fbpx

英語教材の選び方

【洋楽から英語】日本で大注目!オースティン・マホーンとは?

音楽から言葉を学ぶことは、あなたも幼いころに歌から言葉を覚えたように
非常に理にかなった学習方法の一つと言えます。

歌から英語を学ぶことの最も大きな利点は、英語のリズムを身につけやすいことと、
比較的、学習のモチベーションを維持しやすいこと、
さらには、歌手の歌い方を真似することで発音やイントネーションが
身につくことがあげられます。

【広告】オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

ただ、その反面、英語の初心者にとって、
歌からリスニング力を高めるということは非常に難しく、
英会話力をつけるなどという目的では非効率的な学習であることも事実です。

洋楽を聞いて英語がペラペラになることはありませんが、耳を鍛え、
英語の音やリズムに慣れるという意味では、ちょっとした通勤時間や、
休憩時間にリラックスしながら音楽を楽しむのもありなのではないでしょうか。

さて、最近テレビを見ていて、「この男性、誰だろう?」と
不思議に思ったアメリカ人歌手に心当たりはないでしょうか。
突如日本に彗星のごとく現れたアメリカ人歌手、
彼の名は“オースティン・マホーン”です。
彼の名前だけを聞いて、「あぁ!あの人ね!!」となる方は少ないかもしれません。

(参照:http://www.universal-music.co.jp)

ではとある女性芸人が使用している音楽を歌っている人と言えばいかがでしょうか?
最近大ブレイクした「35億!」ネタの女性芸人です。
白と黒のストライプのカッターシャツと黒のミニスカートを履いた女性、
そういえばもう分かった方も多いのではないでしょうか。
ブルゾンちえみさんが売れる際に使用していた曲を歌っているのが、
今回ご紹介する“オースティン・マホーン”なのです。
どのような方なのか、どんな歌を出しているのかをご紹介しましょう。

 

“オースティン・マホーン”ってどんな人?

(参照:http://www.thecrimson.com)

オースティン・マホーンはアメリカ出身の歌手で現在21歳です。
歌手として活動しだしたのは、2012年のようです。
彼はYou Tube celebrityと呼ばれている動画投稿サイトからデビューをしました。
2012年ですので、何とデビューは16歳の時です。

【広告】オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

彼が初めて動画をアップし始めたのは、14歳の時です。
彼の友人と一緒に動画投稿したのが、彼の人生を大きく変えるきっかけとなりました。
彼は歌だけでなく、ドラム・ギター・ピアノを弾くことができます。
音楽に関する多彩な才能を持っている人でもあるのです。
そのため、音楽のジャンルに捕らわれることなく活動を続けています。
過去にはテイラースウィフトなどのオープニングアクトを務めたこともあります。

また彼と日本の関係は、実を言うと2013年ごろからありました。
なんと2013年に日本へ初来日、イベントに参加したことがあるのです。
その後も2014年に日本でライブツアーを成功させるなど、
日本と縁のあるアーティストでもあるのです。

 

スポンサーリンク

どのような楽曲が多い?

オースティン・マホーンの曲は比較的アップテンポなものが多いとされています。
中でも人気の高い“Say Somethin’”は、若き日のオースティン・マホーンが歌った
恋の歌として、人気のある楽曲です。

それ以外のも、自分にとって大切な女性に向けた愛の歌“U”も人気が高いです。
この曲に出てくるサビの部分
“I love your style ,I love your smile, I love your eyes, They look like diamonds to me.”
(君のスタイル・笑顔・目のすべてが僕にとってはダイヤモンドのようだ)は、
女性が一度は言われたいと感じてしまうセリフなのではないでしょうか。

ほかにも人気の曲として“Better With You”も人気です。
恋人と過ごす時間の中には、いろいろなことが起こりえるという事を歌にしています。
その中には甘い時間や喧嘩の時間、恋人同士の危機感なども含めて
人間が成長するうえで必要な時間であることを表現しています。

 

みんなが一度は聞いたことがある「Dirty Work」

素敵な楽曲がたくさんある“オースティン・マホーン”ですが、
数ある楽曲の中でも特に日本でなじみの高い「Dirty Work」をご紹介しましょう。

(参照:https://wonderfulunion.com)

まずはタイトル、「Dirty Work」は汚れ仕事という意味です。
普通汚れ仕事と言えば、あまり良いイメージがわきませんよね。
誰もがしたくない仕事、そのような認識が大半なのではないでしょうか。
オースティン・マホーンが考える汚れ仕事とは、どのようなことなのでしょうか。

まず皆さんに認識してもらいたいこと、それはこの「Dirty Work」の「Dirty」ですが、
歌詞上の意味は汚れるではなく「卑猥な」という意味になります。
「あれっ?想像していた歌詞の内容となんだか違和感が・・・」と
感じられる方もいるかもしれませんね。
そうなんです、この「Dirty Work」の歌詞の内容は、
女の子と遊ぶことをメインに書かれているのです。

歌詞の出だしには、“Rolling my sleeves up in here(さぁ、ここで服を脱いで)”や
“I’ve been hitting that, hitting that graveyard shift(俺は深夜シフトをキメてるんだ)
などなんだか妖しい雰囲気が歌詞から漂ってきます。
歌詞をすべて見れば、なかなか刺激が強いかもしれません。

この「Dirty Work」のMUSIC VIDEOも参考にしてみてください。
オースティン・マホーンと女性が淫らに戯れる様子が描き出されています。
歌詞の意味を知らずにMUSIC VIDEOを見てしまうと、訳が分からないかもしれません。
ぜひ見るときは英語の歌詞を確認してからにしてみてください。
内容を理解するスピードが格段に上がりますよ。

 

“オースティン・マホーン”の最新曲をご紹介

(参照:https://genius.com)

2017年9月20日より配信されている楽曲「Perfect Beauty」をご存知でしょうか。
モイストダイアンのCMソングとして書き下ろされた楽曲です。
現在TVで見ない日はないほどCMが放送されています。

【広告】オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

歌詞の内容は、主人公の男性の一目ぼれを中心に描かれています。
自分が惚れた女性は、自分の理想と寸分違わず「完璧に美しいんだ」
と褒めちぎっている歌詞になっています。
歌詞の中にも「She’s got a perfect beauty. (彼女は完璧に美しい)」というセリフが出てきます。
もうこの歌を聞いているだけで、なんだか錯覚を起こしてしまいそうになるかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。
まだまだ若いアメリカ人歌手、「オースティン・マホーン」をご紹介しました。
彼は「第二のジャスティン・ビーバー」とも言われています。
これから目が離せない歌手ですね。
今後の楽曲も楽しみです。

 

【必見】英会話の基礎、日常英会話を効果的に習得したいなら

あなたが、身につけるべき英語のスキルは、
英語とどうかかわるか(かかわりたいか)によって異なってきます。

例えば、映画を字幕なしで見れるようになりたいのであれば、
基本的にはリスリング力と語彙力を鍛えればよいのです。

また、ビジネス会話を習得したいような場合は、
まずは実際に現場で使う表現を収集し、
それに対してリスング力、スピーキング力、語彙力を
高めていく方法を取るのがベストです。

これは、ESP(English for Specific Purposes「特定の目的のための英語」)
のための学習法で、この方法で学ぶことで、
非常に短期間で効果をあげることができます。

このESPの学習は「ビジネス」だけではなく、
「技術」や「科学」、「医学」、「観光」、「芸術」、「スポーツ」など、
幅広いジャンルでも応用できます

特定の目的によって、よく使われる語彙や表現、文法までもが限定されるため、
実は市販で販売されている「ビジネス英語」や「おもてなしのための英語」
などの書籍や教材を購入しても、なかなか学習の効果はでにくいのです。

そして、実は、習得するのがなによりも難しいのが「日常会話」です。
ビジネス会話の方が難しいと思っていたかもしれませんが、
実は「日常会話」の方がトピック(話題)が多岐にわたり、
使われる語彙や表現の数も圧倒的に多いのです。
また、新しい言葉が流行と共に次々と生まれてくるため
習得するのが難しくなっています。

では、「日常英会話」を効果的に習得するためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、「基礎」+「ESP」という学習方法をとることです。

つまり、まずは日常会話の基礎(通常の会話で頻繁に使用される表現や語彙)を
先に短期間で確実に習得し、
その後、自分の興味のある分野について
(ビジネス、ゲーム、ファッション、食べものなど)、
ESPの学習を繰り返し、話せる分野を広げていくのが最も効率的なのです。


 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 【洋楽から英語】世界の歌姫テイラースウィフトの魅力とは?

  2. 中上級者向け!海外生活も長い私が実際に「使い続けている」厳選3つの英単…

  3. 【洋楽から英語】冬が来た!必ず耳にするクリスマスソング

  4. 映画「怪盗グルーの月泥棒」って?英語学習に役立つフレーズ特集!

  5. 映画「オーシャンズ11」~人間関係とワンポイントフレーズ~

  6. ジブリ映画で英語学習!英語レベルごとにオススメな6選!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ