fbpx

英語教材の選び方

楽しく英語学習を始めよう!初心者に最適な効果の高い映画や本は?

どうせ英語を勉強するならば、楽しくて勉強している感覚を
忘れさせてくれるような方法で勉強したいとは思いませんか?

そんな願望にうってつけの勉強法があります!
それは英語の映画や、本や小説などを使って行う勉強法です。
映画や本は、生きた英語を学べる絶好の教材なのです。

このように、娯楽性の高い生の英語が使われているものを教材にすると、
時に教科書を使って学ぶよりもはるかに効果が現れたりします。

しかし、映画や本は、ものによって英語の勉強にあまり向かないものがあるのも事実です。
英語の素材だからといって、闇雲に手をつければよいというわけではありません。

そこで、今回は楽しみながら学べる効果的な英語学習の素材として、
最適だと思われる映画と本を厳選してご紹介いたします。

 

おすすめ映画 3選

映画で英語の勉強を始めるためには、
まずは以前に観たことのある映画を選びましょう

内容を知っている映画で勉強を始めるほうが、音に集中しやすいのです。
ストーリーを追う集中力を、より「聴き取り」に集中させることができます

まず視聴1回目は日本語字幕を使用します。
日本語字幕を使用している時もできるだけ英語の会話の音に集中するようにしましょう。
字幕はリスニング(理解力)を補うような気持ちで使用しましょう。

2回目以降は英語字幕にしたり、繰り返し視聴したりすることによって、
英語が徐々に頭に入ってきだします。

とにかく、音をしっかりと捉え、意味を音から認識できるようになるまで、
楽しみながら、何度も何度も映画を見返して、英語を学んでいきましょう!

 

1.魔女の宅急便 (英語名:Kiki’s Delivery Service) 1989年公開:宮崎駿監督

 【初心者向け】
言わずと知れた宮崎アニメの代表作品のひとつです。
魔女の修行がテーマとなるこの作品、物語の中でキキの魔女あるいは人間としての
成長が伺える素晴らしい映画です。

英語に関しては、使用されている単語の難易度があまり高くなく、
それでいて、ネイティブらしい自然な言い回しが多いため、
初心者が英語を勉強するためには最も適した映画と言えるのではないでしょうか。

DVD版では英語字幕と英語音声が共に利用できるのため、フルに活用しましょう。

 

2.ターミナル (英語名:The Terminal) 2004年公開:スティーブン・スピルバーグ監督

 【初心者向け】
クラコウジア人の中年男性が、アメリカ、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港にて
長い期間足止めをされてしまう中で展開されるストーリーです。

主人公も初めのうちは英語が片言しか話せませんが、
英語版のニューヨーク案内本で独学したり、空港の従業員たちと触れ合うことで、
長い空港生活の中から徐々に英語を習得していきます。

この映画は主人公と共に英語を学ぶことができるという、
英語学習者には非常に都合の良い作品なのです。
主人公の男性が一生懸命英語を学ぶ姿をみると、
あなたも英語学習のモチベーションがあがってきますよ。

 

3.ショーシャンクの空に(英語名:Shawshank Redemption) 1994年公開:フランク・ダラボン監督:

 【中級者向け】
冤罪により投獄された有能な銀行員が、腐敗しきった刑務所の中で耐え難い苦難に
幾度も遭遇しながらも、決して希望を捨てずに自らのやり方で立ち向かう物語。

90年代を代表する不朽の名作と知られていますが、英語的には中・上級者向けです。
ある程度、英語を習得している方で、さらにリスニング力を鍛えたいと思っている方向け
の映画と言えるでしょう。
作品中には名言も多く、英語のブラッシュアップにも最適な1作です。

 

スポンサーリンク

おすすめ本 2選

生の英語に触れられるのは映画ばかりではありません。
小説などの本から英語を学ぶことも非常に有効なのです。

「読む」、特に「音読」することで、読解力はもちろんのこと、スピーキング力や
ライティング力も向上するといわれています。

もちろん、本も英語学習に適しているものとそうではないものがありますので、
まずは厳選した以下の2作の英語小説を是非手に取って読んでみてくださいね。

 

1.村上春樹著「ノルウェイの森」(英語名:Norwegian Wood)

 【初心者、中級者向け】
37歳の「自分」が、若かりし日々を回帰する切ない青春物語。
村上春樹著作のこの作品は、英語だけでなく多言語に翻訳され
世界中の読者から愛されています。

村上作品は日本語でも平易で親しみやすい文章として書かれていますが、
そのモットーは英語版にも適用されており、英語初心者、または中級者の方でも
ストレスなく読みやすい小説です。

リズミカルなタッチで表現された英語のこの物語はすんなりと頭に入ってくるため、
英語表現を無理なく暗記していくのに、もってこいの小説です。

 

2.夏目漱石「こころ」(英語名:Kokoro)

 【初心者向け】
言わずと知れた、日本を代表する文豪、夏目漱石の名作です。
英語版も、難しいことは一切書かれていません。

「私」と「先生」、そしてその「先生」を取り巻く人間関係の物語。
日本のノスタルジックに溢れたこの作品を、ぜひ英語で楽しんでみませんか。

英語レベルは初心者でも容易に読み進められるほどですが、
この作品を1冊読み終えると、不思議にも、総合的な英語レベルが
一層向上したことを実感できるのではないでしょうか。

 

まとめ

趣味を満喫しながら英語を勉強できる方法、
そう、映画や本を使って学習するために最適な作品をご紹介いたしました。

英語の勉強は、使う教材次第でその効果の出方には顕著な差がでてしまいます。
英語学習のために厳選した上記のような教材を正しい方法で使い、
効果的に英語力を伸ばしていきましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英会話 おすすめ教材3選とユニークな学習方法

  2. 子供と一緒に鑑賞しよう!英語学習にオススメな映画10選

  3. 英語の歌詞が突き刺さるレディー・ガガの名曲たち

  4. 映画「怪盗グルーの月泥棒」って?英語学習に役立つフレーズ特集!

  5. The Greatest Showmanから学ぶおすすめ英語表現

  6. 中上級者向け!海外生活も長い私が実際に「使い続けている」厳選3つの英単…

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!