fbpx

英語関連インフォ

忽那汐里の英語力と苦悩な日々!今やクールビューティーな国際派女優に

 
帰国子女女優のひとりとして有名なオーストラリア出身忽那汐里(くつな しおり)さん。ポッキーのCMで「このかわいい子は誰?」と話題になり、「家政婦のミタ」で一躍有名になりました。

中学2年生までシドニーで育ったという忽那さんはもちろん英語がペラペラです。
2018年にはすでに3本のアメリカ映画に出演し、レッドカーペットでもネイティブのインタビューに英語でとてもかっこよく受け応えしています。
今回はそんな忽那汐里さんのシドニーでの生活、日本にきた後の苦労話やエピソードをご紹介しましょう。

 

忽那汐里さんってどんな人?

【プロフィール】
・1992年12月22日生まれ
・オーストラリア、シドニー出身
・2006年、13歳で国民的美少女コンテスト審査員特別賞
・堀越高校出身(河北麻友子と同級生)
・大学中退

 
オーストラリア、シドニーで日系3世として生まれ育った忽那汐里さん。
ご両親も純日本人で、ハーフではありません。
幼少期からまるで日本に住む子供のように、ピアノなど様々な習い事をしていたそうです。
そして14歳で父親の知人の紹介で国民的美少女コンテストに出場、入賞したのがきっかけですぐに日本に移住し、芸能活動を始めることとなりました。

大学については諸説ありますが、都内の4年制大学に進学したこと、また、「写真の勉強がしたい」と語っていたので、写真学科がある大学ということで日本大学芸術学部が有力とも言われていますが、公表はされていません。
しかし、芸能活動と両立できないという理由で、2年後には中退したようです。

 

スポンサーリンク

忽那汐里さんの面白エピソード

①「行ってきまーす」の後はすべて英語

シドニーでの14年間は、完全に「家では日本語、外では英語」だったそうです。
この間に何度か日本に来たことはあるそうですが
「オーストラリアでずっと歳をとって、死ぬものと思っていた」
ということで、よもや日本に移住して仕事をするなど思っていなかったとか。

とあるバラエティー番組で、ハーフタレントのSHELLYさんと英語でこんなやりとりがあります。

SHELLY: Do you have a strong accent? (訛りとかある?)

忽那:   No, not really, only people in the countryside have a strong accent, not really people in Sydney.
(そんなにないです。田舎に住んでる人は訛りがあるけど、シドニーにいる人はそんなにないです。)

都市部のシドニーで、忽那さんは目立った訛りもないネイティブ英語を身につけました。
別のバラエティー番組で、オーストラリア出身のお笑い芸人のチャド・マレーンさんと

チャド: Where? So you’re from Sydney? (どこ?えっと、シドニーから来たの?)

忽那:  I’m from Sydney. Where’re you from? (そうです、あなたは?)

チャド: I’m from Perth. (パースだよ)

と簡単なやりとりを終えたところで、
忽那さんは「すっごい訛ってる!!」と驚いています。

確かに誰が聞いてもパース出身のチャドさんの英語は、映画などで聴き慣れた発音とは全く異なっていました。
ただ、チャドさんも「お互い訛ってるよ」と笑っていたように、忽那さんのシドニー英語もアメリカ英語からすると訛りがあるということになるでしょうね。

 

②「椎名林檎に救われた」日本でのアングラな日々

日本に来てすぐの頃は、「日本語も上手くなくて、1人で過ごすことが多かった」とか。
その時の支えとなったのが、なんと椎名林檎さんの音楽だそうです。
忽那さんは、椎名林檎さんの使う古い日本語や、ユニークな言葉の使い回し、退廃的なメロディーや歌詞に衝撃を受けたそうです。
シドニーにいた頃はもっと大衆的な洋楽を聴いていたそうで、こういった歌を聴くのは初めてだったという忽那さん。
そして椎名林檎さんの音楽からは、「周りに理解されなくても大丈夫」というメッセージを受け取り、当時の心の支えにしたそうです。

 

③金八先生で他の生徒に英語を教えていた!

日本に来た翌年、忽那さんはドラマ「3年B組金八先生」でデビューします。
このドラマで、忽那さんは普通の生徒を演じる予定でしたが、まだ日本語の発音が上手くないこと、語彙不足であることが要因で、「帰国子女役しか無理だ」と判断され、帰国子女役を演じます。

ドラマでは多くの中学生と半年間共演しましたが、忽那さんは他の生徒役の子たちに学校の英語を教えていたそうですよ。

 

④日本語上達のために「英語を封印」

2007年に金八先生でデビューしてから2011年「家政婦のミタ」に出演するまでの4年間、日本語の発音に影響が出るため、「英語をしゃべらない」ようにしたそうです。
そして、友達と遊ぶよりも日本語の本の読書を優先しました。
この努力のかいがあって、「家政婦のミタ」で長女役を演じ切り、翌年にはキネマ旬報ベストテン新人賞などを獲得しました。
やはり語学の道は一朝一夕ではならず、努力が必要なんですね。

 

⑤ハリウッド進出!日本に慣れすぎて、外国意識ができた!?

2015年頃から海外進出の兆しが出てきた忽那さん。
2018年にはついに映画「アウトサイダー」に出演し、念願のハリウッドデビューをします。
日本国籍も取得し、すでに10年以上日本で暮らしています。

(参照:https://thefifthsense.i-d.co)

 
撮影を振り返って、
「不思議なんです。英語圏で育ったはずなのに、やっぱり10年以上日本に住んで、こうやって外国で仕事をすると、『異国での撮影』という感じがするんです。また違う環境に来てるって感じがするんです」
と話しており、逆にアメリカでの撮影に慣れなかったとのこと。
それは監督の指示の仕方であったり、テイクごとの撮影の仕方であったり、様々なことに及んでいたようです。
アウトサイダーでの忽那さんは口紅も深く真っ赤な色でイメージも一新、「かわいい」から「クールビューティー」なカンロクが出てきましたよね。

 

忽那さんのこれから

「もっと自分の英語を使っていきたい」
バイリンガル女優の忽那汐里さんはそう話します。
例えばハリウッド映画でも、日本人の役を中国の役者が演じることはよくあります。
このことに対して、
「やっぱり日本人の役は日本人がいいな。オーディションを勝ち取っていけるように頑張ります。」と話す忽那さん。

英語がペラペラであることは女優・忽那汐里の大きな強みです。
持ち前の積極性と決断力で、これからも様々な役に挑戦し、活躍してもらいたいですね。
 
(トップ画像 参照:http://news.livedoor.com)
 

【関連記事】
ネイティブ英語をあやつる日本人女優たち!(河北麻友子・忽那汐里・すみれ)

スポンサーリンク


関連記事

  1. 偉人から学ぶ英語の名言~ネイティブ・アメリカン~

  2. 偉人から学ぶ英語の名言~マザーテレサ~

  3. 米国のLL.M.というプログラムを知っていますか?小室圭さんはなぜLL…

  4. 初めてパスポートを申請する人へ(パスポートって何?取得する方法と注意点…

  5. 心に響く名言集(英語と和訳) ~ブッダとキリストから人生を学ぼう~

  6. CVって? Resume(レジュメ)って? ~英文履歴書の書き方~

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ