fbpx

海外情報

アナハイムって? トロントって? 海外旅行を8倍楽しくする方法!

ひとむかし前、海外旅行に行く前には、決まって「地球の歩き方」を手に入れて、
旅行の計画を立てるのが常でした。

そして昨今、ネット環境の急速な発展と端末機器の発達から、誰でも簡単に、
しかも無料で情報を手に入れることができるようになっています。

しかし、いざネットでおすすめの場所などを検索してみると、情報が溢れすぎていて、
選択の決定が難しいだけでなく、その情報が正しいのかどうかさえも
分からなくなってきています。

そんなときは、どうすればよいのでしょうか。
どこにアクセスすれば信頼性の高い、新鮮な情報を入手できるのでしょうか

渡航先の有用な情報を日本にいる間に手に入れることで、
海外へ行ったあと、少なくとも8倍は楽しく過ごせると思われます。

その理由は、新鮮で正確な情報を得ることで、
① 現地でしか味わえない思い出に残るイベント体験ができる (×2)
② そのようなイベントに足を運ぶことで、現地の知り合いや友達ができやすい(×2)
③ 危険のリスクが減る(×2)
このようなメリットがあるからです。

今回は、海外旅行や海外生活の前に知っておけば、とても有用な情報の集め方を
「海外旅行を10倍楽しむために必見なサイト!情報集めはここにおまかせ」
の情報を参考にお伝えしたいと思います。

 

まずは、渡航先での安全対策! 最新情報を入手しましょう!

●外務省海外安全ホームページ

まずは、何を言っても、安全を確保することが最重要です。
市販のガイドブックにも現地の治安について、おおまかな情報は掲載されていますが、
やはり、命に係わることですので、必ず最新情報を取得してください。

そのためには、旅立つ直前には必ず、外務省の海外安全ホームページ
をチェックすることをおすすめします。

「危険スポット・広域情報」については世界地図をクリックするだけで、
行きたい国の治安などについて詳しい情報を見ることができます。

しかも、「安全対策基礎データ」では具体的にいつ頃どのような事件が発生したか、
どのような危険があるのか、どのような対策をしておくといいのかなど
詳しい最新情報が掲載されています。

例えば、フランスではスリや置き引きが多く発生しており、
どのようにスリが狙ってくるのか犯行手口をかなり詳細に説明してくれています。
どのようなことに注意しておく必要があるのか防犯対策も詳細に説明されており、
例えば街を歩く際にはどのような点に注意すれば被害を防げるのかなどが分かります。

さらに、「たびレジ」というサービスに登録すると、
旅行中にその国で何か緊急事態が起こった際に、在外公館から詳細情報が
メールで送られてくるので、どのような行動をすればよいかがすぐに分かるので、
こちらもお勧めです。

海外は日本とは勝手が異なりますので、是非事前にしっかりと安全情報を集めて、
危険リスクを減らし、楽しく安全に過ごしてください。

 

スポンサーリンク

海外(渡航先)の穴場やレストラン、イベント情報を入手しよう!

●Where

Whereは、特に大きな街に行く予定の方におすすめのサイトです。
レストランやお店、イベントなどの情報が豊富です。
紙ベースのフリーペーパーも出していて、最新の現地情報が入手できます。
旅行者向けなので比較的分かりやすい英語で書かれているので
現地で見つけたらぜひ手に取ってみてください。
Whereのウェブサイトは、定期的に更新されているため、現地のフリーペーパーよりも
新しい情報を手に入れることができます。

ウェブサイトは基本、すべて英語での構成となっていますが、英語がわからないという方は、
最下部にあるグーグル翻訳のボタンを押して日本語を選択すると、
一応、日本語で読むことができるようになります。
(ただし、機械翻訳ですので、日本語訳がおかしなところもあります)

使い方は簡単で、最上部にあるWhereと書かれている右横に目的地を入力するか、
左上のメニューボタンからDestination(目的地)を選択して、渡航先を選べば、
その地域に関する様々な情報が出てきます。

例えば、Los Angelesを選択すると、80以上もの記事情報が見つかり
「The 10 Best Rooftop Bars In Los Angeles」を選べば、
ロサンゼルスの屋上バーのベスト10が紹介されていたりします。

現地の人が良く利用する店や面白い情報がたくさん載っていますので、
是非ここで情報集めをすると良いでしょう。

 

●海外の日本語フリーペーパー

海外の日本語フリーペーパーは、なんと世界中の日本語フリーペーパーが満載です。
世界各国200誌以上の日本語フリーペーパーが掲載されており、
地域ごとに探すことが可能となっています。

特に各フリーペーパーのウェブサイトが載っていますので、
そこから現地のあらゆる生情報を日本語で収集することができるのです。

最も良い点は在住している日本人をターゲットにしている情報誌ですので、
現地でしかわからないような価値のある新鮮な情報が手に入ります

内容は基本的に、おすすめのスポットや、ローカル情報(イベント情報など)、
現地の流行りなどのコラム、飲食店ガイド、求人情報などの項目に
分かれています。

海外に渡航する前にイベント情報をチェックしておくと、意外と面白いものに参加できたりします。
現地でのフェスティバルやフリーマーケット、クッキング教室など様々です。
問合せはメールが記載されていますので、日本語で連絡すれば問題ありません。
イベント参加の最も良い点は、現地の方と友達になれる可能性が高いということです。
なかなかそういった機会を持てることは少ないので、是非利用してみてください。

また、現在の求人情報も載っていますので、もし、あなたが、海外で働きたいならば、
ここをチェックすると良いかもしれません。
ローカルでの採用がほとんどですので、働くためには、労働ビザの問題があるでしょうが、
あなたのアピール次第で、ビザをサポートしてもらえるかもしれませんよ。

 

●トラベロコ

トラベロコは、現地で実際に暮らしている日本人に無料で質問をしたり、
有料で現地ガイドをお願いしたりすることができるサイトです。

こちらは、自分が知りたい情報をピンポイントで質問し、取得できるので
旅立つ前の準備に役立ちます。

例えば、イギリスであればお茶はティーパックでも個別包装されていないものが主流なので、
お土産用に個別包装されているものを探したいけれども
どのように見分けたらいいのかなど、ガイドブックで調べても
インターネットで検索しても答えが見つからない情報を教えてもらうことができます。

利用するには登録する必要がありますので、少し面倒ではありますが、
さまざまな国で暮らしている日本人に旅行のアテンドなどを
お願いすることもできるので(有料)、価値のあるサイトです。

こちらも渡航する前にうまく利用し、必要な情報を集めましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ロンドンで行っておきたいおすすめマーケット6選

  2. フィリピン(セブ)留学の利点や知っておきたいお役立ち情報

  3. ヨーロッパ移住に失敗しないために!おすすめの国は?

  4. スペインで英語は通じるの?知っておきたいスペイン語フレーズ、おすすめス…

  5. 日本人女性は海外でもてる? 外国人は日本人女性をどう見てるのか

  6. ワーホリするならドイツ!意外に知られていないドイツの魅力

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ