fbpx

英語関連インフォ

夏の短期留学!メリットや気をつけるポイント/おすすめの留学先や英会話の準備の方法

夏の短期留学とは?

短期留学の期間としては、ビザがいらない1週間~3ヶ月未満を短期留学と呼ぶことが多いです。最短で1週間からできますので、社会人は有給休暇でも留学を経験する事ができます。
また、多くの高校や大学は夏休みに入ります。そうすると学生さんを中心に、夏休みの期間を利用して留学に行く人が増えます。夏休みは留学を経験する絶好のチャンスですが、「こんな短期間の留学で意味があるの?」と考える人がいるのも事実です。

そこで、まずは、夏休みの短期留学のメリットと気をつけるポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

夏休みの短期留学メリット

①『英語力』

短期間では英語力が身につかないと考える人が多いかもしれません。たしかに数週間で英語がペラペラになるのは不可能ですが、毎日学校で英語を学び、ホームステイ先は英語環境のみになるため、日本で勉強するのに比べると確実に効果は高くなります

また、スパルタ留学で知られるフィリピンでは、レッスンが多い学校で週50時間ものレッスンをする学校もあります。しかも、マンツーマンが大半でグループレッスンも少人数で行われます。週1回の英会話教室で言えば、たったの1ヶ月の留学で約4年分の勉強をすることになりますので、短期間とは言え、その効果は絶大です。

②『人脈が広がる』

夏の短期留学に参加するのは日本人だけではありません。世界中から留学生が訪れます。放課後にアクティビティを企画している学校がほとんどですので、それに参加することによって様々な国の留学生と交流することができます

日本からの留学生も多い時期なので、世界中・日本中に友達を作るチャンスです。
人脈ができると、フェイスブックなどのSNSで留学終了後もつながっていけますので、英語でコミュニケーションをとる機会が継続されるでしょう。
そのため、その時だけの英語力アップだけでなく、その後につながっていきます。もちろん、それだけではなく、帰国した後に、その友人の故郷に会いに行ったり、逆に会いに来てくれたりすることすらあります。一生の友達になるケースもあるので、お金には代えられない価値が生まれるかもしれません。

③『観光を楽しむ』

海外旅行であれば観光地を中心に楽しむことができますが、留学であっても週末や放課後に観光を楽しむ時間は十分にあります
英語を学びながら観光も楽しみ、英語を実戦的に使えるのは留学ならではです。

④『ホームステイファミリーとの交流』

留学と言えばホームステイとの交流を第一に挙げる人も多いのではないでしょうか。
実際、ホームステイでは夏休みに来る留学生との交流を楽しみにしているファミリーもあり、子供がいるホームステイ先は同時期に夏休みに入ることもあるため、より交流を深めるチャンスが多くなります。

ファミリーによっては、週末、教会やピクニックなどに連れて行ってくれることもあり、どこかへでかける機会はあるかもしれません。 現地の人との生の交流も留学の醍醐味と言えます。

さて、非常に楽しい夏休みの短期留学ですが、注意すべきポイントもあります。

夏休みの短期留学で気をつけるポイント

①『航空券の高騰』

この時期は年間でもピークで航空券が高い時期になります。航空券購入までの期日が短くなればなるほど、空きがなくなり、航空券はどんどん高くなっていきます。これを防ぐには、とにかく早く航空券を購入することです。夏の短期留学が決定したら、航空券は一日でも早く購入しましょう。

②『日本人同士が固まる』

日本の夏休みシーズンと海外の夏休みシーズンは微妙にずれていることもあり、この時期は通常よりも日本人留学生が増える傾向にあります

そして、周りに日本人が多いと、ついつい日本語で話せるため、日本人同士が固まってしまう傾向にあります。その様なことにならないため、できる限りアクティビティに参加して、他の国の留学生と話すきっかけを作りましょう

また、日本人同士で固まっていると、他の国の留学生も話しかけにくいのです。
こちらから積極的に話すことが大切なのはもちろんですが、話しかけてもらえるための雰囲気作りも大切です。 そのためにも、日本人同士であまり固まらない様にしましょう。

③『過剰な期待』

人によっては「留学=英語が話せる様になる」と思っている人もいますが、数週間で英語がペラペラと話せるほど、言語の学習は甘くありません

日本での英語学習に比べるとスピード感があるのは確かですが、期待のし過ぎは禁物です。
また、ホームステイに関しても、自分から話しかけなくても話してくれると思うことは避けてください。 あくまでも自分から積極的に話し、行動することが大切です。

それでは、夏休みの短期留学のメリットや気をつけるポイントがわかったところで、次に、自分に合う国の選択と留学前の英語の準備をお伝えします。

夏の短期留学におすすめの国

とにかく費用重視‼ 英語力を集中的に伸ばしたい人におすすめの国・フィリピン

ここ5~6年で日本人留学生が10倍近くに増えたと言われているのがフィリピンです。
なぜフィリピン留学は人気が高いのかと言いますと、その圧倒的なコストパフォーマンスが第一に挙げられます。
欧米やオセアニアなど人気の高い英語圏は、航空券・ホームステイ代・学校の授業料・保険なども含めると、総額で1ヶ月50~60万円はします。それに対し、フィリピンの場合一日3食付きで総額1ヶ月30万円前後で全てをまかなえます。留学費用を半分ほどまで安くできるのです。

また、圧倒的なスパルタレッスンもその魅力のひとつです。
他の英語圏では平均週20時間ほどのレッスンとなりますが、フィリピンは平均週40時間ほどのレッスン時間となります。学校によっては週50時間ほどのレッスンがある超スパルタ校と言われる学校もあります。しかもレッスンの大半がマンツーマン、もしくは少人数制授業で英語漬けの毎日を送る事ができます。

フィリピン留学のデメリットとしては、多国籍な学校が少ないこと。生徒の大半は日本人と韓国人です。また、留学=ホームステイ滞在と思っている人にとって、フィリピン留学は全寮制になっているためイメージが異なる場合があります。

とにかく費用重視で一気に英語力を伸ばしたい人にとってはおすすめの国です。

季節が逆。冬だからこそお得な留学ができる穴場‼ オーストラリア・ニュージーランド

留学で人気の国オーストラリア、ニュージーランドがあるオセアニアは南半球に位置しているため、日本の夏は、季節が逆で真冬になります。

あえてこの時期に留学すると大きなメリットが一つあります
それは航空券が比較的安いということです。夏のピークシーズンはどの国へ行っても航空券が高いのですが、季節が反対のオセアニアはオフシーズンとなるため、航空券が安く手に入るのです。加えて、ニュージーランドであれば少し山の方へ行けば、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが楽しめます。夏にウィンタースポーツもなかなか貴重な体験ですよね。

また、オーストラリア北部の都市ケアンズは熱帯雨林気候のため、年中Tシャツで過ごせます。せっかくなので暖かい気候で過ごしたいという人はおすすめの都市です。

やっぱり憧れの国でベストシーズンを楽しみたい‼ カナダ・アメリカ・イギリス

カナダ、アメリカ、イギリスの欧米圏は夏真っ盛りのベストシーズン!
日も長く、明るい時間帯が多いので、憧れの観光地をゆっくり楽しむことができます

カナダとアメリカであれば、都市によっては2ヶ国留学も可能です。例えばトロント~ニューヨークあたりだと週末移動して、1泊旅行も気軽に楽しめます。
イギリスであれば、大英博物館などは無料で見学できます。

この3ヶ国はとにかく憧れる!という人が多いです。せっかくですから年間で最も良い時期に、憧れの国で留学をしてみるというのは一生の思い出になるのではないでしょうか。

日本人の少ない国で留学したい‼ マルタ・アイルランド

留学でメジャーな国はどうしても日本人留学生が多くなります。特に夏休みシーズンになると、時期的に増えてしまいます。そこで、あえてマイナーな国に飛び込んでみるというのはどうでしょうか?
おすすめは地中海のリゾート地マルタ、そして妖精が住む国と言われているアイルランドです

マルタは海がきれいでリラックスできるイタリアの先の方にある小さな島です。スキューバーダイビングなども楽しめ、ヨーロピアンの留学生が多いです。

アイルランドはまるでおとぎ話みたいなかわいらしい独特の街並みと人懐っこいアイルランド人家庭でのホームステイも楽しめます。できる限り日本人が周りにいない環境を求める人にはおすすめの国です。

留学前の英語の準備は?

周りが英語環境でない私達は、急に英語のみの生活になると、どうしていいか分からなくなってしまいます。
せっかくの限られた夏休みの留学ですから、少しの時間も無駄にしたくありませんよね。

とは言え、日本での短い準備期間で急激に英語力を伸ばすのは至難の業です。

そこで、最低限やっておくとよいのが2つあります

1つは中学英語の総復習です。
ここに時間をかける必要はありません。海外でも会話のベースは中学英語のレベルで構成されていることが多いため、もし手に入るのであれば、中学の教科書でさらっと文法を見直しながら、音読していくことをお勧めします。 もし、CDなどから英文のネイティブ発音が聞けるのなら、それをリピーティングしたり、シャドーイングしたりして、できるだけ真似をしてみてください。

そしてもう1つは英語のリスニングとスピーキングに慣れることです。
大好きな洋画を何度も観まくって、好きな表現を抜き出して覚えていっても良いですし、とにかく音から表現や単語をできるだけインプットすることに心がけてください。 音声からインプットすることが必須です。
そして、そのインプットした音をアウトプットすることも行ってください。 一人でぶつぶつ口に出してみるのだけでもよいですし、オンライン英会話を利用して、短期集中でアウトプットの練習をするのもよいでしょう。

とにかく、この2つを最低限抑えておけば、「留学前に勉強しておけば良かった!」というような悲しい気持ちにはならなくて済みます

是非、正しい学習法で、短期間に「英会話の基礎」を身につけて、有意義な海外生活を送ってくださいね!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 偉人たちの名言~3人のノーベル平和賞受賞者(マンデラ、マララ、キング牧…

  2. おとぼけキャラ卒業!ネイティブ並みに英語がペラペラなローラに迫る

  3. 英語もマスターして日本の一流大学へ進学できる!?帰国子女受験とは?

  4. 英会話のタネに知ってると得!海外で人気の日本のアニメ10選!

  5. 偉人から学ぶ英語の名言~世界を変えたミュージシャンたち~

  6. 最近、英語を話す役が多い石原さとみの英語力と英会話の学習方法は?

PAGE TOP

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?