fbpx

英語教材の選び方

英語の歌詞が突き刺さるレディー・ガガの名曲たち

(参照:http://edition.cnn.com)

人は皆、なにかしら夢をもって生きています。
それは、他人にはとっては何の価値もないかもしれませんが、
本人にとっては、その大きさに関係なく、生きがいになりえるのです。

アメリカンドリームという言葉があるように、
アメリカでは多くの有名人が1代で夢をつかんできました。
どんなに苦労をしても、人生のどん底を経験しても
その夢を叶えられる人は、一歩ずつ前に進み続けています。

今回はそんなアメリカンドリームをつかみ、
今や世界的にも大きな影響力をもっている歌手、
Lady Gagaの楽曲をご紹介します。

彼女は音楽だけでなく、奇抜なファッションでも有名ですが、
デビュー時から華々しいスタートだったわけではないのです。

知る人ぞ知る苦労人の彼女が、どのようにして世界中を魅了してきたのか、
彼女の人生とともに生まれてきた名曲たちを見ていきましょう。

 

成功するまでの道のり

Lady Gagaは19歳で“デフ・ジャム”と契約をして歌手活動を開始させます。
まず彼女は親元を離れ、ストリップクラブでストリッパーとして生計をたてはじめます。
この頃、彼女の楽曲のプロデューサーが、Gagaの声のスタイルから、
クイーンの曲「Radio Ga Ga」をもじり、“Lady Gaga”という芸名が生まれるのです。

彼女が21歳の頃、今度はインタース・レコードとソングライター契約をします。
この契約で、同レーベルに所属するブリトニー・スピアーズやニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、
エイコンといった有名アーティストたちに楽曲提供が始まります。
その中で、エイコンがGagaの歌手としての才能を見出し、
Gagaは彼のレーベルとアーティスト契約を結びます。

そして、デビュー・アルバムの制作のため、1年ほどスタジオに籠り、作詞作曲に専念。
この間、アルバム150枚分ほどの楽曲を制作したと言われています。

(参照:http://www.zimbio.com)

1年後、彼女が22歳の時、ついにデビュー・アルバム「ザ・フェイム」が完成し、リリース。
なんと、オーストリア、イギリス、カナダ、アイルランドのチャートで1位を獲得し、
アメリカとオーストラリアでは4位を記録。
日本では最高位が6位でしたが、全世界での売上枚数は1200万枚を越えました。

これ以降、リリースするアルバムは次々とヒットし、日本でも映画やドラマの主題歌に
使われるなど、多数のファンを魅了していきます。

そんなLady Gagaの楽曲の中で特に人気の高いものを今回ご紹介していきます。
彼女の歌詞は宗教や薬など、少しマニアックな単語や知識が必要となりますが、
艶やかで魅惑的なミュージックビデオと共に是非楽しんでみてください。

 

スポンサーリンク

「Poker Face」(2008年)

(参照:https://www.billboard.com)

まずご紹介するのは、Lady Gagaの代表曲でもあるこちらの曲です。
アメリカのシングルチャートBillboard で1位となっただけでなく、
イギリス、カナダ、オーストラリアを始めとした世界17ヶ所のシングルチャートで1位を
獲得した楽曲で、全世界で1000万枚以上売り上げ、2000年代の代表曲といえます。
多くの人は独特な曲調とそこに調和する魅惑的な声に虜になるようです。

この楽曲は、恋愛をカードゲームのポーカーに見立てて、
その駆け引きを歌詞にしている見事な曲です。

Gagaはこの曲について、インタビューでこう言っています。
『一つじゃなく、たくさんのことについて書いたつもりなの。
私もギャンブルはするけど、私がデートした男でギャンブルと酒とセックスに
のめり込んでいる奴らはとてもたくさんいたわ。
だからボーイフレンドのことを歌いたかったの。』と。

この歌詞の中には、婉曲な表現ではありますが、
かなり卑猥なことを描いている箇所が少々あります。
しかし、そこはなんとなくサザンオールスターズの桑田佳祐さんの曲のような感じで、
全く気にならず、この楽曲の魅力に引き込まれることでしょう。

Lady Gagaだからこそできる表現がたくさん盛り込まれていますので、
是非、和訳をご覧になってから英文を参照してみてください。

 

「Paparazzi」(2009年)

(参照:http://guardianlv.com)

次にご紹介するのは、理解するのが難しいことで有名な曲、「Paparazzi」です。
この楽曲は非常にクールで格好良い印象を受けると思いますが、
実はLady Gagaの深い心情を描いているとも言われています。

それはミュージックビデオの中にも表れており、
パパラッチの前で夫に殺されかけたGagaが治療している間に、
夫はメイドや他の女性と浮気を繰り返し、そして、次々と夫の浮気相手は死んでいきます。
殺しても、殺しても、違う彼女とのスクープをされる夫に、
最後は毒を混ぜた飲み物で殺し、911の電話番号にかけて自白します。
非常にミステリアスな映像です。

Gagaはインタビューで、この曲についてこう言っています。
「いくつかの異なる解釈があってとても嬉しいわ。
まず一つ目、それは私の闘いについてです。
私は名声が欲しいのか、あるいは、愛が欲しいのか。
それも、パパラッチに求愛することなの。
二つ目は、それはカメラマンのための愛の歌でもあるということ。
三つ目は、それは名声または愛についての歌でもあるの。
あなたは両方とも持つことができる?それとも、あなたは一つだけ?」

一気にスターダムにのし上がった彼女。
しかし、名声と愛、どちらか一方しか得られないのか、両方得られるものなのか、
そんな葛藤にさいなまれている時期の楽曲なのです。

 

「Telephone」(2010年)

(参照:http://www.lehighvalleylive.com)

男女の別れ際を絶妙の歌詞で歌ったのが、こちらの楽曲です。
歌詞に出てくるBusyという単語があります。
「忙しい」という意味で使う単語でもあり、電話回線などが混んでいる時に
「つながらない」という意味でも使うことができます。
そんなどちらにでも取れる単語を上手く使いながら、男女の別れを巧妙に表現しています。

例えば、“Sorry, I cannot hear you, I’m kinda busy.”という歌詞があります。
これは「ごめん!聞こえないの。ねぇ、繋がらないんだってば…」という意味です。

男女の別れ際でよくあるのが、「電話が聞こえる/聞こえない」の揉めごとですよね。
そんな状況を鮮明に表現し、歌っています。

 

「Born This Way」(2011年)

(参照:https://www.hollywoodreporter.com)

最後にご紹介するのは、「生きる勇気」を与えられるメッセージ性の強い曲です。
歌詞の内容は、意味あって生まれてきたのだから、胸を張って幸せに生きていこう
という強い想いが込められている楽曲になっています。

一番大切なこと、それは自分自身を愛するということだと言っているのです。

“As the wombs numbered and the mitosis of the future began,
it was perceived that this infamous moment in life is not temporal, it is eternal.”
という歌詞があります。
非常に生々しい歌詞ですが、神秘的でユニークなGagaならではの表現です。

「時を迎えた子宮で細胞分裂が始まる。この忌まわしい瞬間、
それはつかの間のことではなく永遠に続くものだ」
という意味なのです。

他にも人種に関する差別や偏見についても Gagaの意見が強く反映されていますので、
是非、その描かれ方を自分なりに解釈してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
魅力的であり、魅惑的でもある歌詞が多いと思います。
彼女の苦悩が、こうした名曲を作っているのは間違いないでしょう。

これらの表現は非常にダイレクトなので、もし日本語の歌詞で聞いたら、
少し動揺してしまうかもしれませんね。
英語であるから、意外とさらっと聞くことができるのかもしれません。

是非、これらの深い表現も一度、和訳を見ながら楽しんでみてください。

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英会話教材の広告のキャッチコピーから分かる真実!

  2. 赤ちゃんから英語を学べるイギリスアニメ教材8選

  3. 「IELTS」でハイスコアを取れる効果的な単語集と単語サイト 4選

  4. 映画「怪盗グルーの月泥棒」って?英語学習に役立つフレーズ特集!

  5. ジブリ映画で英語学習!英語レベルごとにオススメな6選!

  6. イギリス英語リスニング! 学習に最適な映画8選

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題