fbpx

英語教材の選び方

英会話教材の広告のキャッチコピーから分かる真実!

英会話教材の広告で、このようなキャッチコピーを見たことはありませんか?

「毎日、たった5分で英会話がペラペラになる!」
「たったの数ヵ月で映画を字幕なしで聞けるようになる!」
「簡単に~」、「楽に~」、「◯分だけで~」、「~するだけ」

いや、厳密にいうと、「このようなキャッチコピーを見なかったことがありますか?」
という質問の方が正しいかもしれません。

英会話教材の広告では、このようなキャッチコピーがごく当たりに使われています。

しかし、本当にそれらは真実なのでしょうか?
もし、そうだとすると、これだけ素晴らしい教材が世の中に溢れているのですから、
きっと、日本人の英会話力は、素晴らしく向上しているではないでしょうか。

でも、実際は、そんなことはありませんよね。

だからこそ、このキャッチコピーについての真実をお伝えしたいと思います!

ほとんどのキャッチコピーには裏付けがない!

まず、一つ目の真実ですが、
「ほとんどの英会話教材の広告には裏付け(理論)がない」のです。

全ての教材に理論がなく、広告が嘘だとは言いません。

しかし、
言語学者や英語教育の関係者のほとんどは、
広告の文言とその効果に首をかしげます。
教材によっては、独自の理論を唱えているところもありますが、
認可された研究機関での結果として実証されたとか、
論文として公に発表された(研究結果が世間に認められた)「理論」はほとんどありません。

スポンサーリンク

「赤ちゃんが言葉を覚えるように~」は気をつけるサイン!

既に日本語が定着している人向けの英語教材のキャッチコピーとして、
「赤ちゃんのように身につく」とか、「赤ちゃんが言葉を覚えるように学べる」
という広告を多く目にします。
たとえば、赤ちゃんが日本語を身につけるプロセスを考えてみて下さい。
まずはじめは、毎日何時間もただ「聞く」ことに徹し、
早くても1年以上たって、ようやく、ひとこと、ふたことが口から出てきます。

つまり、言語をゼロから覚えるプロセスは、「聞く」、つまりインプットから始まり、
そのインプットがある程度貯まることで、初めてアウトプットされるようになるのです。

また、日本語が既に母語として定着した日本人が英語を覚えるときも
似たようなプロセスが必要です。

今までに聞いたことのない音を捉え、それを意味のある言葉として認識し、
はじめて「理解する」(リスニングする)ことができるのです。

ところが、既に日本語が定着している人と、赤ちゃんとは決定的に異なる点があります。
それは、赤ちゃんはゼロから言葉を覚えるのに対して、
日本語が定着している人は既に一つの言語を習得しているということです。

つまり、前者は既に日本語脳が出来上がっていて、そこからもう一つの言語(英語)を
身につけようとするため、赤ちゃんと学習のプロセスが同じはずはありません
例えば、石を赤ちゃんがstoneだと覚えるとき、
見て、触って、時には口に入れたり、投げたりして、
5感をフルに使って、石とはこういうものだ、これをstoneというのだと
覚えていきます。
実は、そもそも頭の中に、stoneという概念がない状態から覚えるため、
姿形が異なる石を見たとき、それが、はじめに覚えたstoneと
同じ部類だと認識できるようになるためには、何年もかかります。
つまり、大人が当たり前だと思える単語でも、
明確に判断できるようになるためにはかなり時間がかかるのです。

それに対して、日本語が既に定着している子供や大人たちは、
過去に5感を使って「石」という概念を母語と結びつけて身につけているため、
どこかで石を見ても、大きさや形状から、大体の重さや固さまでも推測することができます。

このように、言葉をゼロから覚える時には、日本語で覚えようが、英語で覚えようが、
同じ学習プロセスをたどるのですが、
前述したように既に日本語が定着している人にとっては、
日本語脳が出来上がってしまっているため、
赤ちゃんがゼロから英語を覚えるプロセスで学ぶと、
かなり非効率的な学習となってしまいます

それでは、どうすれば良いのでしょうか?

日本人にとって、最も効果的な学術的に裏付けのある英語学習法は、
既に言葉の概念を身につけている「日本語」をベースに、
日本語脳に英語を強く結び付けていくことで、
限りなくネイティブに近づく仮想の英語脳を作り上げていく方法です。
そのため、既に日本語が定着している人向けの英語教材のキャッチコピーとして、
「赤ちゃんのように身につく」とか、「赤ちゃんが言葉を覚えるように学べる」
という表現が使われているとしたら (かなり多くの教材でそう明言していますが)、
まずそれらのほとんどは、学術的な根拠がないものと考えてよいでしょう。

「赤ちゃん= 言葉を覚える」というイメージから、
なんとなく、そういえば理論的に聞こえるという心理的なキャッチなのです。

つまり、商品を売るためのセールスマーケティングとして、
それらのキャッチコピーを使用しているだけなのです。

特に気を付けないといけないのは、
教材の開発者や監修者が全くの素人(海外で生活した経験程度)であるにもかかわらず、
言語学者などの理論を引用して、あたかもその理論にそって、
独自開発したかのように宣伝しているものもあるのです。

開発者が研究者である以外は、それらの教材の「理論」には正当性はなく、
あくまでも、販売者の「意見」でしかないということを覚えておいてください。

「簡単に誰でも」や「◯ヵ月でペラペラ」などのキャッチコピーには気をつけよう!

二つ目の真実は、「英語は簡単には身に付かない!」ということです。

多くの教材では、「簡単に」「◯ヵ月で」と、習得の容易さや速さをアピールしています。

しかし、ひと呼吸おいて、冷静に考えてみて下さい。

母語としてではなく、第二外国語として「英語を身につける」ということは、
赤ちゃんがスポンジのように音を吸収できるのに対して、
すでに母語で出来上がっている耳を使い、
聞いたことのない音を聞く必要があるため、どうしても慣れが必要になるのです。

つまり、赤ちゃんが聴く量以上に、何度も何度も音を聞き、トレーニングしなければ、
一朝一夕では身に付きません

もう一度言いますが、赤ちゃんは、まっさらな耳と頭の柔軟性から、
言葉の吸収力は最高レベルです。
にもかからず、音を認識できるようになるために何度も何度も繰り返し聞きます。

そして、少しずつ、話し手の音をマネていき、自分のものにしていきます。
ずば抜けた吸収力を持つ「赤ちゃん」ですらそうなのに、
大人がちょっとやそっと、英語を聞いたからといって、
簡単に理解できるようになるわけがありません。

ネイティブの音をはっきりと聞き取れるゆっくりのスピードにして、
何度も聞いて、真似ることで、少しずつ、自分のものになっていきます。

このように、英語を身につけることは、非常に時間がかかるのです。

そのため、広告のキャッチコピーとして、「習得の容易さや速さ」を
やたらアピールしている教材は、全く信用できないので気を付けてください。

「たった◯分だけ」は、その後の文言できまる!

キャッチコピーの中で、時々、「毎日たった5分だけ」というような文言を見ることがあります。
そういう文があったら、少し注意深く説明を読んでみてください。

もし、「毎日たった5分だけ学習すれば、ペラペラになる」と言っているのであったら、
それは効果的な教材ではありません。
気休めにはなるものかもしれませんが、英語力はほとんどつかないでしょう。

しかし、「毎日たった5分だけでも、英語の音声を聞いてください」と言っているのであれば、
それは間違いではありません!

5分という時間はあくまでも最低限(時にはゼロの日があっても問題ない)であるべきです。
そして、調子の良い日は20分や30分でも学習してください、ときちんと説明しているかどうかが、
非常に重要なポイントとなります。
なぜなら、「集中してたくさん英語に触れれば触れるほど、英語力は上がる」ということが、
既に実証されている事実だからです。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

「毎日たった◯分だけでも」というキャッチコピーの教材こそが、正しいものだと言えるでしょう。

「◯倍速で」や「速いスピードで」は身につかない!

三つ目の真実は、「初心者にとっては、音声は確実に聞き取れて、
真似のできるゆっくりのスピードでなければならない」ということです。

早いスピードで音に慣れようと何度聞いても、
その音を確実につかめない(正確にマネができない)限り、
リスニング力やスピーキング力はほとんど身につかないでしょう。

速い音のあとにそれより遅い音が聞こえやすくなるのは、脳の錯覚です。
高速道路を100キロで走ったあとに、公道に出るとどう感じますか?
60キロの走行がノロノロ運転に感じてしまいます。
これも同じ現象なのです。

また、野球のビギナーが、150キロのスピードボールを何度も見るとします。
そのうち目はスピードに慣れてきますが、
はたして、ホームランを打つことはできるでしょうか?

そんな簡単にホームランが打てるのなら、プロ野球選手も苦労しませんよね。
ホームランを打つためには、スピードに目を慣らすだけではダメです。
体の動きがついていかなければ、打てるわけはありません。

そのため、どうすれば、ホームランを打てるようになるかと言いますと、
まずは、確実にバットの芯でボールを捉えることが出来るスピードで、
何度も打つ練習をし、ホームランの確率を高めていくことが必要です。

そして体が慣れてくると、少しずつ、ボールのスピードを上げて行き、
確実に芯でボールを捉えることだけに集中していくと、
そのうちに150キロに到達し、それでもボールを芯でとらえることが出来るようになります。
これこそが、ホームランを打つための効率的な練習法なのです。

これは、英語学習でも同じことが言えます。
耳で確実に音を捉えることが出来なければ、
脳が意味を認識できないのです。

そこで、まずは、ゆっくりの音を確実に捉えることが大切で、
その後、少しずつ音のスピードを速めて行けば、
どんなに速い音でも耳が対応し、脳も認識できるようになるのです。

似たキャッチコピーが溢れている理由

このように、多くの英会話教材の広告では、真実が述べられていません
売るために必要な根拠のないキャッチコピーを並べ、
消費者を惑わしているのです。

あたかも真実のように、そして、確固たる理論のようにみせかけて。

しかし、一番の問題は、ひとつの教材が魅力的なキャッチコピーやコンセプトで成果をだすと、
他の教材もすぐに追従するため、
ほとんどの広告で同じようなフレーズや説明が見受けられるようになります。
そのため、どの英会話教材の広告を見ても、
消費者にとっては、あまり差を感じられなくなるのです。
意欲のある学習者にとって、これほど迷惑なことはありません。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

最終的に、どの英会話教材を選ぶかは学習者であるあなた次第です。

ただ、大切なお金と時間が無駄にならないように、
よく真実を見極めて、納得いくうえで教材をお選びください。

良い教材に出会われることを心より願っています!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英単語を効果的に覚えやすいテキスト(本) ベスト3!

  2. 知ってると会話が楽に!海外のインテリが大好きなSF・推理ドラマ3選

  3. 英語の短編小説を読むことから始めよう!

  4. 子供と一緒に鑑賞しよう!英語学習にオススメな映画10選

  5. オンライン英会話レッスン体験談 ~毎日続けることが重要!継続は力なり~…

  6. 【洋楽から英語】注目の若手シンガー エド・シーランとは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ