外で使ったことを示すものもあり、
世界一、旅行にお金をかける国として紹介されています。

ちなみに、日本は中国、フランス、イタリアに次いで7位くらいです。

 

④英語が得意な若者が多い

ドイツに来たことがあれば不思議な感覚を味わえますが、
大きな街であればあるほど、多くの人が流暢な英語を話します。
年配のドイツ人や田舎に行けばドイツ語しか通じないケースももちろんありますが、
ベルリンなどの大都市では、まず英語だけで問題なく生活できるほどです。

イギリスと近いため、言葉が覚えやすいのでは、と言いたくなるかもしれませんが、
ドイツ人にとっても英語はそんなに簡単なものではありません。

では、なぜ英語を話せる人が多いのかというと、教育上の理由が関係します。
それは、英語ができなければ、よい職につくことが難しいと育てられるからです。
さすが、ヨーロッパの経済大国らしいですね。

近年ではお隣の国、韓国でも同じように英語ができなければ
よい職に就けないと言われており、
日本ももう少し危機感を持った方が良いかもしれません。

 

⑤ベジタリアンはかっこいい!

ドイツ料理といえば、肉料理やソーセージのイメージがあるかもしれませんが、
ある統計では、ドイツ人の人口の9%はベジタリアンだと言われています。

そのうち10%はベルリンに集中しているようで、
特にベルリンの若者の間では大きなムーブメントになっています。
そして、「ベジタリアンであることはかっこいい」という認識すらあるのです。

では、なぜベジタリアンがかっこいいと見なされるのかといいますと、
環境保護や動物愛護の考えが進んでいるからと思われています。

その影響もあり、ほぼ全てのレストランでベジタリアンメニューがあり、
さらにスーパーでもベジタリアン向け食材が多く見られます。
例えば大豆から出来たナゲットやカツ、
さらに(動物性食品を一切口にしない)ビーガン向けに、
牛乳を使わないチーズといったものまで様々です。

日本でも最近ベジタリアン向けレストランが見られるようになってきましたが、
「ベジタリアン = かっこいい」という認識はなかなかないかもしれませんね。

 

⑥ドイツ人は裸に寛容!?

これには驚かれる方も多いと思いますが、
ドイツにはヌーディストビーチやヌーディスト向けキャンプ場などがあります。
これは第二次世界大戦後、ドイツが東西に分断されたことに起因しています。

特に東ドイツはソ連に支配され、厳しい資本主義下に置かれることになりました。
これに密かに抵抗する意味で、体を解放して、自由になろうという運動
(Free Body Culture)が盛んになりました。
そこでヌーディストビーチや、ヌーディストキャンプ場が多く開かれたのです。
現在は数こそ減りましたが、未だに東ドイツでは裸に寛容な文化が残っています。

【広告】週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

さらに日本人にとって驚きなのは「サウナ」で、
ドイツ全土として、裸で男女一緒に入る施設があります。
ちなみに水着着用可能なところや、男女別のサウナもあるようです。

家族やカップルでリラックスするために訪れるとのことで、
日本の温泉と近い感覚かもしれませんが、男女共用となると話は別ですよね…。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
日本とドイツは、似ているようで似ていない点も沢山あります。
ドイツ人は真面目でお堅いイメージを持っているかもしれませんが、
必ずしもその一面だけではありません。

クリスマスマーケット以外にドイツのイメージがなかなか湧かなかったかもしれませんが、
少しでもドイツに興味を持ってもらい、是非足を運んでもらいたい国のひとつです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語で行こう!ヨーロッパ旅行-ギリシャとイタリアのおすすめ観光地!

  2. 海外生活で持っていくと役に立つ!便利なもの

  3. ヨーロッパ移住に失敗しないために!おすすめの国は?

  4. イギリス英語とアメリカ英語って?

  5. 中東(海外)の英語教育事情は?

  6. 海外就職を実現させるための方法とは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ