fbpx

海外情報

中東にクリスマスってあるの?

【クリスマスシーズン】

12月といえば、忘年会、クリスマス、大掃除、年越しなどイベントが沢山あり、
一年で一番忙しい時期ではないでしょうか。

店先でクリスマスや新年のグッズを見かけると、心が踊らずにはいられないですよね!

そして、海外の12月と言えば、やっぱりクリスマス!
クリスマスカードを送ったり、家の中に大きなクリスマスツリーや
沢山のプレゼントを準備したり、家族が集まって盛大にお祝いするイメージがありますよね。

さて、中東のほうではクリスマスはどのような感じなのでしょうか?

中東と言えば、トナカイよりもラクダ、雪よりも砂埃、
そもそもクリスマスはイスラム教なので関係無いのでは?
といったイメージではないでしょうか。

それでは早速、私が現在住んでいる、「ドーハの悲劇」で有名な、
中東のカタールという国の様子を中心にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【クリスマスが無い国々】

まずはカタールのお隣、イスラム教の戒律が厳しいと言われている
サウジアラビアにはクリスマスがありません!
国教であるイスラム教以外のイベント事を公にお祝いすることが禁止されているからです。

カタールはサウジアラビアよりはイスラムの戒律が少し緩いようですが、
クリスマスの扱いは似たようなもので、公にはクリスマスのお祝いはありません

実際、街中でクリスマスのデコレーションやサンタクロースを見かけることがありません。

世界はもちろん、日本でもすっかり定着しているクリスマス。
それが無いなんて、驚きですよね!?

ただし、これらの国々には、フィリピンや欧米から駐在員や出稼ぎ労働者が沢山来ています。
彼らにとってクリスマスは特別なもの。
そのため、外国人居住区のコンパウンドと呼ばれる賃貸住宅街の中や、
家の中、ホテル、レストランなどでクリスマスが祝われています

クリスマスを祝わない国でクリスマス気分を味わいたい場合は、
自分から進んでイベントに参加しないと出会えないようです。

スーパーなどでは、「Merry Christmas」 ではなく、
Seasons Greetings (季節のご挨拶) 」などと謳ってクリスマスグッズが売られています。

カタールやサウジのイスラム教徒はクリスマスを祝う習慣がありませんので、
季節のご挨拶ということでプレゼントを贈ったり、イベントを楽しんでいるようです。

やはりキラキラの飾りを見ると心が弾みますね。

そして、このクリスマスが無いことで良い点もあります。
日本では、“恋人たちのクリスマス”などと言われるくらい、
クリスマスイブがカップルの日になっているようですが、
サウジアラビアやカタール辺りでは、クリスマスのお祝いがありませんし、
そもそも男女がいちゃいちゃ歩くなんて出来ませんのでお独り様も疎外感がありません!

クリスマスだからとつい散財しがちですが、そういった事もほとんどありませんので
家計には非常に優しいのです。

また、中東=イスラム教というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、
湾岸諸国(サウジアラビア、カタール、 アラブ首長国連邦など)を除く地域では
クリスチャンを始め、他の宗教の方々も大勢住んでいます。
例えばレバノンやシリアなど。
そのため、地域によっては宗教の垣根を超えて
盛大にクリスマスがお祝いされているようです。

 

【12月のイベントといえば?】

カタールの場合、12月のイベントといえば、 クリスマスよりも、
“カタールナショナルデイ(独立記念日)”です。

(参照:wikipedia)

季節に絡んだイベントではありませんが、現在も続くサーニー家が
カタールの首長になったこと、イギリスの統治下から独立したことにちなんだ祝日です。

毎年この時期になると、カタールの街中は、カタール国旗の白と赤茶色カラーに染まります。
当日はあちらこちらで花火大会やイベントがありお祭り騒ぎです。
イベントはテレビ中継され、国を挙げての一大イベントとなります。

ということで、カタールでは12月は、クリスマスよりもこのナショナルデイで賑わいます。

ナショナルデイ、クリスマスが終わると、いよいよ、新年へ向けてのカウントダウンです。

しかし、お正月は祝日ではありません!
会社によって元旦もしくは三が日がお休みになるものの、
至って普通の冬の休暇といった雰囲気です。

というのも、イスラム圏ではイスラムカレンダーという独自の日程でカレンダーがあり、
おめでたい新年は、別の日にちにやってくるからです。
ですので、戒律の厳しいサウジやカタールのほうでは、
西暦の変わり目はさほど祝うほどのことでもないようです。

 

【まとめ】

やはり皆さんがイメージする通り、中東のサウジアラビアやカタールなどでは、
クリスマス気分はあまり味わえません。
国教がイスラム教と定められており、他の宗教行事は大々的にお祝いしないからです。

日本のように、放っておいても何となく自然に味わえる行事ではないため、
中東でもしクリスマスを味わいたい場合は、
ホテルやレストランのイベントをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 東京より進んでいる!?驚くべきイギリスの近代化

  2. ロンドンで多発中!恐ろしいAcid Attack(酸攻撃)って?

  3. クリスマスの旅行でお勧めしたい!ヨーロッパのクリスマス・マーケット

  4. フィリピン(セブ)留学の利点や知っておきたいお役立ち情報

  5. スイスの公用語は? おすすめ観光ポイントもご紹介!

  6. ハワイに行くならこれだけは知っていて欲しいハワイ語!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ