fbpx

英語関連インフォ

海外留学で予算を削る具体的な4つの方法

 英語力を飛躍的に伸ばすには海外に留学してしまった方が良い、
という話はよく聞きますが、留学は安い買い物ではありません。

人生の高い買い物と言われているものは「家・保険・車」ですが、
半年の留学で車1台は買えてしまいますし、
1年の長期留学であれば生活費を含めると300万以上はみないといけません。

そこで、できる限り留学の費用を抑えるためのポイントを4つにまとめてみました。

①航空券:インターネットで購入する

相談しているエージェントや町中の旅行代理店よりインターネットで購入した方が
安い場合がほとんどです。

理由としてはインターネットであれば、購入を決めている人が
自分で入力してくれるため、企業側からすると人件費がほとんどかからないからです。

店舗型の場合は都度顔を合わせて相談を受けながら購入を進めていくので、
当然人件費がかかり、その分航空券は高くなります。

保有している格安チケットの数もネット系航空会社の方が多く、
必然的に安い航空券は入手しやすくなります。

以下、参考まで格安航空会社の一例となります。

●エクスペディア
https://www.expedia.co.jp/air
●DeNA Travel
http://www.skygate.co.jp/

※注意点※
購入したら返金なしのチケットも多いので、どの様なタイプのチケットかは
購入前に必ず確認しましょう!

スポンサーリンク

②保険:ネット系の保険会社を利用する

ネット限定のプランもあり、店頭で申し込むものよりも安い場合が多いです。

以下、参考までネット系保険会社の一例となります。

●価格.com(保険比較用)
http://hoken.kakaku.com/insurance/travel/
●三井住友海上保険
http://qvou.com/kaigai-hoken/

※注意点※
安いだけで補償範囲が低い場合があります。
しっかり内容を確認したうえで加入しないと、いざという時に保険が使えず、
保険の意味がないということにもなりかねません。
特に「治療・救援費用」は風邪~難病、急病、大けが、全てを補償してくれますので
限度額が大きいものに加入することをおすすめします。

③滞在費:ホームステイの期間を短くしてシェアをする

海外では「シェア」という滞在方法がメジャーです。
日本でも最近は少しずつ耳にする様になりましたが、リビングやキッチンなどは共同、
部屋は各自の部屋があるというスタイル。
いわゆるひとつのアパートでの共同生活です。

このシェアも種類があります。

一人部屋が最も高く、二人部屋(部屋にベットが二つあり、シェアメイトと共有する)
になると滞在費は下がります。

究極に安いのはリビングシェア。
読んで字のごとく、リビングで寝泊まりする方法です。

いずれにしてもホームステイよりは安くなることがほとんどですので、
少しでも留学の費用を浮かせたい場合は、ホームステイの期間を短くして、
早々とシェアに移ってしまった方が良いでしょう。

④授業料:エージェント割引を利用する、国を変える

留学の情報をくれて手続きをしてくれる留学エージェント。
英語での大変な手配をお手伝いしてくれるので、当然金額が上がるのでは?
と思われる方も多いのですが、逆に下がる場合もあります。

まず手配無料をうたっているエージェントを探してください。
手配無料のエージェントでは、自分で学校のホームページを見て直接申し込むのと
変わらない費用で手配をしてもらえます。

なぜ手配が無料なのか。
これには仕組みがあります。
エージェントは学校から授業料の一部を紹介料としていただいています。
つまり、留学生から手数料をいただかなくても、
十分な紹介料があればビジネスが成り立つのです。

次に、自分で学校へ直接支払うよりも費用が下がるケースです。
これは学校がエージェントからたくさん紹介してもらいために
「エージェント用割引」を適用する場合です。

自分で学校へ直接問い合わせする人は、
何もしないでも申し込んでくれるお客様なので割引なしです。
しかし、エージェントを経由するだけで「エージェントから紹介された」という理由で
割引が適用されるのです。

自分で手配しても、エージェントを通して手配しても
留学で得られる英語力は一緒です。
それどころかエージェントで手配してもらえば間違いはないですし、
海外生活の注意点なども教えてくれます。
それに加えて授業料まで安くなるのであれば、言う事なしではないでしょうか?

また、思い切ってメジャーな国を捨てて、留学する国自体を変えてしまう
という方法もあります。

こちらのサイトでも紹介しているマルタ、フィジー、フィリピン留学であれば、
メジャーなアメリカ、カナダ、オーストラリアなどと比較するとかなりお安くなります。

●マルタ留学
https://base81.com/overseas-information/注目度急上昇!格安マルタ留学.html/

●フィジー留学
https://base81.com/overseas-information/オススメ!流行りのフィジー留学とは!?.html/

●フィジー留学
https://base81.com/overseas-information/オススメ!流行りのフィジー留学とは!?.html/

まとめ

人生の大きな決断となる海外留学。
大きな金額も必要になりますので失敗はしたくないですよね。

今回の記事を参考にしていただき、少しでも留学費用を削り、
充実した留学生活を送りましょうね!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 予算を抑えて海外生活!ワーキングホリデーについて詳しく知ろう!

  2. 天真爛漫キャラの裏にある光と影 すみれの英語力とハワイ生活とは!

  3. 【アメリカ】手続きしないと飛行機に乗れない!ESTAって何?申請の方法…

  4. 留学費用ってどれくらいかかるの?

  5. 英語もマスターして日本の一流大学へ進学できる!?帰国子女受験とは?

  6. 最近、英語を話す役が多い石原さとみの英語力と英会話の学習方法は?

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題