fbpx

英語関連インフォ

海外で学位を取るということ

ほとんどの人は、英語学習をするのには、理由があります。
その一つに留学があり、大学や大学院で学ぶということも英語を身につける大きな理由です。
それでは、「海外で学位を取る」ということにどんな意味があるでしょうか?

はじめに

海外の大学または大学院に入り、学生生活をまるでハリウッド映画のように過ごす。
憧れですね。

確かにそこには華やかな生活が待っているように思えます。
しかし、もし大学を英語圏の国で卒業することを決めたのであれば
ひとつだけ念頭に置いて欲しいことがあります。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

それは、「日本の大学は入学するまでは難しいが卒業するのは簡単。
英語圏の大学はその逆」ということ。

英語圏の大学・大学院の学生生活は日本のそれよりも努力が必要と言われています。
入学できたからと言って必ずしも卒業できる保証はありません
確かにそれは日本の大学も同じではあります。
ただ、英語園の場合はその難度が格段に高いということが言えるでしょう。

ここまで言ってしまうととても大変なことのように思えてしまうのですが、
心配することはありません。
ここでは英語圏の国で大学あるいは大学院を無事に卒業するための
必要なことをお教えします。

スポンサーリンク

英語圏の大学での授業

英語ネイティブではない学生が英語圏の大学・大学院に入学するには、
まず大学側が規定する英語能力試験にパスする必要があります。
各大学によって異なるとは思いますが、一般的にはTOEFLやIELTSを
採用しているところが多いようです。
必要な得点は、希望する大学や学部によって異なるのでここでは省きます。

しかし、ひとつだけ注意してほしいことは、たとえその英語レベルをクリアしたとしても、
実際の授業についていくにはその後それなりの努力が必要だということです。

ボーダーラインの英語力での授業は、例えるなら
「高速道路を一人だけ自転車で走るような感覚」といえるでしょう。
大学の教授たちは他のネイティブの学生たちを基準に授業を進めていくので
これは仕方のないことかもしれません。

また、文化的にも海外の大学は日本のように教授が授業を進めていくレクチャー式とは異なり、
学生達からの質問や意見が飛び交うディスカッション式の授業形式が多いので、
これもまた取り残された感覚を助長する原因のひとつかもしれません。

しかし、ここでせっかくの海外での学生生活をあきらめてはいけません。

得意分野での評価を上げる

もともとの文化の違いもあるでしょうが、我々日本人は自己主張することが
他の国々の人たちに比べてあまり得意ではない傾向にあります。

特に英語でのディスカッションとなれば口を貝のように閉ざし、
質問された事項にのみ答える方も少なくはありません。

しかし、日本人には日本人特有の得意分野があります
与えられたタスクを的確にこなすことを得意とする日本人は
概してレポートの完成度などは他の学生よりも長けている傾向があります。

授業を完璧に聴き取り、積極的に発言できればそれに越したことはありません。
しかし、それが難しいと感じたときは他で点数を稼げば良いのです。
授業での理解力が全てを決めるわけではありません。
授業で聴き取ることが難しいなら教科書を何度も読めばいいのです。
成績は授業態度を含めた総合評価で決められます。

各教科において、高い確率でレポートの提出が求められるので、
レポートの作成にはできるだけ時間をかけてその完成度を上げ
他の評価をカバーできるようにしましょう

誰にでも得意分野、不得意分野はあります。
不得意分野を得意分野でカバーするくらいの意気込みで頑張りましょう。

ネットワークを作ることの大切さ

留学生活を有意義なものにするために、他の学生との交流はとても大切です。
留学中は日本人同士ではつるまない方がいいと耳にしたこともあるかもしれませんが、
大学・大学院留学に限っては日本人同士の交流は
他の国籍の学生達以上に有益なものと言っても過言ではありません

英語そのものを伸ばすことを目標とする語学留学とはそもそものゴールが異なります。
英語力向上を目的とする語学留学では日本人とばかりつるむことは
あまりお勧めできませんが、大学・大学院留学の場合は学位を取得することがゴールです。
国籍を問わず、一人でも多くの友達を作り様々な情報交換をしましょう

言うまでもなく、多くの友達に囲まれての学生生活は素晴らしいものです。
留学生活では様々な意味で困難な場面に出くわすことがあります。
そういったときに寄り添ってくれる友達を持つことの意味は大きいのです。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

また、自分ひとりでは理解できなかった授業内容も友人やクラスメートと話し合うと
理解が深まります。
海外の大学ではスタディグループを作って定期的に独自に勉強会をしている人達も多いので、
積極的にその仲間に加わるように心がけましょう。
スタディグループで勉強することは成績アップにも、友達作りにも繋がります

学生同士のネットワークも大切ですが、できるだけ教授から近い場所に
あえて身を置くことも非常に有益です。
授業中に質問するのが難しいと感じたときは、休み時間やアポイントメントを利用して、
積極的に教授に質問などをして教授との距離を縮めましょう
もちろん、教授と仲がよくなったからと言って採点を甘くしてもらえるわけでは絶対にありません。
しかし、学期を通して自分という存在を気にはかけてもらえるでしょう。
教授も人間、頑張っている学生のことは簡単には見捨てないものです。

また、運がよければ教授の研究リサーチのアルバイトとして
雇ってもらえるチャンスに巡り合える可能性もあります。
こういったチャンスは待っていないで自らの手で掴む努力をしましょう。

まとめ

海外で大学や大学院を無事に卒業するためには、
友人と教授たちからのサポートと同時に自分で一生懸命努力していくことが大切です。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

確かに英語圏の国で学位を取得することは母国で取得するよりも大変なことではあります。
しかし、達成した暁にはその経験が自分自身の血と肉になり
今後の人生に大いに役立つことでしょう
人生の中で限られた時間の留学生活、精一杯頑張りましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のた…

  2. 郵便やオンラインでの入力…「英語での住所の書き方」をチェック!

  3. チャンスは2020年まで!国の支援で留学にチャレンジできる「トビタテ!…

  4. クリスマス前のお楽しみ!アドベントカレンダーって何? 歴史は?

  5. 心に響く名言集(英語と和訳) ~ブッダとキリストから人生を学ぼう~

  6. 初めてパスポートを申請する人へ(パスポートって何?取得する方法と注意点…

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題