fbpx

海外情報

マレーシアへの移住計画!ペットを飼いたいなら、保護シェルターがベスト

マレーシアでは、ペットである犬や猫への避妊及び去勢手術に対する飼い主の理解や認識がまだ浅く、望まれない形での出産が増えています。

そのため、動物保護施設などに持ち込まれる頭数は増加の一途なのですが、受け皿となるべき里親の希望者は急激には増えないため、各施設での保護頭数も増え続けているのが実態です

あなたがもし、マレーシアに行ったことがあるのであれば、多くの野良犬や野良猫を路上で見ませんでしたか?
特に野良犬たちは複数で街を歩いています。
これは、犬や猫を野放しにして飼っているためなのです。

 

マレーシアのペット保護シェルター

捨てられたり、様々な理由によって、飼い主を失った可哀想なペット動物たちを保護し、必要な去勢や避妊手術、狂犬病の予防ワクチンの接種などを済ませて、里親を探す活動をしている組織がマレーシアには複数存在します

その中でも、約30年前に設立されて活動を続けている「PAWS Animal Welfare Society」が有名です。

 
ここは寄付金で運営がなされている非営利団体(NGO)で、ペットの保護シェルターです。
飼えなくなって持ち込まれた犬や猫などを里親が見つかるまで愛情を持って飼育し保護する活動をしています。
水曜日が定休日で、それ以外は土日も9時~16時までオープンしており、基本的には祝祭日もやっています
PAWSを運営しているトップはマレーシア人ですが、実際にここで猫や犬の世話をしたり、施設内の掃除や衛生管理を任されているのは、ほとんどがミャンマーから来ている若い労働者たちです。
通常、10人ほどのミャンマー人たちが持ち場で作業をしています。
彼らのほとんどは英語を話せません。

現在収容されている犬や猫の頭数は、犬が約300匹で、猫が約200匹
そして、その収容数は徐々に増えているようです。

PAWSの外観は、外側が汚れたトタンの波板で囲まれていて、決して奇麗だとはいえませんが、施設内はしっかりしています。
敷地も広く、明るくて、地面はすべてコンクリート舗装されています。

 
まず、犬に関してですが、集団で収容しているケージが全部で三カ所あります。
オスのみのケージ、メスのみのケージ、オス・メス混合のケージです。
去勢や避妊手術の有無などで分けられています。
これらの集合ケージには基本的に20~30匹が収容されておりますが、充分に動き回れる広さが確保されていて、衛生面もしっかりしています

 
さらに、4~5匹で収容されている犬の小さな個別ケージも5カ所程あります。
こちらも集合ケージの犬たちと同様で、いつでも里親に引き渡せる準備がなされています。
当然、去勢や避妊手術、狂犬病予防のワクチン接種なども全て完了しています
 

(ケージの上部に各猫たちの名前や特徴などが記されたカードがあります。)

一方、猫に関してですが、2階建てのケージが3棟と、集団で収容されている大きなスペースが2カ所あります。
また、個別のケージには3~4匹の猫が入れられていて、全てのケージの外側に、猫の写真や名前、特徴などが細かく記入されたカルテカードが付いています。
怪我や病気の猫は保護されていて、病名や投薬の内容、エサに関しての注意事項などの指示がカードに書かれています

 

スポンサーリンク

飼えなくなった犬・猫の持ち込みと里親探しの費用は?

●犬や猫の持ち込みに掛かる費用

・成犬(1歳以上) 80リンギット / 約2,200円
・仔犬(1歳未満) 110 リンギット / 約3,000円

・成猫(1歳以上) 60リンギット / 約1,700円
・仔猫(1歳未満) 80リンギット / 約2,200円

●犬や猫の譲渡に掛かる費用

・成犬(1歳以上) 50リンギット / 約1,400円
・仔犬(1歳未満) 80リンギット / 約2,200円

・成猫(1歳以上) 30リンギット / 約 800円
・仔猫(1歳未満) 50リンギット / 約1,400円

このように、里親として、犬や猫を引き取る場合はかなりリーズナブルな値段です。
しかも、去勢や避妊手術、狂犬病予防のワクチン接種なども全て完了しているため、引き取る方にとっては面倒なこともなく、そしてかなりお得です。
また、引き取ってくれることによって、受け渡す側にとってはこれ以上のない喜びを感じられるのです。

 

国の行政機関もペット問題には積極的に取り組んでいます!

 
このようなNGO団体だけではなく、国の行政機関も積極的に動物の保護活動に取り組んでいるようです
マレーシアの役所でも、民間の保護シェルター同様に、各家庭で飼えなくなって手放さざるを得なくなった犬や猫などを受け入れ、保護した上で適切な里親を見つける「養子縁組」サポートに力を入れています。
この活動を市民にも周知徹底すべく、内容を記した横断幕が市民の目に触れやすい場所に掲示しています。
 

永住してペットを飼うのなら、ぜひ保護シェルターへ

毎年、多くの犬や猫たちが命を失っています。
それは、人間がペットを生み出したにもかかわらず、責任を放棄するからです。

ペットには罪はありません。
悪しき根源は、人間の身勝手なのです。

去勢や避妊手術は、ペットと共存していくためにも必要なことです。
そして、狂犬病などのワクチン接種もです。
それができないのなら、ペットを飼う資格はないでしょう。
しかし、それらを面倒だと思う人でも、保護シェルターで里親になれば、その点を心配する必要はなくなります。
また、実はペットショップ以上に保護シェルターの方が衛生面などの管理が徹底されており、
病気のない健康的なペットを飼うことができます

もし、あなたが永住をする予定であれば、この機会に是非ペットを飼いませんか?
そして、一匹でも多くの犬や猫の里親になってあげてください。
ペットが人をつなぎ、文化をつなぎ、心と心を通わせるでしょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. スイスの公用語は? おすすめ観光ポイントもご紹介!

  2. 中東にクリスマスってあるの?

  3. イギリス人のホリデイ ~旅行の行き先ベスト10~

  4. 中東ではバレンタインデーを祝うの?

  5. オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう…

  6. 英語先進国、韓国から学ぶ。これから日本人の英語力はどうなるのか?

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!