fbpx

英語教材の選び方

オンライン英会話に必要な要素とは?

フリーカンバセーションでは英会話力は伸びない!?

英会話を学ぶにあたって、
多くの学習者はフリーカンバセーションを好みます。

その主な理由ですが、
・テキストで勉強することが嫌い
・テキストを使うのなら、自分で学習できるのでもったいない
・好きなことを自由に話さないと楽しくない

このような理由を言うのは、意外にも英会話のビギナーに多いのです。

スポンサーリンク

自動車の免許教習に例えると…

自動車免許の教習課程でいえば、まだ仮免も取れてないのに、「座学をやるよりも、実際に運転してみて、経験から学べばいい」と言っているようなものです。

実はこの発想、少し運転をかじった人がほとんどで、全く運転知識や技術がなく、ゼロから免許を取ろうとしている人には、そもそも、このような発想はないのです。

【広告】オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

また、運転技術の高い、ベテランのドライバーたちも、こういった発言はしないでしょう。
なぜなら、車や運転の知識の大切さを良く知っていて、基礎知識や基礎技術を着実につけていくことこそが、事故のリスクを軽減することだと分かっているからです。

教習所で、座学をしたり、トレーニングとして縦列駐車やクランクなど、基本技術を何度も繰り返したりするのは、そういった学習こそが、「車の運転」には最適だからなのです。

いきなり「実践から学ぶ」といって、路上で運転すると(現在の日本国内では無免許運転は違反ですが)、身につくよりも、失うものの方が多いでしょう。 それは例えば、「時間」だったり、「自信」だったり、「健康」かもしれません。

スポーツに例えると…

それでは、スポーツに例えると、どういう発想だと思われますか?

例えば、日本の国技のひとつである「柔道」を学ぶとします。
実戦、つまり「乱取り」と呼ばれる、お互いが技を掛け合う自由練習を繰り返すことが最も効果的な学習法なのか、それとも単調ではあるけれど、「技」を1つ1つしっかりと反復練習によって身につけることが近道なのか、どちらだと思われますか?

一般的に、スポーツを身につける上で、実戦からのみであると、どうしても「癖」がつきやすくなります。 ただし、「癖」がつくから、強くなれないというわけではありません。

しかし、例えば柔道の試合で癖があると、動きが読まれる可能性が高くなります。
また、我流である場合、学ぶ時間が増えていき、自分のスタイルが固まってくればくるほど、もし、その「癖」を治さなければならなくなった時に治すことが非常に難しくなっていきます。

そのため、結果的に、「癖」があることで、一流レベルに到達できなかったり、そのレベルまで行けたとしても、到達スピードが遅くなってしまったりするのです。

オンライン英会話において

いままでの例は、英会話の学習でもあてはまります。

例えば、「海外に何度も行っているから、多少のコミュニケーションは取れる」と、フリーカンバセーションばかりをやっているとどうなるでしょうか。

ボキャブラリーがあまり増えることなく、いつまでも稚拙な表現しか使えない!

こういう結果を生み出してしまいます。
それでも、「せっかくオンラインで外国人と話せる機会があるのだから、楽しむことが優先でしょ」と思われるかもしれません。

ところが、もし、今後、英語を使って、外国人とより深い人間関係を築いていきたいと思うのでしたら、ボキャブラリーを増やし、表現力を磨いていくほうが良いのです。
その大きな理由は、言葉が人格を表すからです!

例えば、ビジネスの世界では、どれだけ日本語力があり、実際に仕事ができる人でも、
もし双方の共通言語が「英語」だとしたら、「表現力が乏しい = その程度の知識」だと判断されかねないのです。

そのため、もし「海外の人と話したい」と本気で思っているのであれば、是非、語彙力や表現力を増やす意識を持って学習してもらいたいと思います。

深みのある英会話力を身につけよう!

まず、口数と会話力は決してイコールではありません。
たとえ、口数が少なくても、適切な表現を使い、説得力のある内容を的確に言える人は、万国共通、一目置かれますし、信頼されます。

そこで、せっかく英会話を身につけたいと思っているのであれば、例え短くても、適切で、「切れる表現」を是非使えるようになってください。

【広告】オンライン英語コーチ「スパルタバディ」

そのためには、そういった意識から、色々な表現を聞き集め、それらを何度も繰り返し聞きながら、マネをすることで、「使える表現」として、頭に染み込ませることが重要になります。

そして、自分が「使える」と思う表現を数個でも身につけた上で、オンライン英会話を利用して実践することで、それらの言葉が完全に自分のものと変わり、深みのある英会話力が身についていくのです。

オンライン英会話を利用する時に気をつけること

英会話の初級者にとって

フリーカンバセーションのみで英語力が上がることはほとんどない!

それでは、どうすれば、効果的に英会話力を上げられるのでしょうか?

【オンライン英会話の効果的な利用法】

●オンライン学習に臨む前に、必ず、英会話の要素である「リスニング」と「スピーキング」について、基礎練習をしてから望むべき!

オンライン英会話はあくまでも「実践」であるため、スポーツでいう「練習試合」にあたり、自分が積み重ねて練習してきたものが実際に使えるかを試すのに適しています。

そのため、もし練習してきたことが「オンラインレッスン(練習試合)でうまく使えなかったとしても、その事実こそが非常に重要で、今後のトレーニングの改善に役立てられるのです。

では、なぜ、「オンライン英会話 = 試合」ではなく、「オンライン英会話 = 練習試合」なのでしょうか?

スポーツでいう「大会試合」こそが、「海外旅行中」や「留学中」、「国内での外国人観光客への対応時」などの英会話なのです。

※1から※3の流れを英語教育の第一人者である池田和弘教授https://goo.gl/zwaU8G)は、「スローリスニング」という技法で効果的に身につけられると提唱しています。

オンライン英会話の選び方

以下のことによく注意してオンライン英会話は選びましょう!

① フリーカンバセーションを中心とするオンライン英会話は✕
② オンライン英会話を受講する前に、テキストで予習できるのが◯
③ 興味のある分野で役に立つ表現が多く載っているテキストが◯
④ 予習は音声学習できること(ネイティブの音を聞き、マネができる)
⑤ 学習した語彙や表現を活かせるレッスンになっている
スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語のスキル別! 最適なアプリを使って理想の英語学習をしませんか?

  2. 中上級者向け!海外生活も長い私が実際に「使い続けている」厳選3つの英単…

  3. 【洋楽から英語】周囲を華やかにするマライア・キャリーのおすすめ楽曲5選…

  4. どの英会話スクールがいい? 学習者が選んだベスト3

  5. 脳が教える究極の英会話システム(文法のない世界)

  6. 【洋楽から英語】冬が来た!必ず耳にするクリスマスソング

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ