fbpx

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

スティーブ・ジョブズ

ビジネス界において、この人の名前を知らない人はいないのではないでしょうか。
世界中で最も有名なひとりで、そして、カリスマであったスティーブ・ジョブズ氏。

彼は、アップル社を創業し、そして、追放され、招聘され、最期は若くして膵臓ガンで亡くなるという波乱万丈な人生を送りました。

強烈なカリスマで世界を席巻したジョブズ氏ですが、実は、彼のような巨匠でさえ、ひとりで成功を収めてきたわけではないのです。

スティーブ・ジョブズとは

(参照:https://techcrunch.com/)

 
今、あなたが手にしているスマホやPCなどの多くのデバイスが、生活と密着し、かっこいいライフスタイルと利便性が融合しているのは、スティーブ・ジョブズ氏の貢献が大きかったといえるのではないでしょうか。

1976年に、友人のスティーブ・ウォズニアック氏と自作したマイクロコンピュータ「Apple I」を販売するために、「アップルコンピュータ・カンパニー」を創業しました。
翌年に発売した「Apple II」が大成功を収め、「パーソナルコンピュータ」という概念が世間に浸透していったのも、ジョブズの大きな功績です。

シリコンバレーを拠点として急成長を遂げていき、クリエイティブな発想と先進的な開発から、美しい文字フォントを導入したり、PCをマウスで操作することを推進したりと世間を引っ張ってきました。

しかし、販売不振から1985年には、CEOのジョン・スカリー氏によって解任され、アップルを去らなければならなくなります。

そこで、ジョブズ氏は新たな企業を創設しました。
まず、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、「ピクサー・アニメーション・スタジオ」を設立。
さらに、NeXT Computerを創立し、NeXTワークステーションやNEXTSTEPというOSを開発していきます。

そして、アップルを追い出されてから約10年後、1996年に今度は業績不振に陥っていたアップルに自ら創業したNeXTを売却し、なんと、アップルのCEOとして復帰するのです。

さらに、ライバルであるマイクロソフトと提携し、リストラを敢行。
みごと、アップルの業績を回復させます。

その後は、NeXTの技術を使ってMac OSを作り、さらに、大革命である音楽デバイスのiPodを開発、そして、今や誰もが手にしているiPhoneやiPadというメディア配信事業へと拡大させたのです。

スポンサーリンク

スティーブ・ジョブズのメンターたち

スティーブ・ジョブズには、共同創業者として、スティーブ・ウォズニアックという有能なエンジニアがいました。
彼もジョブズ氏にとって、大切な仲間であり、等身大の自分を理解してくれるメンターのひとりでした。

また、アップルの最初の投資家であり、上席役員であったマイク・マークラ氏もメンターのひとりだと言われています。
ジョブズ氏の経営面で、メンターとして支えてきました。

なお、余談ですが、アップルの創業は、ジョブズの実家のガレージだと言われ、広く信じられていますが、「ガレージ」という部分については、このウォズニアック氏が「ちょっとした作り話で、誇張されたもの」だと否定しています。

さて、ジョブズ氏のメンターとして有名な人は、ビル・キャンベル氏です。
シリコンバレーの多くのリーダーたちから「コーチ」と呼ばれた人で、ジョブズ氏とキャンベル氏はパロアルトの近所同志でした。
そのため、ジョブズ氏はしばしばキャンベル家を訪ね、バックヤードのプールサイドに座ったりしていたと言われています。

ジョブズ氏にとって、このキャンベル氏は偉大なメンターのひとりであり、自らがアップルに復帰してすぐに、プールサイドのベンチに出向いて、キャンベル氏の横に腰かけ、「アップルの取締役になってくれないか」とオファーしたともいわれています。

さらに、パドルでボールを打ち合うピンポンゲーム「ポン」を作り出し、テレビゲーム産業を創出した伝説の企業、「アタリ」の創設者であるノーラン・ブッシュネル氏もジョブズ氏のメンターのひとりです。
若き日のジョブズ氏はアタリにみせられ、「面接をしてくれるまで帰らない」と座り込み、40番目の社員になったという逸話も残っているほどです。

ブッシュネル氏は無名のジョブズ氏を社員として雇い入れ、才能を開花させ、ジョブズ氏がアップルを創業した後もアタリのパーツを販売したり、技術的な支援を行なったりして、生涯、師と慕われた人です。

このようなビジネス面でのメンターたちの他に、ジョブズ氏には、精神面のメンターとして日本人メンターがいました。 その方は、乙川弘文さんといい、曹洞宗(禅宗)のお坊さんです。

ジョブズ氏は、禅に興味があったため、乙川さんから禅を学んでいたようで、ジョブズ氏からみて、乙川さんこそ自己超越している人だと思えたようです。 ビジネスに直結している教えを乞うことはなかったかもしれませんが、後に世界中を圧巻したiPhoneの開発は、このメンターの教えから得たヒントがあったと言われています。

このようにジョブズ氏の成功には多くのメンターの存在がありました。
また、メンターたちもジョブズという魅力的なメンティーから、エネルギーを得ていたのかもしれませんね。

【出典】
ジョブズ氏 朝日新聞社「アップル社のトップページがジョブズ氏を追悼するもの」より
マイク・マークラ氏とジョブズ氏 http://www.digibarn.com/
ビル・キャンベル氏 アップルのウェブページから http://www.macobserver.com/
ノーラン・ブッシュネル氏 http://www.gamebusiness.jp/
乙川弘文さん http://foo164.livedoor.biz/

スポンサーリンク


関連記事

  1. Amazonの創設者で世界一の富豪、ジェフ・ペゾス氏のメンター

  2. Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zucke…

  3. Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry Pag…

  4. 「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットのメンター

  5. 【海外で活躍する日本人の愛読書とは?!】柳井正氏 編

  6. 「NBAのスーパースター」コービー・ブライアントのメンター

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!