fbpx

英語関連インフォ

1週間からできる社会人におすすめの短期留学3選

日々英語学習に取り組んでいると、
「思い切って海外留学へ行ってしまった方が一気に英語力が伸びるのでは?」
という思いに駆られる人もいるのではないでしょうか。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

とは言え、長期留学するとなると休職をとれる会社はまれで、
ほとんどの場合は会社を辞めざるを得なくなります。
大きな資金も必要ですので、なかなか思い切れるものでもありません。

しかし、1週間から留学ができたらいかがでしょうか?
今回は最短で1週間からできる短期留学についてお話いたします。

 

①短期集中 スパルタ英語学習 フィリピン留学

フィリピンは東南アジアにある大小7,000以上もの島で構成された国です。
首都マニラでも留学は可能ですが、治安などの面から考えると、
おすすめはリゾート都市セブです。

フィリピンの主要言語はタガログ語ですが、小学校から英語教育を徹底していて、
ほとんどの国民が英語を流暢に話せます。

「小学校から英語の勉強って、今の日本とあまり変わらないのでは?」
と思ってしまいますが、日本と違うのはその徹底具合。

フィリピンでは国語と歴史以外の教科はすべて英語で授業を行っており、
映画も吹き替えなし+字幕なしばかり。
英語の読み・書きができないと娯楽も十分に楽しめません。

ネイティブではないけれど発音は大丈夫?と気になる人も多いと思います。
フィリピン人の多くは、自分や家族の生活のために良い就職先に就こうと必死です。
その良い就職先とは、外資系企業や外資系コールセンター、
そして英会話スクールや語学学校の英会話教師です。
英会話教師の倍率は高く、必然的に英語がただ話せるだけでなく、
クオリティの高い発音も求められます。

もともとがネイティブではありませんので、ネイティブと比較すると
多少の癖はありますが、アジア人では一番発音がきれいで、
TOEIC700程度の英語力がないとその発音の違いに気づきにくいと言われています。

そのフィリピン人講師が教える語学学校では、
1週間からできる、スパルタ英語レッスンを受講することができます
しかも、大部分がマンツーマンです。

超スパルタと言われる学校では、1日10時間=週50時間ものレッスンを
行う学校もあります。
週50時間と言えば、週1回1時間レッスンの英会話教室の
およそ1年分の授業時間です。

※フィリピン留学の詳しい内容は以下の記事をご覧ください。
「憧れの日常英会話を最短で確実に身につけるには?フィリピン留学のすすめ」

1週間で1年分の英語を勉強できれば、短期留学とは言え
英語力の伸びを確実に感じることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

②英会話教師宅ホームステイ

集中して学校に行くのもいいけれども、せっかくなのでホームステイも経験してみたい。
そんな人におすすめなのが、英会話教師宅ホームステイです。

英会話教師宅ホームステイは英語圏(主にオーストラリア、イギリス、カナダ、
ニュージーランド)のプロの資格を持つネイティブの英会話教師の自宅に
ホームステイをしながら、1日数時間(平均では3時間くらい)の
マンツーマンレッスンを受けるというものです。

レッスンの方法は様々ですが、こちらの要望を伝えれば、
ほとんどの場合それに合わせてくれます。
レッスン以外でも家族との会話やスーパーでの買い物など、
すべてが生活に基づいた英語の勉強と言えます。
海外生活を経験しながら英語の学習もできるので、まさに一石二鳥です。

フィリピンのスパルタ留学と違い、自由時間も十分ありますので、
観光やショッピングを楽しむこともできます。

フィリピン留学より費用は上がりますが、英語の勉強だけでなく、
海外生活も充実させたいという人向けの短期留学スタイルになります。

 

③ボランティア

あまり人がしない珍しい留学をしてみたいという人であれば
ボランティア留学はいかがでしょうか?

日本はボランティア後進国と言われ、ボランティアに対する意識が低いと
言われていますが、海外ではボランティアは非常に気軽に行われています。

ボランティアはオーストラリアやニュージーランドがあるオセアニア地域が
盛んに行われています。

ボランティアにはチャイルドケア(幼稚園)、老人福祉関連、動物保護ボランティア、
環境保護ボランティア、ウミガメ保護などがあります
また、カナダでは医療関連や国際映画祭でのボランティアというものもあります。

普通の海外留学では、英語を学びに来た留学生との交流は多いのですが、
意外とその国のローカルの人との関わりは多くありません。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

その点、ボランティアでは参加している人の多くが地元の人であるため、
より現地に根付いた経験ができます。

留学エージェントでボランティアのプログラムを組んでいる場合が多いので、
興味のある人は問い合わせてみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 心に響く名言集(英語と和訳) ~ブッダとキリストから人生を学ぼう~

  2. 偉人から学ぶ英語の名言~マザーテレサ~

  3. 留学にはどんな種類がある?

  4. 意外と知らない!英語と日本語のイメージや意味の違い(Part 3)

  5. ゴスペル名曲から学ぶ「キリスト教文化と英語表現」

  6. 3人のファッションデザイナーから学ぶ英語の名言:シャネル、ディオール、…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ