fbpx

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

旅行・留学に人気のオーストラリアですが、行ってみると話されている言葉に違和感を持った人もいるのではないでしょうか。今まで日本で習ってきた英語とは何かが違う、分かるような、分からないような・・・と悩まされた経験がある人も多いことでしょう。 私たち日本人が学んできた英語はアメリカ英語であって、オーストラリアで話されているのは「オーストラリア英語」なのです。

それでは、その「オーストラリア英語」の特徴と、言葉に影響を与えている文化についてご紹介いたしましょう。

オーストラリア英語 VS アメリカ英語

オーストラリア英語とアメリカ英語には、大きな違いがあります。細かく分けると、以下の4つに分かれますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

① 「スペル」

まずはスペル。オーストラリア英語のスペルは、アメリカ英語からではなく、直接、イギリス英語の影響を強く受けています。そのため、イギリス英語に免疫のある人にはすぐにつづりが理解できるでしょう。

アメリカ英語との違いでいうと、例えばアメリカ英語で語尾が“or”で終わるものがあると思いますが、オーストラリア英語では語尾が“our”に変わります。
“color”という単語を例に取ると、オーストラリア英語では“colour”となるのです。 似たような変化で、語尾が“er”のアメリカ英語が、オーストラリア英語では“re”となります。 この典型的な例が “theatre”で、オーストラリアでは(イギリスでも)、決して「劇場」という意味の“theater”のつづりが間違っているわけではないのです。

② 「発音」

発音に関しても、アメリカ英語とオーストラリア英語では大きな違いがあります。
まず、アメリカ英語では非常に多い“r”音を、オーストラリアでは発音しないのです。
日本人は英語を習い始めた頃から、この“r”音について口酸っぱく言われ、発音するにもかなり苦労したはずですが、オーストラリア英語では“発音しないorそのまま舌を丸めずに発音”となります。

他にもアメリカ英語では“a”の発音は“エ”音であることが多いのに対し、オーストラリア英語では“ア”音になることが多いのです。例えば、“day”はアメリカでは“デイ”と発音するのに対し、オーストラリアでは“ダイ”と発音します。 アメリカの“die”(死ぬ)と同じ発音になってしまうから厄介です。

その他に有名な発音の異なる単語は、やはり“can”でしょう。 アメリカでは“キャン”と発音するのに対し、オーストラリア英語では“カン”となります。

③ 「イントネーション」

オーストラリア英語を話すネイティブ人たちは、会話をする時、すべて疑問調のようなイントネーションで話をします。 つまり、語尾がすべて上がるのです。 この話し方は、オーストラリア特有とされています。 話の内容をしっかりと把握していないと、すべてが疑問に聞こえてしまいますので、聞き取りの際は、注意して聞く必要があるでしょう。

④ 「スラング」

4つ目はスラングです。 スラングとは、ある階層や社会だけで用いる言葉で、俗語と呼ばれるものです。 日本でも、女子高生だけに流行っている言葉(スラング)があるように、世界各国にスラングは存在します。 スラングは基本的にその話している人たちの属性や文化を表しているため、なじみがない言葉が多く、理解するのに苦労します。 類にもれず、オーストラリアでも当然スラングがあるのですが、この国のスラングは非常に強烈です。 例を挙げてみてみましょう。

オーストラリアには、“Ta!”というスラングがあります。 実はこれ、“Thank you!”という意味なのです。
他にも”G’day”の意味は“Hey!”ですし、いろいろな単語やフレーズが縮小されて使われているため、突然言われても、何のことを言っているのかさっぱり理解できないことでしょう。 この縮小の仕方が独特であるがゆえに、推測することすら難しいのです。

単語の短縮&縮小について

単語を短くするのは、オーストラリア人の癖だと思われます。 また、語尾が-ieや-oになりやすいということもポイントに挙げるべきことですが、フランクな言い方が主流だからなのかもしれません。
ビックリするような単語の短縮を紹介しますと、「救急車」が良い例です。 旅行や留学中に何かあるかもしれませんので、一応覚えておくべき単語の一つですよね。
アメリカ英語では“ambulance”といいます(イギリス英語でも同じです)が、オーストラリア英語は“ambo”といいます。
他にも病気で休む日(病気欠勤日)をアメリカでは“sick day”と言いますが、オーストラリア英語ですと、“sickie”となるのです。 これが、前述した語尾の変化で、省略をして-ieや-oを付けるのです。

スポンサーリンク

オーストラリアの文化

オーストラリアは自然豊かで大らかな印象がある国ではないでしょうか。
実際の生活はどのような感じなのかを生活習慣やマナーからご紹介いたします。

オーストラリアの生活習慣は?

オーストラリア人の気質上、仕事で残業をするということはほとんどありません。 お国柄、残業代が出ない企業がほとんどだという理由もあります。 また、オーストラリア人はプライベートに重点を置いていることも大きな理由でしょう。

また、オーストラリア人はバーベキューが大好きです。 留学すると、必ずと言って良いほどバーベキューの体験はするでしょう。 なぜなら、実はバーベキューは、オーストラリアでは家庭料理の位置づけと考えてもらえばいいからです。 公共の場でもバーベキューができる台が設置されているほど、オーストラリア人のバーベキュー愛はすごいのです。

そして、もう一つ。 オーストラリアはキャッシュレス社会です。 日本でも最近急速にキャッシュレスが進んできていますが、オーストラリア人はほとんど現金を持ち歩かず、カードを使います。 そのため、オーストラリアに行く際には、できるだけ現金を持ち歩かず、カードを使用するほうが良いことを念頭に置いておいてください。(その方が安全でもありますし)

注意すべきマナーは?

オーストラリアでは、公共の場での飲酒が禁止されています。
知らずに飲んだと言っても、罰金が科せられるので十分に注意が必要です。
また、喫煙に関しても、飲食店は全席禁煙です。
場所によっては、飲酒と同じく罰金を科せられることもあります。

交通ルールに関すると、車のルールはほとんど日本と同じです。 ただ、タクシーを利用する場合に気をつけなければならないのは、日本と違ってドアを自分で開け閉めしなければならないこと。 また、座る場所も助手席が基本とされています。 ただし、どうしても助手席に乗るのが嫌だという方は、後部座席に乗っても問題はないとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
オーストラリア英語とアメリカ英語の違いが分かりましたか?
知らなかったオーストラリアの文化にも触れることができましたか?
現地に行くと、日本では考えられないようなことがまだまだあります。それを見て、体験することも、他国へ行くことの楽しみではないでしょうか。
オーストラリアに行ったことがない人は、是非一度訪れてみることをおすすめします。 魅力が溢れかえっているオーストラリア、行くと日本に戻りたくなるなるかもしれませんよ!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 春休みや夏休みを利用して海外の大学に短期留学しよう!

  2. イースターって?イースターエッグを使った楽しいゲームと世界の事情

  3. イギリスに行く前に知っておこう!イギリス英語の特徴と独特の文化について…

  4. 日本人の少ない国で留学するなら、アイルランドがおすすめな理由

  5. 本気で英語力を上げたいなら「パース留学」がお薦め!

  6. 海外生活で持っていくと役に立つ!便利なもの

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!