fbpx

英語関連インフォ

3人のファッションデザイナーから学ぶ英語の名言:シャネル、ディオール、イヴ・サン=ローラン~

今回は20~21世紀のファッション業界をけん引した、私たちもなじみ深いスーパーブランドのデザイナー3人(ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、イヴ・サン=ローラン)の名言をご紹介します。

1. ココ・シャネル/Coco Chanel(1883~1971年)

(参照:https://www.myfrenchlife.org)

 
フランスのデザイナー。
ココは幼くして母親が他界、父親にも捨てられ、姉とともに孤児院で育ちました。
孤児院を出た後はお針子の仕事に就きましたが、歌手を夢見て、夜はキャバレーで働く二重生活を送ります。
しかし、歌手の夢は挫折し、当時交際していた将校の邸宅に住み着きます。
そこで退屈しのぎで制作していた帽子のデザインが将校の友人らに認められ、1910年ついに「シャネル・モード」という帽子専門店をパリに開業します。
香水「No.5」はベストセラーになりシャネルは急成長します。

第二次大戦中、ココはドイツ親衛隊少将と愛人関係にあったため非難を浴び、スイスへ亡命します。
1954年、パリのファッション界へ復帰しますが、ヨーロッパでは大バッシングを浴びます。
しかし「シャネルスーツ」に代表される「女性の自立」を目指したスタイルは、女性の社会進出が目覚ましいアメリカに熱狂的に受け入れられ、シャネルブランドは不動のものになりました。

①In order to be irreplaceable one must always be different.
かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。

②Dress shabbily, they notice the dress. Dress impeccably, they notice the woman.
下品な服装は「服」だけが目につき、上品な服装は「女」を引き立たせる。

③I grew strong by swimming upstream against the current.
私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。

④A woman does not become interesting until she is over 40.
女は40を過ぎて始めておもしろくなる。

⑤Fashion fades, only style remains the same.
流行は色あせるけど、スタイルだけは不変なの。

⑥I don’t do fashion, I AM fashion.
私は流行を作っているのではない、私自身が流行よ。
 
英会話教師が推薦する【成果コミット型英会話ALUGO】

⑦If you were born without wings, do nothing to prevent them from growing.
翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。

⑧My life didn’t please me, so I created my life.
私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。

⑨Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty.
20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの価値がにじみ出る。

⑩Wherever one wants to be kissed.
香水はあなたがキスしてほしいところにつけなさい。

スポンサーリンク

2. クリスチャン・ディオール/Christian Dior(1905~1957年)

(参照:https://www.gmx.ch)

 
フランスのデザイナー。
フランス郊外で生まれたディオールは、両親から外交官を目指すことを勧められていましたが、本人は芸術に興味を持っていました。
自身がゲイであることも親に隠していました。
23歳で画廊を開きますが、世界恐慌の影響で閉鎖、その後ドレスや帽子のデザインを始めます。

第二次大戦が勃発すると、ディオール自身も徴兵されましたが、帰還後はフランスを占領したナチスの高官やその夫人のためにドレスをデザインし続けます。
終戦後、ディオールはようやくパリに店を開業、「ニュールック」を発表するとたちまち女性の服装に革命をもたらし、世界の注目を浴びました。

ディオールは「Aライン」など話題作を次々と発表し、パリのオートクチュール界の頂点に君臨しました。
そして心臓発作のため51歳で急逝しました。

①Women have the power to lead men to success.
女性には男性を成功へ導く力がある。

②After women, flowers are the most lovely thing God has given the world.
花は、女性の次に、神がこの世に与えた最も美しいもの。

③A woman’s perfume tells more about her than her handwriting.
女性の香水は、その人の手書きの文字よりも多くのことを語る。

④Happiness is the secret to all beauty.
幸せはあらゆる美しさの秘訣。

⑤Don’t buy much but make sure that what you buy is good.
多くを買う必要はないが、買うものが本当にいい物か確かめなさい。

⑥Make me a fragrance that smells like love.
私を「愛」の香りのする香水にしてほしい。
 
スマホでできる2ヶ月間の短期集中トレーニング

⑦You can wear black at any Time. You can wear it at any age. You can wear it for almost any occasion. I could write a book about black.
黒はいつの時代にも着られる。黒は何歳でも着られる。黒はほぼあらゆる機会で着られる。黒について、僕は1冊本が書けてしまうよ。

⑧Real woman should be capricious.
本物の女性は、気まぐれであるべきさ。

⑨It is not money that makes you well dressed: it is understanding.
あなたをおしゃれにするのはお金じゃないんだ。理解することだよ。

⑩There is no such thing as an ugly woman – there are only the ones who do not know how to make themselves attractive.
醜い女性などいない。そういう女性は、ただ自分を魅力的に見せる方法を知らないだけなんだ。

3. イヴ・サン=ローラン/Yves Saint-Laurent(1936~2008年)

(参照:https://whose.press)

 
フランスのデザイナー。
中産階級で育ったイヴは、デザイナー養成学校卒業後、18歳でクリスチャン・ディオールのアシスタントに大抜擢されます。
その後ディオールが急死すると、21歳の若さで後継者に任命されました。

華々しいキャリアの中、繊細なイヴは何度もプレッシャーに押しつぶされ、アルコールやドラッグに溺れてしまいます。
また、1960年アルジェリア独立戦争で闘っていたフランス軍に徴兵され、ゲイであることから軍でいじめを受け、精神病院にも入院しました。

退院後は、恋人で良きビジネスパートナーであったピエールと共に「イヴ・サンローラン」を立ち上げ、「モンドリアン・ルック」「サファリ・スーツ」などで成功をおさめ、香水や化粧品なども精力的に展開、そのブランドを確固たるものにします。
イヴは「モードの帝王」と称され、女性の立場や権利に寄り添いながら、その後40年もファッション界のトップに君臨し続けました。
イヴは、初めて有色人種(ナオミ・キャンベルなど)を表紙モデルに起用するなど、ファッション界の常識を覆しました。

①Dressing is a way of life.
着こなしは生き方である。

②The most beautiful cosmetic is passion, but cosmetics are more available.
最も美しい化粧は情熱だ。しかし、化粧品の方が簡単に手に入る。

③What is important in a dress is the woman who is wearing it.
ドレスで重要なのはそれを着ている女性だ。

④A good model can advance fashion by ten years.
優れたモデルというのはファッションを10年進展させる。

⑤Finding your own style is not easy, but once found it brings complete happiness.
自分だけのスタイルを見つけるのは簡単じゃない。でも、1度見つけたら完璧な幸せをもたらすのだ。

⑥A good clothing is a passport for happiness.
1着のいい服が、幸せへのパスポートになる。

⑦I want to thank all the women who have worn my clothes, the famous and the unknown.
私は自分の服を着てくれたすべての女性に感謝したい。その女性が有名だろうが、無名だろうが。

⑧Fashions fade, style is eternal.
ファッションは消えゆくが、スタイルは永遠だ。

⑨Without elegance of the heart, there is no elegance.
心にエレガンスがなければ、エレガンスはない。

⑩We must never confuse elegance with snobbery.
「エレガンス」と「セレブ気取り」を決して混同しないように。

まとめ

人生をかけて女性の美を追求し、デザインし続けた3人のファッション業界の巨匠。
3人の手がけた服は、女性の自立や権利、生き方さえも変えるほどの影響力がありました。
その名言からは、「おしゃれとは何か?」ということをもう1度考えさせられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 留学先の選び方!

  2. Englishes(さまざまな英語)とELF(共通語としての英語)とは…

  3. 天真爛漫キャラの裏にある光と影 すみれの英語力とハワイ生活とは!

  4. ゴスペル名曲から学ぶ「キリスト教文化と英語表現」

  5. 海外で学位を取るということ

  6. その英単語あってます?知らずに使ってしまう紛らわしい和製英語

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!