fbpx

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

いまや、孫正義氏の名前を一度も聞いたことがないという人はほとんどいないのではないでしょうか。
ソフトバンクグループの創業者であり、プロ野球の常勝チームとして大変人気のある福岡ソフトバンクホークスのオーナーでもあります。
また、グループ企業にはヤフー株式会社もあり、渦中の前澤友作氏が創業したZOZO社を買収したことでも有名です。
 

孫正義氏の大きな決断

そんな、孫氏が、2016年7月に世界を驚かせる発表をしました。
イギリスの半導体大手ARMを約3.3兆円で買収するという記事です。
しかも、保有しているアリババやガンホーの株式を売却して2.3兆円の現金を作り出し、残りの1兆円をみずほ銀行からつなぎ融資で、完全に単独買収したのです。

実はこのARMという企業、知名度こそ低いものの、スマートフォン向けのCPUでマーケットの95%のシェアを握っているというお化け企業だったのです。
しかも、いわゆる半導体メーカーではなく、他の半導体メーカーにCPUの設計データを提供するというライセンスビジネスを主としています。

このARMを買収するに至った理由を孫氏はこう言っています。
「10年後にソフトバンクグループの中核となる企業を手に入れたかったから」だと。

孫氏の過去を振り返ると、これまでも卓越した先見の目から、数々の天機を捉えてきました。
米国での学生時代に、シャープに自動翻訳機を売り込み、取得した1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立しました。
そして、大学卒業後、孫氏は日本に戻り、「日本ソフトバンク」を設立します。

その後、米ヤフーと合弁で、ヤフー株式会社を設立し、今や誰もが知っているヤフー・ジャパンを展開することとなります。

また、現在の携帯ビジネスへの参入は、日本テレコムの買収からはじまり、続いて英国のボーダフォンを買収。
これによって、ボーダフォンの携帯ビジネスの基盤とノウハウを手に入れたのです。

さらに、スポーツビジネスにも進出し、福岡ダイエーホークスと福岡ドームを買収。
いまや常勝チームとして、人気のある球団へと育っています。

そのようにM&Aを繰り返し、今までも順当に会社を大きく成長させてきた孫氏なのですが、今回買収したARMを、なぜ、「10年後にソフトバンクグループの中核となる」と思っているのでしょうか。

それは、10年後の未来は、IoT「Internet of things」だと確信しているからです。
IoTとは、家電や自動車、宅配便の荷物まですべてのモノがネットワークに接続され、情報をやりとりすることで、現在よりも圧倒的に世の中の効率がよくなるというコンセプトです。
このような技術の発展による激的な生活の変化の中で、ほとんどの電機メーカーが必須となるものこそ、ARMの技術なのです。
つまり、ARMを買収することこそが、生活の必需品の根幹を握り、10年後に世界を牛耳り、ビジネス界の中心になれると感じているのでしょう。

このように、天機とみるや、大胆な買収をしかけ、企業を大きくしてきた孫氏ですが、彼の成功の裏には、メンターの存在が大きかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

孫正義氏の人生を方向づけたメンター

孫正義氏は19歳の時に、「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低で1000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ」という人生50年計画を立てたと言われています。
そして、多少の違いはあれど、現在まで、ほぼ有言実行で、その計画を実現してきており、今もなお、自らの夢に向かって走り続けています。

(参照:www.yomiuri.co.jp)

 
そんな孫氏にまつわる有名な話ですが、彼がまだ高校生のころ、何度も面会を申し込んでは断られ、挙句の果てにアポイントなしで会社まで押しかけた人がいます。
そう、藤田田氏です。
知る人ぞ知る、日本マクドナルドの創業者です。

雑誌「プレジデント」の対談で、ユニクロの柳井氏に、孫氏はこう言っています。

「私は藤田さんが書いた『ユダヤの商法』(藤田田著)を通して、マクドナルドとレイ・クロックがいかに優れているかを知ったのです。まだ久留米にいた頃ですから高校生で、アメリカへ留学する前のことでした。『ユダヤの商法』が出た昭和40年代後半、日本の小売店や飲食業はまだ産業とはいえなかった。デパートやスーパーマーケットは「科学的な」経営に移りつつあったけれど、小売店、飲食業は独立した店舗がそれぞれの町にあっただけ。そんな時代にマクドナルドの経営戦略を知って非常に興味を持ちました。」

高校生だった孫氏は、藤田氏の秘書に電話をかけ、大胆にも「3分間、社長室の中へ入れてくれればそれでいい。」というメモを藤田氏に渡してもらったのです。
そして、見事15分の面会を勝ち取りました。

その時に藤田氏は、孫氏にこう言いました。
「これからはコンピュータビジネスの時代だ。オレがおまえの年齢だったら、コンピュータをやる」と。

この藤田氏の助言が孫氏のそれからの人生に大きく影響を与え、デジタル情報革命に命を賭けるようになったと言われています。

孫氏が成功した後、藤田氏は、過去を振り返り、その時のことをこう言っています。
「この人ならきっと成功すると思った。彼は粘り強くて熱心でしょう。あんなしつこい人は後にも先にもいませんよ」と。
 

孫正義氏のヒーロー、そして精神的に支えたメンター

(参照:https://business.nikkei.com)

 
藤田田氏というメンターの他にも、多くのメンターを大切にしてきたと言われる孫氏。
そんな孫氏がかつてインタビューにて、独自な見解から「メンター」について語ったことがあります。

「私にもまだヒーローは沢山います。スティーブ・ジョブズがそうですし、ビル・ゲイツも私のヒーローです。まずはそういう自分のヒーローを持つことです。もちろん私があなたのヒーローということであれば、私は非常に嬉しいです。ただあまりにも偉大な人物が沢山いらっしゃる。そしてそういった方々から学び取ろうという情熱を持っていれば、自分自身がお手本としている人のようになろうとすること自体が良いことなんです。 そういった意味で16歳の時から私の一番のヒーローは坂本龍馬だったんです。だからこそ私は海外留学という道を選んだのです。特に若い時に自分のヒーロー、その人のようになりたいということを夢見るのは、自分にとって非常に役立つことだと思います。

メンターにも2種類あると思います。物理的なメンターと言うんでしょうか。実際にあなたにガイダンスを与えて支援をし、日常において助けてくれる人です。 もうひとつは、物理的に支援をしてくれるわけではないが、精神的に支えてくれるメンターだと思います。相手が男性でも女性でも良いですが、その人についての映像や本を見て読んで学ぶこともできると思います。そして彼が自分だったらどう考えるだろうかという風に自分で考えてみる。そういったバーチャルメンター、つまりあなたの心の中のメンターというのも、時にはより重要な役割を果たしてくれるのではないかと思います。そういうメンターであれば誰にでもなってもらえるのです。そして絶対に断られることはありませんから。」

孫氏が語っている坂本龍馬というメンターは、いわゆるインビジブルメンターと呼ばれていますが、孫氏にとっての物理的なメンターが藤田氏であれば、精神的に彼をずっと支えてくれているメンターこそが坂本龍馬なのです。

(トップ画像参照:http://gqjapan.jp/)

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「NBAのスーパースター」コービー・ブライアントのメンター

  2. 内閣総理大臣 安倍晋三氏の愛読書は

  3. 「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットのメンター

  4. Amazonの創設者で世界一の富豪、ジェフ・ペゾス氏のメンター

  5. 人生の成功の鍵は「メンター(mentor)」にあり!~見つけ方や付き合…

  6. 【海外で活躍する日本人の愛読書とは?!】柳井正氏 編

PAGE TOP

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

英語関連インフォ

海外駐在するときに必須な英語学習法と駐在のための豆知識!

世界のメンター

【海外で活躍する日本人の愛読書とは?!】柳井正氏 編