fbpx

英語教材の選び方

マット・デイモン好き必見!ボーン・アイデンティティ/スプレマシーの見どころとは?

(参照:https://www.uphe.com)

ハリウッド俳優のマット・デイモン、大好きだという方も多いのではないでしょうか。
彼を知ったきっかけとして、ジョージ・クルーニー主演の
「オーシャンズシリーズ」が初めてという方もいるのではないでしょうか。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

今やアクション映画にこの人あり!という存在のマット・デイモンですが、
彼主演の代表作を見たことはありますか?

アクション映画の超大作、「ボーン・シリーズ」です。

この映画の魅力は、何といっても派手なアクションシーンとシリアスな物語展開です。
どのような内容なのか、見どころはどこなのかをご紹介します。

あらすじ&見どころ①:ボーン・アイデンティティ

(参照:https://www.uphe.com)

ボーン・シリーズは記憶をなくしたCIA工作員が記憶を取り戻すために、
手掛かりを辿るスパイ映画となっています。
CGやアシスタントを使わず、マット・デイモン自身が
アクションを行っていることでも知られています。

まずはボーン・アイデンティティのあらすじからご紹介します。

ある日マルセイユ沖に停泊していた船の船員が
海に浮かんでいる男性を見つけるところから始まります。
彼を助けてみると、身体は傷だらけで生命の危機に置かれていました。
船員たちの治療が功を奏し、生き返ったのですが、彼の記憶は全て失われていました。
彼は自身が失ってしまった記憶を取り戻すために、自分の皮膚に埋め込まれていた
マイクロカプセルが示した場所へと向かいます。

その場所はスイスのチューリッヒ銀行で、そこへ向かう間に
警察官から職務質問を受けてしまいます。
しかし彼は警察官2人を相手に、瞬殺で警官を気絶させてしまうのです。
ここで彼は、自分が何者だったのかについて疑惑を持ち出すのです。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

彼がスイスに到着すると同じ頃、CIAではある工作員が某国の政治家暗殺に失敗します。
その計画こそが物語で重要になる「ドレッド・ストーン計画」です。

計画を失敗した工作員は消息がつかめなくなり、
CIAが必死で彼を捜索することとなるのです。
CIAの探している人間と記憶を失った人間の行方に目が離せません。

ボーン・アイデンティティの見どころと言えば、やはりシリアスな展開と
流れるように進むアクションシーンです。
あまりにもリアリティを追求しすぎて、
見ているこちらが顔をしかめたくなるようなこともあります。

スポンサーリンク

あらすじ&見どころ②:ボーン・スプレマシー

(参照:https://www.uphe.com)

前作から5年後に作成された続編、それが「ボーン・スプレマシー」です。

主人公ジェイソン・ボーンは前作の最後に会いに行った女性マリー・クルーツと一緒に
世界中を旅していました。
映画がスタートしたときにいた国はインド、そこで平和に過ごしていたはずでした。
毎日平和に過ごしているはずなのに、日々襲われる頭痛と
フラッシュバックのように思い出される記憶に苦しんでいたのです。
ジェイソン・ボーンの記憶は、まだ完全に戻ったわけではなかったのです。

ジェイソン・ボーンが頭痛に悩まされている頃、CIAでも大変なことが起こっていました。
ドイツのベルリンで行われていたCIAの作戦、
何者かの邪魔が入り作戦が失敗してしまいます。
失敗した上に捜査員の命が奪われ、手に入れるべきファイルまでもが
持ち去られてしまったのです。

しかもファイルを持ち去った人間は、爆弾に自分以外の指紋を張り付けて逃走します。
ファイルを持っていった人間の名前はキリル、暗殺者です。
ペコス石油社長“ユーリー・クレツコフ”にファイルを渡す役目を担っていました。

CIAの作戦を失敗させたのは、この石油会社社長だったのです。
作戦が失敗したのち、暗殺者キリルはインドへ訪れます。
平穏な生活を送っているはずのジェイソンとマリーの前に現れたキリル、
もちろん目的はジェイソンの暗殺でした。

必死で逃げる二人でしたが、キリルの放ったライフルがマリーに当たり
車ごと川の中へ落ちていきました。

結果的にジェイソンは一人助かり、マリーは車と共に川の中へと沈んでいくのでした。
愛する人を失った悲しみとは裏腹に、キリルはジェイソンの暗殺に成功したと勘違いし
上に報告して仕事を終えるのでした。

一方CIAでは現場に残された指紋の相手を探し出します。
その指紋の持ち主はもちろんジェイソン・ボーン、
彼を追いかけるCIAとのやり取りに注目です。

ボーン・スプレマシーの見どころはやはりCIAとのやり取りではないでしょうか。
やり取りを行う中で思い出される記憶にも注目です。

まとめ

ボーン・シリーズは数あるアクション映画の中でも特にサスペンスを中心としています。
見ていて怖くなってしまう、スリルを感じることができる映画でしょう。
人からの裏切りや信頼関係、人間関係がどうあるべきかを
考えさせられる映画になっています。

この映画を見るときは、ぜひ英語で聞いてみてください。
格好良いマット・デイモンの声を聴くことができますよ。

少し難しめの英語が使われているので、字幕を使ってみてもらえればと思います。
まずは、日本語字幕でストーリーをしっかり理解してください。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

その上で、次に英語字幕で見てもらえれば、
普段なかなか使わない言い回しやフレーズに触れ合うことができますよ。

スポンサーリンク


関連記事

  1. スターウォーズの世界を体感!旧3部作の楽しみ方!

  2. オンライン英会話レッスン体験談 ~毎日続けることが重要!継続は力なり~…

  3. 【洋楽から英語】周囲を華やかにするマライア・キャリーのおすすめ楽曲5選…

  4. 英単語を効果的に覚えやすいテキスト(本) ベスト3!

  5. 「IELTS」でハイスコアを取れる効果的な単語集と単語サイト 4選

  6. 知ってると会話が楽に!海外のインテリが大好きなSF・推理ドラマ3選

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ