fbpx

海外情報

オススメ!流行りのフィジー留学とは!?

皆さんの中で語学留学を考えている方、どこの国の留学に興味がありますか?

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア等、今は様々な場所で留学が可能になっています。
またこれら以外でも、最近ではフィリピンなどが格安で行けることから
留学先として人気急上昇です。

しかし、あなたは、フィジー留学を聞いたことがありますか?
実はフィジーも最近は格安で留学が可能ということで
フィリピンに負けず劣らず人気の留学場所になっています。

今回はそんなフィジー留学についての魅力についてお話しします。

フィジーとは?

皆さんそもそものお話になりますが、フィジーという国がどこにあるのか、
どういう国なのかをご存知でしょうか?

フィジーとは、

1.オセアニアの小さな島の集まりの1つ

フィジーはオーストラリアがあるオセアニア州の国で、
オーストラリアから東にある沢山の小さな島の集まりがフィジーです。

島だけでも300個以上ありますが、一番大きい島(ビチレブ島)でも
1周を車で6時間ほどでまわってしまうことができます。

人口も現在85万人程しかいません。

2.公用語は英語

フィジーでは何語を話すかですが、現在の公用語は英語となっています。
またフィジー語とヒンドゥー語の2つの言語が存在しています。

フィジーにはインド系列の方もいるので、その場合宗教もヒンドゥー教になります。
しかし私たちのようにアジア人と話すときは必ず英語を使いますし、
最近小学校では英語のみしか使わないというような積極的な取り組みを行っています。

3.幸福度ランキングがTOP

実はフィジーは、世界幸福度ランキングで何度もTOPになっている国です。

彼らは非常に寛大で、コミュニケーションを取ることを非常に大事にしており、
それを一番の幸せだと言っています。

島には特別な娯楽施設がなくても、家族、友達との交流が最も大切だと思う文化。
その為、私達日本人と話すときもいつも笑顔でポジティブに話しかけてくれます。

スポンサーリンク

フィジー留学はなぜオススメ!?

フィジー留学はなぜオススメか、主に5つの理由をご紹介します。

(1)費用が安い

フィジー留学のオススメの理由の1つは、留学費用がとても安いという点です。
フィリピンも格安留学といわれていますが、実はフィジーも負けていません。

1ヶ月の留学費用を比較してみましょう。

フィリピン留学の授業料:約120,000円
フィジー留学の授業料:約110,000円

フィリピンの生活費(食費や娯楽を合わせたすべての出費)20,000~80,000円
フィジーでの生活費(食費や娯楽を合わせた全ての出費)15,000~60,000円

一番気になる授業料ですが、フィリピンとほとんど変わりません。
むしろ学校次第ではフィジーの方が安いケースがあります。

滞在中の出費に関しては、フィジーでは30,000円程あれば、
週1でお酒を飲みに行ったり、観光地の離島へ小旅行が行ける生活ができます。

食費に関しても、ホームステイの場合であれば
3食しっかりついているのがほとんどです。

(2)街を出ればコミュニケーションが沢山とれる

街を少し出てみると、フィジー人がマーケットで野菜を売ったり、
商店街で店を出している人達が沢山います。

そういった人たちに気軽に話しかけてみましょう。
彼らは優しく答えてくれて、仕事そっちのけでも私たちの会話に集中してくれます。
あまり、仕事の邪魔をするとご迷惑になるかもしれませんが…

当然、向こうから話しかけてくることもありますが、
自分から声をかけたほうが沢山の人と会話することができます。

(3)授業スタイルは会話中心

授業スタイルは単語から文法、リスニング、スピーキングと全ての事を学んでいきますが、
単語の勉強でも発音から、それを使った会話の練習などを行っていきます。

先生方は会話することで英語の知識が増えるという考え方なので、
会話中心の授業が非常に多いのです。

テーマを決めたディベートやスピーチなど、様々な方法で会話をし、
楽しみながら学んで行きます。

(4)治安が悪くない

フィジーは一応、発展途上国ですが、治安は非常によい国です。
その理由としては、やはり銃を所持できない法律があるからです。

油断をしてはいけませんが、基本的にぼったくりやひったくりの被害なども
暗い夜の道を1人で歩くといった危険な行動をしなければ、
めったにあうことはありません。
(日本でもそのような危険はありますし)

(5)オーストラリアへワーキングホリデーで行きやすい

フィジー留学ではオーストラリアのワーキングホリデーに行きたい人に、
飛行機の手配をしてくれます。
フィジーからオーストラリアへはおよそ3時間弱です。

フィリピンからオーストラリアに行くと、意外と交通費がかかりますが、
フィジーからオーストラリアへは安く行くことが出来ます。
せっかくフィジーで英語を学ぶのですから、
是非オーストラリアに寄って、他国でも英会話に挑戦するのをお勧めします。

のんびり過ごしながら英語を勉強しよう

フィジーライフは、とてものんびりと時間を過ごすことが出来ます。
平日は勉強で必死になったとしても、土日をのんびり過ごすことで
とても快適な生活を送れることは間違いありません。

英語学習だけのためでなく、幸福度ランキングがTOPの国で過ごすことで、
あなたの今後の生き方が変わってくるかもしれません

留学は費用がかかるため、なかなか踏み切ることができないかもしれませんが、
もし、留学をされるのなら、フィジー留学はオススメです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

  2. 知っておきたい中東のファッション事情!

  3. 注目度急上昇!格安マルタ留学

  4. マレーシアに親子留学ってどうなの?

  5. 中東で日本の教育がスゴいと話題に!?

  6. 英語圏じゃない国でも英語は通じる!!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ