fbpx

英語関連インフォ

女性に人気の英語の仕事

英語で仕事をしたいとは思いませんか?
英語を趣味の世界で終わらせず、
実際にその能力を仕事で活かせたら素晴らしいですね。

英語で仕事がこなせるようになるまでは、一体どのくらいの英語力が
必要になってくるのでしょうか。

一言に英語で仕事をとは言ってもその内容は千差万別。
そしてその内容によって求められる英語力は変わってきます。

今回は仕事で求められる実際の英語力とその仕事に対応するための
具体的な学習方法を現在日本国内で人気の仕事を例にとって
内容別に紹介いたします。

 

①英文事務

英文事務とはどういう仕事かご存知ですか?
仕事内容の代表的なものは、英文書類の作成、ファイリング、
英文メールのやり取りや英語での電話対応などです。
また、このような一般事務から、専門性が必要となる場合もあります。

英文事務の仕事で求められる英語力は最低ラインでTOEIC600点くらい。
しかし、企業によっては700点以上を要求している場合も多く、
高度な内容の英文を不自由なく読み書きできる能力を
求められることも少なくありません。

実際は600点程度だと苦労することのほうが多いのが現状です。
英文文書作成に関しては定型文が用意されている場合がほとんどですが、
趣旨をきちんと英語で伝える力が必要です。

英文事務の仕事をきちんとこなすための学習法としては、
普段からビジネスシーンで通用するフォーマルな英語でのやり取りが
できるように訓練することと、英文解読と記述のスピードと正確性を鍛えること。
そして一番大切なのは自分の就きたい業界の専門用語を
しっかりと頭に入れておくことです。

 

スポンサーリンク

②翻訳

次に翻訳の仕事についてお話します。
翻訳の仕事にも様々な種類があります。
実務翻訳、特許翻訳、出版翻訳、映像翻訳など、翻訳の種類によって
求められる英語力はもとより、要求されるセンスも変わってきます。

基本的な英語力の要求は最低でもTOEIC850点以上といわれ、
一般の英文事務よりも高い英語力が求められます。
また前述したように翻訳はセンスが問われます。
特に出版翻訳や映像翻訳といった小説の翻訳や映画などの字幕作成の
仕事に関してはその傾向が非常に高いといえます。

翻訳の仕事に携わるための一番の近道は、まずはとにかく英語力を養うこと。
そして、その上で、しっかりと翻訳力を養うことが必要です。

英語力と翻訳力とは別物で、必ずしも英語力が高いからといって
優れた翻訳ができるというわけではありません。
翻訳力を伸ばすための一番の近道は翻訳養成学校に通ってプロに直接習うことです。
翻訳養成学校に通うことは、翻訳力を養うことに加えて、
その後の翻訳の仕事に結びつきやすいといったメリットもあります。

翻訳学校の中には、ある一定のコース(1~3年程度)を修了後、
トライアルといったプロになるための試験を用意しているところも多くあります。
コース修了後、トライアルに合格することによりプロデビューできる
といった道も用意されているのです。
その分、費用は掛かりますが、やりたいことへの道につなげてもらえることは
非常に有難いですよね。

 

③通訳

最後は通訳の仕事についてです。
翻訳の仕事と同じように通訳の仕事も様々なシーンで出番があります。
そしてまた、通訳の種類も豊富です。
会議通訳、観光通訳、同時通訳や逐次通訳など、
通訳者の通訳レベルによって仕事内容は変わってきます。

言うまでもなく、通訳者として働くためにはバイリンガル並みの高い英語力が必要となり
一応、翻訳と同じようにTOEIC850点を最低ラインとしているところが多いようですが、
実際はTOEIC満点を持っていても、通訳者として働けるとは言えません。

現在活躍されている通訳者の多くは、通訳養成学校のコースを修了した上で
通訳のお仕事に携わっています。
このように、通訳者になるためには、専門的に通訳の勉強する必要があります。

通訳に求められる能力は、高い語学力はもとより、些細の言葉のニュアンスの違いでも
誤解を招いてしまうことが起こりうるため、時と場合に応じた観察力と対応力、
雰囲気を察する能力も求められます。
また、公の場での仕事に適した礼儀やビジネスマナー、そして会議翻訳等では
業界の専門用語の習得や制度の理解など、多くの知識を求められます。

通訳者として働くには通訳エージェントや派遣会社に登録して、
仕事を斡旋してもらうというパターンが一般的です。
通訳者として成功するには、つねに国際状況や海外の情報を頭に入れておく必要があり、
また常に勉強してゆく前向きな姿勢が求められます。

 

まとめ

今回は日本国内で人気のお仕事である英文事務、翻訳、通訳の仕事に照準を当て、
必要な英語力とその仕事に対応するための能力養成、仕事獲得の方法について
ご紹介いたしました。

どの仕事にも共通して言えるのは、たとえ最低限の英語力の設定はあったとしても、
ぎりぎりの英語力では難しいということ。
また、その状態で働くとかなり苦労し、仕事にも支障をきたす可能性があるため、
英語力はできるだけ高いに越したことはないということです。

将来的に英語に携わる仕事に就くことを考えているのであれば、
今のうちにできるだけ英語力を磨き、希望の職種に余裕をもって
挑戦できるようにしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 偉人から学ぶ英語の名言~ネイティブ・アメリカン~

  2. 英語教育が変わる「2020年英語教育改革」って?英語環境の未来と私たち…

  3. NY生まれの帰国子女、河北麻友子の英語力と苦悩

  4. Englishes(さまざまな英語)とELF(共通語としての英語)とは…

  5. 予算を抑えて海外生活!ワーキングホリデーについて詳しく知ろう!

  6. 福士蒼汰さんは帰国子女でもなく留学経験もないのに、あの英語力!その英会…

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!