fbpx

英語教材の選び方

イギリス英語リスニング! 学習に最適な映画8選

イギリス英語は紳士的でかっこいいイメージがある一方で、
アクセントが強くて聞き取りにくい!と思われる方が多いのではないでしょうか?

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

今回は、そんなイギリス人俳優たちが主に出演している映画をご紹介します!
映画ではナチュラルなシチュエーションでの日常会話がたくさん出て来ますし、
リズムやアクセントに慣れておくと、実際の会話でもより聞き取りやすくなります。

 

リトル・ダンサー (原題:Billy Elliot)

(参照 http://www.telegraph.co.uk/)

主人公は平凡な男の子ビリー。
ある時、習い事のボクシング教室の隅でバレエ教室が始まり、
すっかり魅せられてしまいます。
父親には嘘をついてバレエ教室へ通う日々が始まるのですが、
ある時その嘘がバレてしまい父親は激怒します。
少年のバレエにかける情熱、成長を追った作品です。

1980年代の、イギリスの労働者階級の生活が垣間見える作品です。
労働者階級であることと、舞台がイングランド北部に位置するため、
アクセントは強めで聞き慣れないかもしれませんが、
ストーリーに感動すること間違いなしです!

 

スポンサーリンク

英国王のスピーチ(原題:The King’s Speech)

(参照 http://www.newsweekjapan.jp)

20世紀前半、イギリス国王ジョージ6世に起こった実話をもとにした映画です。
深刻な吃音が悩みで、スピーチがままならない王子が吃音を治すべく
発声の医者に通うことになります。
医者は王子にうやうやしく接することは一切せず、
マナー違反で王子を怒らせることもしばしば。
彼は吃音を直すことができるのでしょうか。

ハリーポッターなどに出演の、見覚えある俳優がたくさん出て来ます。
ここでは王族が出て来ますので、表現は堅いかもしれませんが、
発音はかなり正当なブリティッシュ・イングリッシュと言えるでしょう。

 

マイ・フェア・レディ(原題:My Fair Lady)

(参照 http://ellegirl.jp)

オードリー・ヘップバーン主演のミュージカルです。
主人公の花売り娘イライザは貧しい家の出身で、
下町言葉でしか話すことができません。
いつも通り花を売っていると、言語博士のヒギンズ教授が通りかかります。
「何てひどい言葉を話すんだ!」
そこで、彼女を一人前のレディに育て上げることができるか、
友人のピカリング大佐と賭けをすることに。

どう発音するのか、ゆっくり説明する場面が多いですので、
主人公になった気分で一緒に練習してみるのも面白いかもしれません。
イギリスの階級制度が描かれています。
貴族の家や競馬場での様子は、衣装も豪華で、華やかな気分になります。

 

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(原題:About Time)

(参照 https://www.theguardian.com)

主人公ティムは平凡で、冴えない弁護士。
21歳の誕生日に、彼は突然父親に、彼の家系の男性は代々
タイムスリップできることを知らされます。
そんな時にティムは偶然出会った女性に一目惚れし、
なんとか彼女を手に入れようと奮闘します。

観た後は気持ちが暖かくなり、日々を大切に生きようと思える恋愛映画です。
現代のイギリス社会や、イギリス人の恋愛事情、
若者文化が多く紹介されています。

 

ブリジット・ジョーンズの日記(原題:Bridget Jones’s Diary)

(参照 https://www.miramax.com)

冴えない編集者、ブリジットがやり手の編集長と弁護士に同時に好かれてしまい、
恋に仕事に悩みながら奮闘する物語です。
しかも編集長と弁護士は敵同士であることが判明!
ブリジットの恋の行方はいかに?

これまで、シリーズで計3作品が公開されています。
主人公はアメリカ人女優が演じているそうですが、
イギリス人もそれを聞いて驚くほどに綺麗なイギリス英語を話しています!
なんでも、この映画のために猛特訓したのだとか。
イギリス人の家庭の様子、会社の様子などが所々で紹介されています。

 

ノッティング・ヒルの恋人(原題:Notting Hill)

(参照 https://www.amazon.com/gp/video/detail/B000I9WWCM)

舞台はロンドン・ノッティングヒル。
本屋を営む冴えない主人公ウィリアムのもとに、
ある時ハリウッドの大女優アナが現れ、本を買って帰ります。
その後2人は再び街角でばったり会うのですが、
ウィリアムはアナの服を汚してしまいます。
そこからありえない恋物語が始まるのですが…。

不器用なウィリアムと大女優アナの秘密の恋にドキドキしながら、
あっという間に観てしまう映画です。
ロンドンの素敵な街並みが盛りだくさんの作品です。

 

プライドと偏見(原題:Pride & Prejudice)

(参照 https://essayshark.com)

1800年代後半のイギリスが舞台の、文学作品が元になっている作品です。
昔の時代設定ながら、今でも共感できる場面がたくさんあり、
笑いあり涙ありの作品です。

少し表現が古いところがありますが、昔のイギリスの雰囲気や貴族の家の様子、
人々の生活の様子がよく分かる作品です。
イギリスに興味がある方にはぜひオススメしたいです!

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

先に紹介した『ブリジット・ジョーンスの日記』は、
この文学作品のパロディとして広く知られています!

 

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)

(参照 http://www.telegraph.co.uk)

言わずと知れた、日本でも大ヒットを記録した作品ですが、
実はこの映画の出演キャストが話しているのもイギリス英語です。

舞台はフランス、しかもおとぎ話ということもあり、
家庭の様子などは少し違いますが、内容が知られているものなので
イギリス英語が聞き取りにくいという方でも
安心して見ることができるのではないでしょうか?

 

まとめ

イギリス英語ということに絞って紹介しましたが、いかがでしたか?
紹介しきれなかった作品もまだまだありますし、
今では有名すぎるくらいのハリー・ポッターシリーズでも
イギリス英語が話されています。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

リスニングのためには、お気に入りの作品を
繰り返し見ることをオススメします。

今回紹介したものは全て有名ですので、観たことがないものがあれば、
ぜひお気に入りの作品を見つけて、イギリス英語にトライしてみてください!

スポンサーリンク


関連記事

  1. The Greatest Showmanから学ぶおすすめ英語表現

  2. 【洋楽から英語】ABBAの世界を堪能!映画マンマ・ミーアとは?

  3. オンライン英会話に必要な要素とは?

  4. ハリー・ポッターの映画から英語を学ぼう~成長記録と重要呪文~【前編】

  5. どの英会話スクールがいい? 学習者が選んだベスト3

  6. 絶対おすすめ!英語を学べるネイティブのユーチューブ(YouTube)チ…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ