fbpx

英語教材の選び方

「子供だけじゃない!大人もはまるディズニー名曲集(英語編)」

昔はディズニーと言えば子供が見るもの、そう思っていませんでしたか?
しかし最近ではディズニーアニメの実写化、
大人も一緒に楽しむことができる作品が多くなってきました。

大人になってからディズニーの魅力に取りつかれてしまったという人もいるでしょう。
誰もが大好きなディズニーの中でも、
聞けばディズニーの世界観に取り込まれてしまう楽曲をご紹介しましょう。

どのようなシーンで流れているのか、どのDVDを見れば聞くことができるのか
を確認してみてください。

「A whole New World ~アラジン~」

映画「アラジン」の一番印象的なシーンで歌われている楽曲です。
演奏会などでは定番になっている曲でもあります。

主人公とお姫様が魔法のじゅうたんで空を飛んでいるシーンに使われている
バラードで、世界中でカバーされている名曲です。

ディズニーの映画全般で言えることなのですが、
英語と日本語の歌詞の間に大きな意味の差はありません。
最初に日本語の歌詞をばっちり覚えておけば、
英語の歌詞を聞いてもすんなり意味を解釈することができます。

例えば「アラジン」では「I can show you the world」は「世界を見せてあげる」です。
これなら、英語の初心者でも、学習として「アラジン」を使うことができますよね。

スポンサーリンク

「Let It Go ~アナと雪の女王~」

次にご紹介するのは「アナと雪の女王」です。
これはもう、何度も堪能したという方も多いのではないでしょうか。
名曲が多い「アナと雪の女王」ですが、その中でも特に人気が高いのが「Let It Go」です。
日本語版も素敵なのですが、聞くならやはり英語版ではないでしょうか。

本来の「Let It Go」の意味は「ありのままで」ではありません。
本来は「ほっておけ」「そのままにしておいて」です。

そう考えると、映画のシチュエーションにピッタリ来ませんか?
お城に籠ってしまったエルサが「私のことは構わないで!」と言っているのです。
このポイントが、英語バージョンと日本語バージョンの大きな差かもしれませんね。
さすがに直訳できずに、「ありのままに」となってしまったのかもしれません。
英語と日本語の歌詞を見比べてみると面白い作品となっています。

「Beauty and Beast ~美女と野獣~」

こちらの曲も皆さん、よく知っているのではないでしょうか。
映画「美女と野獣」の名シーンで使われていた楽曲です。

野獣とベルが心を通わせ、お城の中でダンスをしているシーンで使われています。
幻想的で映像と音楽がピッタリマッチしているのが印象的です。

「Tale as old as time, true as it can be」は「遠い昔から語り継がれた真実の古い物語」
音楽の歌詞があらすじとして表現されています。

英語の歌詞はそれほど難しくありませんが、
出てくる単語が高校生レベルになることもあります。
わからない単語を調べながら、聞いてみるのも良いでしょう。

「Part of your world ~リトル・マーメイド~」

リトル・マーメイドの「Part of your world」は、
主人公のアリエルが地上に憧れを持って歌っているシチュエーションで使われています。

このシーンの歌では、普段学校では絶対に学ばない口語表現が使用されています。
例えば「You want thingamabobs?」は「あの何とかというものが欲しいの?」という意味です。
疑問形ではありますが、[Do you~?]で始まりません。
他にも「want to」は「wanna」になっていたりと探してみると面白い発見ができるでしょう。

「Under the sea ~リトル・マーメイド~」

もう一つリトル・マーメイドからご紹介しましょう。
これは執事セバスチャンが歌っているシーンで使われている曲です。
歌詞中に「Under the sea Under the sea Darling it’s better」が出てきます。
これは「海の底 海の底 ほらね 上よりましさ」という意味です。

地上へ行きたいアリエルに、海の中の方が良いよと言っているセバスチャンが
容易に想像できます。
子供を心配する親心を感じることができる一曲です。

「When You Wish Upon a Star ~ピノキオ~」

これは日本語「星に願いを」の英語バージョンです。
もう皆さんご存知ですよね。
「星に願いを」はピノキオが人間の子供になるために妖精が出てきて
魔法をかけるシーンで使われています。

少しばかり暗い物語ではありますが、
最後の人間になっておじいさんに会いに行くシーンは、
泣ける人も多いのではないでしょうか。

「Mickey Mouse March ~ミッキーマウスマーチ~」

言わずと知れたディズニーの名曲と言えば、やはり「ミッキーマウスマーチ」ですよね。
聞くだけで明るくなれますし、強さも感じます。

ミッキーマウスがクラブのリーダーで、どんなキャラクターなのかを歌っています。
歌詞の大半がMicky mouseですので、小さなお子さんでも口ずさむことができますよ。

親子で楽しもう!

いかがでしたか?
どれも聞き覚えのある曲ばかりだったのではないでしょうか。
懐かしいものから、少しマニアックなものまであります。

ディズニーファンの方はもちろんのこと、
お子さんがディズニー好きだというお父さん・お母さんまでが
一緒に歌える楽曲です。

「親子で楽しめる」、それがディズニーの醍醐味なのではないでしょうか。

(画像参照:disney)

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「英会話!」あなたはどこで勉強しますか?

  2. オンライン英会話に必要な要素とは?

  3. 【映画で英語】物語の完成!ボーン・アルティメイタムを楽しもう

  4. 【洋楽から英語】魅惑の歌姫ケイティ・ペリー!手放したくなくなる名曲は?…

  5. 中上級者向け!海外生活も長い私が実際に「使い続けている」厳選3つの英単…

  6. ハリー・ポッターの映画から英語を学ぼう~成長記録と重要呪文~【後編】

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!