fbpx

英語関連インフォ

偉人から学ぶ英語の名言~マザーテレサ~

マザー・テレサは世界で最も畏敬の念を抱かせる女性の1人で、
名前を聞いたことがないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

1910年にマケドニア(旧ユーゴスラビア)で生まれ、カトリック教徒の洗礼を受けます。
3人兄弟の末っ子で、両親が信仰にあつかったと言われています。

彼女は18歳の時、故郷を離れ、アイルランドのロレート会で修道女となりました。
翌年には、インドに派遣され、カルカッタ東部にある、ロレート会の聖マリア女学院で
教師を勤めます。

全寮制のこの学校の生徒の大部分は、ヨーロッパ系の中流階級でした。
マザーは頑丈な塀の中で平穏に暮らしつつも、塀の外で生活している
たくさんの貧しい人々に目を向けずにはいられませんでした。

彼女が26歳の時、終生誓願を立て、修道名「テレサ」が与えられます。
そして、その十年後、ダージリンにある修道会へ赴く夜汽車の乗車中、
「全てを捨てて、最も貧しい人の間で働くように。」
という神の声を聞き、その後の人生を大きく変えることになりました。

ローマ法王より、修道会を出て独自の活動をすることの許可が出ると、
40歳からコルコタのスラム街に「神の愛の宣教者会」を、翌々年には、
「死を待つ人の家」(ホスピス)を設立します。

(参照:https://www.npr.org)

創立時は、かつての教え子らが活動を共にしたいと願い出、
マザーの活動の母体となりました。
その後マザーは、生涯、人種や宗教に関係なく、最も貧しい人々、病める人、
孤児に仕え続ける社会奉仕活動を行いました。

それらが評価され、彼女が69才の時、ノーベル平和賞を受賞
87才で、心臓発作で亡くなるまで、献身的に活動を続けたのです。

今回は、人生を豊かにする、愛にあふれるマザー・テレサの名言を
英語でご紹介したいと思います。

 

マザー・テレサの残した愛の名言集

① It is not how much we do, but how much love we put in the doing.
「大切なのは、どれだけ多くのことをしたかではなく、どれだけ多くの愛をこめたかです。」

 

② Love is doing small things with great love.
「愛とは、小さなことを大きな愛情を持って行うことです。」

 

③ The opposite of love is not hate, the opposite of love is ignorance.
「愛の反対は、憎しみではなく、無関心です。」

 

④ Yesterday is gone. Tomorrow has not yet come. We have only today. Let us begin.
「昨日は過ぎ去りました。明日はまだ来ていません。私たちにあるのは、今日だけです。さあ、いま始めましょう。」

 

⑤ Rather than say a dark and complaint, click on the lights you are willing.
「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。」

 

⑥ The most terrible poverty is loneliness and the feeling of being unloved.
「最もひどい貧困とは、孤独であり、愛されていないという感情なのです。」

(参照:https://hindi.news18.com)

 

⑦ In the name of the hungry, of the naked, of the crippled, of the homeless, of the blind, in their name, I accept the award.
「最も貧しい人に代わって、私はこの賞を受けます。」
(ノーベル平和賞受賞のスピーチ。実際には『飢えた人、着る服のない人、障害者、ホームレス、盲目の人』と具体的に列記しています。)

週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

⑧ Go home and love your family.
「家に帰って家族を愛しなさい。」
(ノーベル平和賞受賞時、「What can you do to promote world peace?(世界平和のために何ができますか?)」という記者の質問に対して)

 

⑨ Stay where you are. Find your own Calcutta.
「あなたはあなたがいる場所で、あなたのカルカッタを探しなさい。」

 

⑩ Peace begins with a smile.
「平和は、ほほ笑みから始まります。」

 

⑪ God does not create poverty. We do, because we do not share.
「神が貧困を創られたのではありません。私たちが創っているのです。なぜなら、分かち合うことをしないからです。」

 

⑫ Let us always meet each other with smile, for the smile is the beginning of love.
「会うときはいつも、お互いにほほ笑んで会いましょう。ほほ笑みは、愛の始まりだからです。」

 

⑬ One of the greatest diseases is to be nobody to anybody.
「最もひどい病気の1つは、誰にとっても取るに足りない人でいることです。」

(参照:https://www.telegraph.co.uk)

 

⑭ If you want a love message to be heard, it has got to be sent out. To keep a lamp burning, we have to keep putting oil in it.
「愛のメッセージが欲しいのなら、あなたからそれを伝えなければいけません。ランプの火を灯し続けるように、油を足し続けなければいけません。」

 

⑮ Being unwanted, unloved, uncared for, forgotten by everybody, I think that is a much greater hunger, a much greater poverty than the person who has nothing to eat.
「必要とされない、愛されない、大切にされない、誰からも忘れ去られる…それは、食べる物のない人よりもひどい飢えであり、貧しさです。」

 

⑯ Even the rich are hungry for love, for being cared for, for being wanted, for having someone call their own.
「お金持ちでさえ、愛に飢えています。大切にされること、必要とされること、名前呼んでもらうことを、心から欲しています。」

 

⑰ I’m a little pencil in the hand of a writing God, who is sending a love letter to the world.
「私は、神の手にある小さな鉛筆にすぎません。その神ご自身が、世界にラブレターを送り続けているのです。」

週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

⑱ I can do things you cannot, you can do things I cannot; together we can do great things.
「私にできて、あなたにできないことがあります。あなたにできて、私にできないことがあります。だから、共に力を合わせれば、素晴らしいことができます。」

 

⑲ If you are kind, people may accuse you of ulterior motives. Be kind anyway.
 If you are honest, people may cheat you. Be honest anyway.
 If you find happiness, people may be jealous. Be happy anyway.
 The good you do today may be forgotten tomorrow. Do good anyway.
 Give the world the best you have and it may never be enough.
 Give your best anyway.
「あなたが親切であれば、人は、あなたの動機を詮索するかもしれません。気にすることなく、親切でいなさい。
あなたが正直であれば、人は、あなたをだまそうとするかもしれません。気にすることなく正直でいなさい。
あなたが幸せを見つけたら、人は嫉妬するかもしれません。気にすることなく、幸せでいなさい。
今日あなたが行った善いことも、次の日には忘れられるかもしれません。気にすることなく、善いことをし続けなさい。
あなたが持っている最良のものを、世に与え続けなさい。それでは、十分でないかもしれません。
気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。」

 

スポンサーリンク

マザー・テレサの遺した愛と祈りの活動と名言

マザー・テレサが帰天した後、残っていたものは、着古したサリー、カーディガン、
サンダル、手提げ袋だけだったと言われています。
目に見えるものは、これだけでした。

しかしその後も「神の愛の宣教者」の活動は継承され、現在も世界各国から
ボランティアに集まる人が絶えません。

これらの名言からもわかるように、マザーは、目に見えないものをたくさん遺しています。
口数が少なく、必要なときにしか話さなかったと言われるマザー・テレサですが、
その言葉は、力が込められています。

「人の心を満たすものは愛」と、生涯、「最も貧しい人」に仕え続けたマザーの言葉は、
私たちの心を温かくし、ときに戒め、希望を与え続けてくれるでしょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 海外留学で予算を削る具体的な4つの方法

  2. 偉人から学ぶ英語の名言~歴史に残る3人の美女~

  3. 留学費用ってどれくらいかかるの?

  4. 海外のような誕生会(パーティー:Birthday party)を経験し…

  5. 意外と知らない!英語と日本語のイメージや意味の違い(Part2)

  6. 高校生・大学生よ、英語を学ぶ利点を知り、給付型の奨学金制度で海外留学の…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ