fbpx

英語関連インフォ

ネイティブ英語をあやつる日本人女優たち!(河北麻友子・忽那汐里・すみれ)

英語を話せるタレントは意外に多いのですが、ネイティブと同じ感覚で
英語でコミュニケーションを取れる人はそれほど多くはいません。

特に英語を使い、ネイティブと口喧嘩したり、ディベートで打ち負かしたりする英語力は、
日本で生まれ育って、後づけで英語を身につけただ場合、
なかなか簡単にできるものではないでしょう。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

今回はそんなことも普通にできてしまうであろう英語力を持った、
ネイティブ英語をあやつる女性タレントを3名、ご紹介したいと思います。

条件は、ハーフタレントではなく、あくまでも純日本人のタレントです。

河北麻友子 (Mayuko Kawakita)

 (参照:https://talent-dictionary.com)

ここ数年、テレビや雑誌などで非常に活躍している河北麻友子さん。
1991年11月28日にアメリカのニューヨークで生まれたアメリカ国籍のネイティブです。
そのため、日本人ではないのではと思われるかもしれませんが、
河北麻友子さんのご両親はともに日本人で、高祖父は吉田松陰の教え子、
伊藤博文の後輩で、サンフランシスコ領事を務めた河北義次郎さんであるということからも、
国籍は違えど、完全に日本人といっても良いのではないかと思います。

河北麻友子さんの経歴ですが、12歳の時に、「日本で女優を目指すため」に
自ら単身で日本へ来たようです。

その理由は、第9回全日本国民的美少女コンテストのためで、
応募者約10万人の中から、なんとグランプリ賞を受賞し、芸能界の道を歩み始めます。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

14歳の時にドラマ初出演で、17歳から完全に日本に住みはじめ、
芸能活動を本格的に始めています。

21歳の時、女優だけでなく、ファッション界にもデビュー。
ファッション誌の 『ViVi』の専属モデルになります。

そして、皆さんのご存知のように、ここ数年は大活躍で、
「日本メガネベストドレッサー賞」を受賞したり、
「クリスマスジュエリープリンセス賞」や「ネイルクイーン 2016・女優部門」を
受賞しています。

また、ドラマ「白鳥麗子でございます!」で主役をやったり、
情報番組のレギュラーやCMなど、幅広く活躍中です。

<河北麻友子さんの英語力>

河北麻友子さんは生まれてから17歳まで、ニューヨーク在住でしたので、
英語力は完全にネイティブと同等です。

そのため、日本で育ち、日本で英語を学んだタレントとは一線を画します。
とはいっても、それはネイティブとしての語感のことで、
日本人同士でも日本語能力が異なるように、英語の能力が高いかというと、
高校から日本の高校で普通に日本語の授業を受けてきており、
タレント業を中心に生活してきたため、
知識レベルで高度な英語が使えるかどうかは分かりません。

週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

テレビのバラエティ番組などでは、意外に天然な発言が多い河北麻友子さん。
果たしてそれが本来の姿なのか、それともキャラクターとして演じているだけなのでしょうか。

それでも、人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』では、
堪能な英語力を使って会話する姿はさすがです。
ネイティブレベルの英語力だけでなく、コミュニケーション能力も高い
女優さんですね。

ちなみに、プロフィールに特技は英語、苦手は漢字と書いているところが
典型的なバイリンガルではないでしょうか。

NY生まれの帰国子女、河北麻友子の英語力と苦悩

スポンサーリンク

忽那汐里 (Shiori Kutsuna)

 (参照:http://www.asahi.com)

黒いロングヘアに、美人と呼ぶにふさわしい顔立ち、さらに彼女の名前の
忽那汐里(くつなしおり)という漢字は意外と読めない人もいるのではないかというほど、
日本ぽさが満開ですが、実は、彼女、1992年12月22日に、シドニーで生まれた
日系オーストラリア人3世なのです。

つまり、彼女もまた、ネイティブな英語力の持ち主なのです。

2011年に都内の4年制大学に進学したと発表されて以来、
その大学はどこかといろいろ噂されてきましたが、実際には公表されていません。

しかし、候補にあがった大学は東京大学をはじめとして有名大学ばかりなので、
美貌だけでなく、才色兼備した女優さんなのです。
(結局、芸能活動と両立できないため、2年後に中退しています。)

忽那汐里さんの経歴ですが、14歳の時に、日本で女優を目指すため、
学校の冬休みに日本を訪れ、第11回全日本国民的美少女コンテストを受けました。
河北麻衣子さんがグランプリをとった年から2年後のことです。
結果は審査員特別賞で、これを機に、翌年には、『3年B組金八先生』で女優デビューし、
日本で本格的に芸能活動を開始しました。

『Pocky(ポッキー)』のCMやドラマで活躍し、「キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞」や
「毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞」、さらには
「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞しました。
演技力も抜群な女優さんなのです。

また、国際的にも、トルコとの合作映画「海難1890」や、
ウェイン・ワン監督作品「女が眠る時」でヒロインを演じるなど、幅広く活躍し、
彼女の持ち前の英語力を活かして、ついにハリウッド映画のオーディションをも勝ち抜いて、
ジャレッド・レトー主演の映画「ジ・アウトサイダー」でハリウッドデビューも果たしています。

<忽那汐里さんの英語力>

忽那汐里さんは生まれてから14歳まで、オーストラリアのシドニー在住でしたので、
河北麻友子さん同様、完全なバイリンガルで、英語力もネイティブです。

オーストラリアでの生活のほとんどは英語で、家族との会話は日本語だったようです。

国籍は日本とオーストラリアの両国籍を所有していたのですが、
日本の国籍法にしたがって、日本国籍を選択しています。

ただ、国籍や見た目は純日本人ですが、生粋なオーストラリアのネイティブですので、
英語で困ることはなく、ハリウッド映画でも流暢な英語を披露しています。

2017年に全米公開の映画「THE OUTSIDER」のヒロインとして出演するだけでなく、
2018年に公開される映画『デッドプール』続編にも出演が決まっています。

多数の賞をつかみ取った演技力と、ネイティブレベルの英語力を生かして、
これからますます世界で活躍していくことでしょう。

是非、今後の活躍に注目していてくださいね。

忽那汐里の英語力と苦悩な日々!今やクールビューティーな国際派女優に

すみれ (Sumire)

 (参照:http://www.cosmopolitan-jp.com)

すみれさんは言わずと知れた、俳優の石田純一さんと女優の松原千明さんの娘です。

スラリとした長身に、長い黒髪、ハワイアンかと思わせるような雰囲気のあるすみれさんは、
実は7〜19歳までをハワイで過ごしていたんです。

流暢でネイティブレベルの英語をあやつるすみれさんですが、
1990年7月15日に東京で生まれた純日本人なのです。
(※海外で生まれていないという点とハーフではないという点からの表現)

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

7歳からハワイに移住し、地元の高校に通い、16歳の時、モデルデビューしました。
『mina』『25ans』などのファッション雑誌に登場し、
さらには、資生堂「TSUBAKI」のイメージキャラクターや、多くのCMにも起用されます。

週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

そして、高校卒業後は、アメリカのカーネギーメロン大学演劇学科へ進学しますが、
大学2年の終了時に休学して、女優デビューを果たします。
(在学中は芸能活動が禁止のため)

また、「Sumire」という名で歌手としてもデビューしています。

こうして、日本の番組やCMでもかなり露出が高くなったすみれさんですが、
2014年にはアメリカにも進出し、CBSの人気ドラマシリーズ『Hawaii Five-0』にゲスト出演し、
全米ドラマでもデビューします。
2017年には、アメリカ・ABCで放送のテレビドラマ『インヒューマンズ(Inhumans)』の
オーディションを勝ち取り、アクションにも挑戦。

最近では、映画『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』の聖霊サラユー役に抜擢され
、Sumire Matsubaraとしてハリウッド進出も果たしました。

また、「アジアワールドフィルムフェスティバル」において
ライジング・スター賞(新人賞)を受賞した彼女。
名実ともに日本を代表する世界的な女優への道を歩んでいます。

<すみれさんの英語力>

すみれさんの生まれは日本ですが、7歳という非常に早い時期にハワイへ移住し、
19歳までの成長著しい時期を現地で過ごしてきましたので、
英語力はほぼネイティブと言っても過言ではないでしょう。

すみれさんも帰国子女に典型的な、英語は堪能だけれど、漢字は苦手ということで、
私生活でも読めない漢字が多くて困っているとのことです。

ハワイ暮らしが長かったため、日本に戻ってきた時には
全く日本語が話せなくなってしまっていて、
言葉の壁に苦しんだ時期もあったそうです。

英語力という観点でいえば、例えば、ミュージカルなどの台詞は
日本語よりも英語のほうが得意だそうで、
日本語ではちょっと難しい言葉になるとしどろもどろになってしまうのに対して、
英語では細かいニュアンスまで理解して話すことができるというほど、
日本語より圧倒的に英語力の方が優っているすみれさんです。

天真爛漫キャラの裏にある光と影 すみれの英語力とハワイ生活とは!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「Stay hungry, Stay foolish」 スピーチに隠さ…

  2. 初めてパスポートを申請する人へ(パスポートって何?取得する方法と注意点…

  3. チャンスは2020年まで!国の支援で留学にチャレンジできる「トビタテ!…

  4. 君も日本代表だ!ワールドカップやオリンピックへ英語のサッカー用語を覚え…

  5. 偉人から学ぶ英語の名言~ネイティブ・アメリカン~

  6. ゴスペル名曲から学ぶ「キリスト教文化と英語表現」

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ