fbpx

英語関連インフォ

郵便やオンラインでの入力…「英語での住所の書き方」をチェック!

海外から日本に荷物を送ったり、ネット上や書類などで住所を書いたりする必要がある場合、
英語表記のルールを知っておく必要があります。

基本的な英語での宛名の書き方や実際の例、またフォーム入力時に
どの項目に何を記入すればいいのかなど、「あれ?これってどう書くの?」
という疑問に答えるべくまとめてみました。

住所を英語で書く時は「逆」に

まず覚えておくべき基本は、英語で住所を書く場合は
普段の住所とは逆の順番で書かなくてはいけないということ。

日本では
「郵便番号→都道府県→市区町村→地域名→番地→マンション名→部屋番号→名前」
というように大→小と書いていきますが、
英語で書く場合は
「名前→マンション・部屋番号→地域名・番地→市区町村→都道府県→郵便番号→国名」
と小→大にする必要があります。

ここで少し難しいのが、単純に逆から書くわけではなく、
きちんと塊ごとに順番をひっくり返すという点です。

例えば「1丁目2番地3」といった住所の場合、簡易的に「1-2-3」と書きますが、
これを英語にするからといって、「3-2-1」とは書きません。

そしてその塊をはっきりさせるのが、以下で紹介する「カンマ」です。

スポンサーリンク

英語の住所はカンマ(,)を適切に使う

決まった漢字を使った日本語の住所と違い、
英語表記にすると途端に読みにくくなりますよね。
欧米では住所のまとまりをはっきりさせるためにカンマが使用されています。

日本の住所を英語にする時もこの作業はとっても大切。
必須ではないのですが、カンマを省略したり位置を間違えたりすると
住所が適切に伝わらなくなる可能性があります。

基本的には、
建物名や部屋番号,地域名と番地,市区町村,都道府県,郵便番号,国名
というまとまりでカンマを打っていきます。

フォーム入力時に知っておきたい、日本の住所と対応する英語

一続きに宛名として書くだけならなんとなく出来る人も多いと思いますが、
意外と手間取ってしまうのがオンラインや書類などで
項目ごとに分かれたフォームに記入する場面です。

日本の住所の構成は、
•Country
•Prefecture
•City
といった英語で覚えている方も多いと思いますが、
欧米の住所の仕組みが少し違うため、
フォーム上では別の言葉で表されている事が多いんです。

欧米向けの住所入力フォームに日本の住所を記載したい時は、
•Country … 国名
•Postal code/Zip code … 郵便番号
•State/County(Countryと混同注意)/Province/Regionなど … 都道府県
•City/Town … 市区町村
•Address Line … 地域や番地など、残りの部分
とそれぞれ記入しておけばまず問題にはなりません。
(アメリカのウェブサイトで、たまに「State」の部分に2文字しか書けないように
制限している場合があります。そういった場合は無理に埋めず、
問い合わせてみるのが安心です。)

実際の住所の例

ではここで皇居の住所をお借りして、実際に英語表記にしてみましょう。

日本語で書くと、
〒100-0001
東京都千代田区千代田一番一号
徳川家康 様
です。

これを英語にすると、
Mr. Ieyasu Tokugawa
Chiyoda 1-1, Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0001, JAPAN

となります。

ルールが分かってしまえば簡単ですね。
(英語にする時は海外向けなので「JAPAN」と大きく書くのを忘れないでくださいね。)

見やすいように段をつけて、
Mr. Ieyasu Tokugawa
Chiyoda 1-1, Chiyoda-ku
Tokyo, 100-0001
JAPAN

とするとよいでしょう。

日本国内から海外に手紙を出す時ですが、
差出人と送り先の住所を書く位置には気を付けてください。

差出人を上、あて先を下に記載します

「都道府県」「市区町村」の部分の扱い方は3パターン、臨機応変に

実は上のバージョンは1例で、「千代田区」と「東京都」の扱いには3パターンあります。
「Chiyoda-ku」「Tokyo」でなくちゃいけないという決まりはないので、
臨機応変に、読みやすいものを選んでくださいね。

(1)省略する

一番シンプル、筆者も分かりにくそうな地名でない限りはこの書き方をよく使います。
特にTokyoやOsaka、Kyotoなど、よく知られている地名なら
「Tokyo-to」のように、余計なものをつけない方が簡潔で分かりやすいですよね。

(2)ローマ字で書く

日本語の住所の読みをそのままローマ字にします。
Chiyoda-kuの部分ですね。
「省略してもいいならなんで書くの?」と思われるかもしれませんが、
住所を確実に伝えたい人に根強い人気です。

基本的には「(地名)-(都道府県もしくは市区町村)」というようにハイフン(-)で繋げて書きます。
ただし北海道や永田町など、既に区分付きの呼び名が浸透している場合は
ハイフンなしの方が読みやすいかもしれません。

有名な地名なら省略したほうが読みやすいということもありますが、
似たような地名があったり、確実に届けたい場合などは書いておくと安心。

また、「千代田区千代田」「大阪府大阪市」など同じ地名が連続する場合などは、
少なくとも片方に付けておくことで「誤表記かな?」といった誤解を避けることができます。

(3)対応する英語を使う

宛名書きでは日本人の配達員に伝わらない恐れがあるので使われませんが、
一応日本の住所の用語に対応する英語は存在します。
書類や口頭などではそちらを使うこともあるので、一応覚えておきましょう。

•都道府県: Prefecture
•市: City
•区: Ward
•町: Town
•村: Village

注:都道府と県は英語では区別されない事が多いです。

Tokyo, Osaka, Kyotoはそのままで十分通じますし、
Hokkaidoはそもそも「道」が一体化して浸透しています。
わざわざHokkai-prefectureなんて言ったら逆に分かりにくくなってしまいますよね。

唯一、東京都を「Tokyo Metropolitan」と言う時もありますが、稀です。
(Metropolitanは「首都」「大都市」といった意味。)

誰のための住所表記かを考える

「英語で住所を書く」と考えると、「間違えないように書かなくちゃ」と
緊張してしまう方も多いですね。(私もそうでした。)

でも少し立ち止まって考えてみると、英語で書かれた日本の住所が
実際に何かを送ったりする用途で使われるのは日本国内においてです。
つまり、99%のケースで、住所を読むのは日本人。
こう考えると、なんだか一気にハードルが下がると思いませんか?

日本国内の住所は日本の郵便局など配達業者向けなので、
その人に間違いなく伝わればいいんです。

郵便物の宛名の場合、最悪「JAPAN」だけ大きく書いて、
あとは日本語で書いてしまっても届きます。
(ただ関税申告書など、外国人が読む必要のある書類は必ず英語で書いてくださいね。)

まとめ

英語で住所を書く際にとにかく気を付けるのは、書く順番と、書く場所。
極論を言えば住所の役割は
「その住所を使って人や物が無事に目的地までたどり着く」ことです。
迷った時は「自分はこの住所を出されて理解できるかな?」
といった視点で考えてみてくださいね。

ライター:ごまさく

スポンサーリンク


関連記事

  1. 2020年度から「大学入試共通テスト」がスタート!英語学習はどう変わる…

  2. 初めてパスポートを申請する人へ(パスポートって何?取得する方法と注意点…

  3. 子どもの習いごと上位の「英会話」~小学生からでもできるジュニア留学や親…

  4. 社会人留学で失敗しないためには?

  5. 留学費用ってどれくらいかかるの?

  6. 偉人から学ぶ英語の名言~3人のハンディ克服者(ヘレン・ケラー、ホーキン…

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!