fbpx

英語関連インフォ

留学にはどんな種類がある?

「留学」ってどのようなイメージですか?
実は、ひとくちに「留学」と言っても時期や目的によってかなり多様で、
その間に出来ること、またそれに伴う必要経費なども大きく差があります。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

ざっと留学の種類を大きく分けると以下のようになります。

1.短期留学
2.語学留学
3.高校留学
4.大学、大学院留学
5.ワーキングホリデー
6.インターンシップ

そこで今回は留学してみたいと思いながら、
どうしたらよいか分からないという人や、
長期で海外に行ってみたいという人のために、
これらの留学について説明したいと思います。

1.短期留学

まずご紹介するのは短期留学です。
この留学は1週間程度から数ヶ月間、海外の教育機関で学ぶというものです。
長所としては、短期間ですので、将来的に長期留学も考えているけれど、
まだあまりイメージができないという人がお試しで留学を
体験するのには良い機会となります。

また短期間であるが故に、時間的な調整も融通が効きます。
そのため、1年などの長期で時間をとれない社会人でも、
多少の長期休暇を利用して留学することが可能です。
何度か、異なる場所で短期留学を経験し、気に入った場所が見つかって、
本当に海外で長期留学したいと思えば、そういった決断をするのもありかもしれません。

スポンサーリンク

2.語学留学

次にご紹介するのは語学留学です。
これは名前の通り特に語学を上達させたい方に適した留学で、
期間は短期から長期まで様々です。

基本的に、現地の語学学校に入学し、総合的に語学を学びます。
もちろん語学学校ですので、高校や大学留学の準備として利用されることも多く、
TOEICやTOEFLといった英語の試験対策も充実しています。

おおむね、初心者から上級者まで何クラスかにレベル分けされており、
入学時の試験によってクラスが決定されます。
比較的、クラス設定が細かいため、それぞれのレベルにあったクラスメートと
学習することが出来、モチベーションを高く維持して学習することが可能です。

3.高校留学

高校留学は、基本的に日本の高校に在籍しながら、
一年間だけ海外の高校に留学するパターンと、
はじめから海外の高校に入学するパターンがあります。

前者は、日本の在籍している高校で、単位認定制度などを確認する必要があります。
後者は、基本的に高校受験の選択肢のひとつですが、ほとんどの場合、
親の海外赴任が理由でない限りはこの選択肢はないのが現状です。

ちなみに、アメリカで私立の高校に入学する場合は、
SSATという試験を受験する必要があります。
このSSATの偏差値をクリアできた場合に面接試験があり、合否が決定します。

高校留学のメリットは、現地の同年代と触れ合い、共に成長できるため、
将来的に長く続く強い絆が生まれたり、その地域の文化に親しむことができます。
また、海外の大学に進学する場合、その強い足がかりになるのは言うまでもありません。

高校生という多感な時期に、海外の文化にどっぷり浸かり、
自分の可能性を広げるのも非常に良いことではないでしょうか。

4.大学・大学院留学

大学・大学院留学も高校留学と同じく、在学中に留学するパターンと、
海外の大学を受験するというパターンがあります。

前者は、在籍している大学から海外の提携大学に数ヶ月から一年ほど
留学することになりますが、これは大学によって大きくプログラムが異なりますし、
提携大学も学校によって決まっていますので、
このような留学制度を利用したいと考えている人は、
日本での大学受験の際から慎重に選ぶのがベターです。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

後者では、気を付けなければならないことがあります。
それは、留学を希望する国によって大学の仕組みが異なるということです。
もちろん日本と同じように四年間で卒業する大学もありますが、
ヨーロッパなどの大学では、ほとんどの学部が三年間で卒業します。
また前者の留学制度とは異なり、一般受験という形が基本ですので、
希望大学に合格するためのTOEFLやIELTSの最低点数クリアや、
入学後にすぐにでも、授業についていくために高い英語力が要求されます。

5.ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは海外で語学を学んだり、文化を吸収したり、
社会経験を積むための留学です。
俗に言う、「ワーホリ」と呼ばれるもので、
約30年前に日本とオーストラリアの間で始まった制度です。

18歳から30歳であれば日本とワーキングホリデー協定を結んだ外国に
1~2年の滞在許可を得ることが出来、その間に就学、旅行、就労と
生活することが許されています。

元はオーストラリアから始まった提携ですが、
現在ではイギリスやドイツなどのヨーロッパ諸国、
台湾や韓国などのアジア圏の国までその選択の幅は広がり、
16カ国の提携国から行きたい国を選ぶことが出来ます。

また国によって滞在可能な期間が異なりますので、注意が必要です。
通常、留学などの学生ビザでは現地で働くことができない場合が多いのですが、
ワーキングホリデービザを取得することによって現地で働くことが出来ます。
この点はワーキングホリデーの特筆すべき点でしょう。

6.インターンシップ

最後は海外インターンシップです。
これは日本でもあるように、一般企業で研修生として実際に職業体験をするもので、
それを海外の企業で行うという形です。
もちろん海外でインターンシップをするときは、お客様もネイティブスピーカーが多く、
高い英語力を必要とします。
また、ビジネス上での立ち振る舞い方、メールや電話の対応なども
英語で学ぶことが出来るため、将来的に海外で仕事をしたいと考えている方にとっては、
大変有益なプログラムです。
このような海外でのインターンシップに参加できる方法としては、
語学学校が行っているプログラムや大学が保有している海外インターンに
参加することが一般的です。

何を目的に留学したいのか?

いかがでしたでしょうか?
留学と一括りに言っても、実は様々な形態があり、
かなり異なることが分かっていただけましたでしょうか?

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

またこのほかにも、国内の日本語禁止の語学学校に通う国内留学や、
海外の専門学校に通い、より専門的な知識や技術の修得を目指す留学もあります。

漠然と留学してみたいと考えている方は、一度「何を目的に留学したいのか」、
そこを明確にすることで、自分に合った留学の形が見つかるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 偉人から学ぶ英語の名言~マザーテレサ~

  2. 郵便やオンラインでの入力…「英語での住所の書き方」をチェック!

  3. 「社会人のあなたに」(14) ~英語プレゼンで使いたい表現・フレーズ~…

  4. 心に響く名言集(英語と和訳) ~ブッダとキリストから人生を学ぼう~

  5. 偉人から学ぶ英語の名言~人気の高い歴代アメリカ大統領(ジョージ・ワシン…

  6. 天真爛漫キャラの裏にある光と影 すみれの英語力とハワイ生活とは!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ