fbpx

海外情報

アメリカ留学 短期(1ヶ月)と長期(1年) 費用と準備期間の違い

留学と言えば「アメリカ」というイメージの人も多いのではないでしょうか。
事実、英語圏における日本人留学生が最も多いのがアメリカです。
渡航する留学生のうち年間約2万人はアメリカに留学します

今回は、私達日本人が最も選ぶ留学先アメリカの魅力、
1ヶ月の短期留学と1年の長期留学の費用と準備の違いをお話いたします。

 

アメリカ留学の魅力

映画、音楽、アートなど多分野で世界をリードしてきたアメリカ。
フットボール、野球、アイスホッケー、など世界のメジャースポーツでも
有名選手を輩出しています。

アメリカンドリームという言葉が表す通り、魅力あふれるアメリカに夢を見て
移民する人々が後を絶ちません。

面積は日本の約25倍と広大で、50の州には魅力的な都市がひしめいています。

アメリカを代表する大都市ニューヨーク、ゆっくりとした空気が流れるハワイ、
世界に誇る学術都市ボストンなど、有名な都市を列挙するとキリがないくらいです。
世界一の大学数を誇り、その教育レベルも高く、ハーバード大学やスタンフォード大学など
世界ランキング常連大学が数多くあります。
進学後も専攻を自由に変えられるのもアメリカの大学留学の魅力です。
英語を学ぶための語学学校の数も多く、超格安校からアメリカの大学生と同じ校舎で学べる
大学付属の学校まで選択肢も幅広いです。

留学生にとって憧れが詰まった国アメリカですが、
やはり気になるのは費用と準備期間ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

1ヶ月の短期留学の費用と準備

平均的な総費用は約50~75万円前後
その内訳は以下の通りです。

【アメリカ留学 1ヶ月の内訳】

・入学金、授業料、テキスト代:約15~20万
・滞在手配費、ホームステイ代:約15~20万
・その他(到着時空港送迎費・送金手数料・ESTA申請料など):約2万
・保険代:約2~3万
・航空券代(往復):約10~20万
・現地生活費(昼食代、交通費、お小遣いなど):約6~10万

概算合計:約50~75万円

準備としてはESTAという渡航認証の登録が必要です。
アメリカ大使館のサイトでも日本語での説明がありますので、登録自体は難しくありません。
問題なければ申請から72時間以内で発行されます。
申請料はUS$14、有効期間は受理から2年間です。

・アメリカ大使館ESTA 申請公式サイト
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

1ヶ月もあれば準備自体は可能ですが、航空券が上がり、
滞在先が埋まってしまうリスクも考えると、3ヶ月以上前から準備しておくと安心です。

もうひとつ、アメリカの短期留学で注意するのが就学時間です。
アメリカは90日以下の短期留学に関しては、就学時間を18時間未満と規定しています。
18時間を超える場合は学生ビザの取得が必要です。
学生ビザに関しては、次の1年長期留学で触れますが、手間も費用もかかるため、
90日以下の短期留学で学生ビザを取得する人はほとんどいません。

 

一年の長期留学の費用と準備

平均的な総費用は約420~620万円と幅が広いです。
内訳は以下の通りです。

【アメリカ留学 一年の内訳】

・入学金、授業料、テキスト代:約150~200万
・滞在手配費、ホームステイ代:約150~240万
・その他(到着時空港送迎費・送金手数料・学生ビザ関連申請料など):約7万
・保険代:約20~30万
・航空券代(往復):約13~23万
・現地生活費(昼食代、交通費、お小遣いなど):約80~120万

概算合計:約420~620万円

準備としては学生ビザの申請が必要です。
ESTAとは要する時間も費用も異なります。

アメリカの学生ビザ申請料はUS$160です。
ほかにもアメリカ留学をするにあたって必要となる
SEVIS(Student and Exchange Visitors Information System)を管理する
ネット上のシステムへの登録が必要です。
SEVIS登録料は別途US$200、学生ビザ取得には合計US$360が必要です。

加えてアメリカ大使館で面接も受けなくてはいけません。
東京、大阪などで面接が受けられますが、最寄りにアメリカ大使館がない場合は
交通費も必要です。

過去の英文成績証明書や最終学歴証明書、英文の残高証明など準備するものも多く、
大使館の面接も予約が込み合っていることもあるため、少なくとも3ヶ月、
余裕を持って半年ほど前に準備しておくと安心です。

 

アメリカ留学の費用を抑えるコツ

留学エージェントで学費割引キャンペーンをしていることがあるので、
それを利用するとグッと費用が抑えられる場合があります。
エージェントによっては手数料が別途かかる場合もありますが、
今は手数料無料のエージェントも増えています。
無料エージェントを利用すれば、自分で手続きするよりも安くなる場合もありますので、
上手に利用しましょう。

また、アメリカには破格に安い格安語学学校も存在しています。
大きく費用を抑える事ができますが、授業の質などに問題はないか、
しっかり下調べしてください。

長期留学では1年間ホームステイや寮にするのではなく、
途中からアパートシェアに移ることで、生活費が大幅に抑えられます

憧れのアメリカ留学の費用と準備期間を知り、抑えられるところは抑えながら、
今しかできない留学を実現させましょう!

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 東京より進んでいる!?驚くべきイギリスの近代化

  2. 車いすでも海外旅行や留学は楽しめる!

  3. 海外のチップ事情、どうしたらいいの?

  4. 春休みに短期留学しよう!おすすめの5つの国を紹介!

  5. フィリピン(セブ)留学の利点や知っておきたいお役立ち情報

  6. アメリカの大学の授業の雰囲気は?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ