fbpx

海外情報

「サンクスギビング」や「ブラックフライデー」って?カナダとアメリカとの違いは?

「サンクスギビング」もしくは「感謝祭」と呼ばれる行事を聞いたことがあるのではないでしょうか。
では、「サンクスギビング」って何なのか知っていますか?

「名前やターキーを食べる日だって言うのは知っているけど、実際何をお祝いしているのか良く分からない…」という人も多いと思います。

北米ではクリスマスと並ぶ大イベントで、家族そろってお決まりのメニューを食べて過ごします。
宗教的なイベントかと思いきやそうでもなかったり、アメリカとカナダで同じと思いきや実は微妙に違ったり、はたまたセールの話題で持ちきりだったりとなんとなく掴みどころのないこのイベントではないでしょうか。
さらに、「ブラックフライデー」という言葉を、耳にしたことはありませんか?
そう、日本でも近年、イオンが「ブラックフライデー」セールを始めて、徐々に知る人も増えてきたのではないでしょうか。

今回は、この「サンクスギビング」の成り立ちや「ブラックフライデー」について、カナダとアメリカでの違いをご紹介します

サンクスギビングって?

 
Thanks(感謝)giving(与える)と言う名の通り、
「与えられた物に対する感謝をしよう」という日です。
 

●アメリカのサンクスギビング

アメリカのサンクスギビングは11月の第4木曜日

一般的には、感謝祭の始まりは1620年、アメリカに上陸した入植者達が冬を前にして食糧難に陥っていた時に、先住民たちに助けられて生き延び、無事冬を越して翌年作物がきちんと育ったので、彼らへの感謝として食事に招待した事からだと言われています。

ですがこの行事がアメリカ人にとって大切な家族イベントと認識されるようになったのは南北戦争以降のことなのです。

当時の大統領リンカーンが国民の祝日として定め、 家族が集まる事を推奨してからだそうです。

南北戦争は家族同士で戦うなどとても悲惨な物だったので、この行事を通して二分した国が再びまとまるようにという思いを込めたものなんですね。

アメリカ人がサンクスギビングに集まる事をとても大切にするのも納得です。
 

●カナダのサンクスギビング

カナダのサンクスギビングはアメリカより約1か月半早く、 10月の第2月曜日です。

同じイベントなのになぜこんなに日にちが開いているんでしょうか?

名前や食べ物が同じなので勘違いされがちですが、そもそも成り立ちが違うので時期も違うのです。

諸説ありますが、歴史的にはカナダのサンクスギビングの方が先に始まったと言われています。

1578年にイギリス人の探検家が仲間と共に無事に大陸に到着した事に 感謝してお祝いをしたのが始まりで、丁度、収穫祭の時期でもあったのでその流れで秋に繰り返されていたようです。

ただ当時は今のような形式ではなく、今主流になっているアメリカ式のスタイルは独立戦争後にアメリカからカナダに移住したロイヤリスト(英国王党派)達が広めたものだそうです。
 

●ディナー

アメリカでもカナダでも、当日は「サンクスギビングディナー」としてお決まりのメニューが並ぶ食卓を家族や大切な人で囲み、談笑しながら過ごします。

ディナーに欠かせないものは、
・詰め物(スタッフィング)をした七面鳥
・グレイビーソース
・クランベリージャム
の3つ。

その他は家庭によって変わりますが、
一般的には
・マッシュポテト
・スウィートポテトのキャセロール
・パンプキンパイもしくはアップルパイ
などといった秋らしいものが並びます。
 

スポンサーリンク

サンクスギビング後の一大イベント、ブラックフライデー

 
そしてアメリカの感謝祭と切っても切れないのが、翌日の「ブラックフライデー」です。

この日からクリスマス商戦に入って、アメリカでは1年で もっとも売り上げがいい日だと言われています。

その事からも「黒字の金曜日」と訳されますが、元々は買い物で溢れかえる人のせいで道路が混み、仕事が増える事を皮肉った警察の言葉だそうです。
(ちなみに英語でも黒字になる事を “Go into the black” と表現する事があるので、今はそちらの意味が好まれて使われています。)

当日はあちこちで大規模なセールが開催され、開店前から長蛇の列。
お店に入れば身動きできない程の人が目玉商品を狙ってギラギラしています。
(日本のデパートの初売りのごった返しを想像していただければそんな感じです。)

クリスマスプレゼントをこの日にまとめ買いする人や、パソコンやテレビなど高い買い物をしたい場合にわざわざこの日まで待つという人も珍しくありません。

また、近年ネットショッピングが普及してからは、「サイバーマンデー」と呼ばれるオンラインショップのセールが 翌週の月曜日に開催されるのが恒例に。
米アマゾンなどは1週間位かけてセールを行っており、お買い得商品がたくさんです。
 

カナダではアメリカほどサンクスギビングが重視されない

一方でカナダはどうでしょうか。
こちらのページ

「アメリカのサンクスギビングとの違い」として、
●日程
●アメリカ程ショッピングと関連付けられていない点
●アメリカほど帰省のプレッシャーがない点
の3つが挙げられています。

ブラックフライデー商戦でワーワーするアメリカと違い、カナダのサンクスギビングはゆったりな連休

セールをやるお店ももちろんありますが、カナダ人にとっての買い物の本番は、クリスマス翌日の「ボクシングデイ」なので皆さんあまり気合は入りません。

そしてなるべく家族と過ごそうと遠方からも帰省するアメリカ人と違い、カナダ人は「行けたら行く」位のスタンスだそうです。

カナダ人の夫に聞いても、「どっちに帰省するべきかって言ったらやっぱりクリスマスだね。クリスマスはキリスト教絡みだけど、サンクスギビングはそういう物ではないから、そこまで家族イベントとして重視されていないよ。」とのことでした。

アメリカもリンカーンが「家族の日」と定める前はこんなスタンスだったのかな?と想像しています。

人との繋がりに感謝するアメリカと、実りの秋に感謝するカナダ
似ているようで微妙に違う両者のサンクスギビング、機会があったら両方体験してみて下さいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ヨーロッパへのオススメの航空会社、カタールやエミレーツ航空を比較!

  2. 英語が話せればドイツ旅行は大丈夫?!ドイツの事情とおすすめ観光地

  3. 日本人女性は海外でもてる? 外国人は日本人女性をどう見てるのか

  4. 簡単には結婚できない!イギリスでの結婚手続き

  5. 日本人とドイツ人は似ている?あなたのドイツ人像あってますか?

  6. 6,500名限定!見逃せないカナダワーキングホリデー情報

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ