fbpx

英語関連インフォ

海外のような誕生会(パーティー:Birthday party)を経験してみたい!

子供の誕生日会、家族だけでやる分にはいいのですが、お友達を呼ぶとなると、どういう誕生日会にしようかとチョット悩みませんか?

どうせやるなら、マンネリ化した日本式ではなく、外国で行うような楽しそうなパーティー形式にしてみたい、そんな風に思ったことはありませんか?

では、実際、海外ではどのような感じの誕生日会を行っているのでしょうか。 今回はその点についてお話したいと思います。

 

パーティー会場は自宅だとは限らない!

海外では、学校のクラスの友達や近所の子を呼ぶのはもちろん、はたまたその親御さんたちまで呼んで、大規模な誕生日パーティーをすることがよくあります。

家が広い家庭はリビングや庭をフルに使い、庭には大型遊具をレンタルで設置したりと、気合いが入ったパーティーをしたりします。

自宅に大勢を呼ぶのは…と思う家庭は、マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード店や、ショッピングモールのパーティールームで行うのが一般的です。
こういったパーティー会場を使う場合には、食事やケーキ、ゲームやマジックショー、デコレーションに至るまでほとんどお店側が用意してくれますので、お金さえ払えば親の負担が軽いのが特徴です。
最近では日本でもマクドナルドやIKEAなどで誕生日会が出来るようですが、実際にやるかどうか考えると、気恥ずしさからか、なか踏み込めないという意見が多いようです。

 

スポンサーリンク

まずはテーマを決めよう!

招待状、デコレーション、紙皿、紙コップなどを選ぶ際に、テーマが決まっていると統一感が出て、参加者の記憶にも残りやすい誕生日会になります。

テーマカラーを決めるのでもよし、ミニオンズやディズニーのアナ雪など、キャラクターで決めるも良いのです。

 

出し物はどうしよう?

誕生日会をどうやって盛り上げようかという悩みは万国共通でしょう。
それでは、海外ではどのような出し物が親しまれているのでしょうか。

・Piñata(ピニャータ)

南米から広がったもので、ダンボールなどで作られたお菓子入りのモンスターを釣り下げ、叩き割るというものです。日本でも人気度が上がってきていますので知っている方も多いでしょう。
逆に、昔懐かしの日本版ピニャータである「くす玉割」を取り入れてみるのも新鮮かもしれませんね。

 

・Musical Chairs

 (参照:https://www.caracaschronicles.com)

 

英語では椅子とりゲーム“Musical Chairs” と言われているのをご存知でしたか?今も昔も変わらず人気です。
似たようなゲームで、“Freeze Dance” というものもあります。椅子を取る代わりに、音楽が止まると同時に踊りをストップするパターンです。椅子がいらないのでより簡単に楽しめそうですね。

 

・Pass the Parcel

 (参照:https://www.aplayfulpath.com)

 

「小包を回そう」ゲームです。
何重にもラッピングしたプレゼントを用意します。音楽を掛け、プレゼント交換のように順に回して行きます。音楽が止まったら回すのをストップし、包装を一枚剥がします。そして再度音楽スタートと共に隣へ回していきます。 中身に到達したら終了です。 最後に開封した人は全員にプレゼントを配ります。ですので、みんなに分配出来る小分けのお菓子などを入れておくと良いですね。

 

・Spoon Relay

 (参照:https://www.verywellfamily.com)

 

元々はEgg-and-spoon raceと呼ばれています。
組に分かれ、卵をスプーンに載せ落とさないように、ゴールまで走り次の人に渡していくゲームです。卵は落とすと汚れますので、大きめのガムやキャンディが良いでしょう。室内の場合は、歩きに変えたり、テーブルやいすを回ったりと、場所に応じてアレンジ出来ます。

 

パーティーエンターテイナーを呼んでみる?

海外のパーティーではエンターテイナーを呼んでショーをやって貰うパターンもあります

 (参照:https://polkamagician.wordpress.com)

 

マジックショー、サイエンスショー、パペットショー、バルーンアートショーなど色々ありますので、試しに日本でもどのようなサービスがあるか、インターネットでエンターテイナーを探してみてはいかがでしょうか。

ショーをプロに頼めば、子供達をうまく統率しながら盛り上げてくれますし、親御さんたちも写真や歓談の余裕があって、きっと良い誕生日パーティーになること間違いなしです。

 

メインはこれ! フード&ケーキ

海外では、サンドイッチやファーストフードのキッズミールなど、軽食がよく出されます。

ケーキなら、写真のように、Fondant Icing と呼ばれる、食べられる粘土で飾られたケーキが海外では人気です。 味は当たり外れがありますが、見た目のインパクトが大きいので、親も子供たちも大喜び! 今流行りのインスタ映えも確実です。

ちなみに、Happy Birthday to you ♪の歌のあと、ロウソクの火を吹き消すときに、周りの人が、“Make a wish (願い事して!)”と言うのをご存知でしたか!?
ロウソクを吹き消すときに、誕生日の子は心の中で願い事をするのが海外流です!

 

最後までおもてなし!お土産を渡そう

来てくれた子供たちへ、ささやかなプレゼントを準備しておきましょう
これで最後の最後まで良い思い出になって、楽しさも倍増です。
お土産は、通常、お菓子か文房具、スティッカーやタトゥーシールなど、子供たちが喜びそうな小物で十分です。
最近では、何でもそろい、結構ハイセンスなものも置いてある100均が増えていますので、そういったところでプレゼントを買って、袋に入れて渡してあげればよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。
海外の子供の誕生日会は、沢山の子供やその親御さんを呼んで盛大に行われることも多いのです。 パーティーを開く親の負担も大きいのですが、誕生日に掛けるエネルギーは、日本ではちょっと考えられない程かもしれません。

しかし、親もあれこれデコレーションを考えたり、ピニャータを作ったり、出し物を練習したりと、この機会に新しいスキルを身に付けるチャンスだと思えば楽しいものです。

昔から芸は身を助けると言いますので、+αで何か出来ると、今後、海外でも日本でも、それを活かせる場面が多いのではないでしょうか。

思い出に残る盛大な誕生日パーティーを一度は開いてみたいものですよね。

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「Stay hungry, Stay foolish」 スピーチに隠さ…

  2. アジア・アメリカで大人気の元KAT-TUN、赤西仁のクールな英語力と学…

  3. 夏休みに留学へ行こう!おすすめの国と留学前の勉強のコツ

  4. 意外と知らない!英語と日本語のイメージや意味の違い(Part2)

  5. 元気をもらいながら英語力アップ!英語の名言学習のすすめ

  6. “リトル・マーメイド”“トイ・ストーリー”“アナと雪の女王” ディズニ…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ