fbpx

英語関連インフォ

予算を抑えて海外生活!ワーキングホリデーについて詳しく知ろう!

英語力を伸ばすために長期留学という手段をとる人も多いのですが、
海外生活で英語力を伸ばす手段は長期留学だけではありません。

長期留学は集中的に語学学校へ通うため、英語力の伸びは期待できるのですが、
学費・生活費・航空券代・保険など合わせ、年間約300~400万円ほどの費用がかかります。

【広告】断然お得!国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

そこで、できる限り予算を抑えて海外生活の中で英語力を伸ばしたい、
という人に人気があるのがワーキングホリデーです。

ワーキングホリデー制度とは

外務省のホームページには以下の様に概要が記されています。

「ワーキングホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。各々の国・地域が,その文化や一般的な生活様式を理解する機会を相手国・地域の青少年に対して提供し,二国・地域間の相互理解を深めることを趣旨とします。」

外務省ホームページ ワーキングホリデー概要より
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/working_h.html

なんだかよく分かりませんね。

言い換えるとこういうことです。

「ワーキングホリデーは若者の文化交流を目的として作られた国家間のビザ制度です。
協定国同士の18歳~30歳までの人に関しては、合法的に現地で就労することができます。
就労ができるので、費用があまりなくても現地で生活をすることが可能です。」

ワーキングホリデーは1980年オーストラリアと協定したことを皮切りに、
現在では19ヶ国と協定しています。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーの魅力

ワーキングホリデーは読んで字のごとく、「ワーキング」(働く)こともできますし、
「ホリデー」(休暇)として働かないでゆっくりと滞在していても大丈夫です。

それどころか一定期間(国によっては滞在期間中は無制限)語学学校で
英語を勉強することもできる、夢の様なビザです。

滞在期間はほとんどの国が入国日から1 年と定められていますが、
イギリスは2年間の滞在が可能です。

また、オーストラリアでは滞在期間中88日(実質3ヶ月)以上、
郊外の農場(ファーム)などで就労をすれば、もう一度ワーキングホリデーを申請できます。

つまり合計2年のワーキングホリデーができるのです。

ワーキングホリデーのデメリット

現地で働いてお金を稼ぐことができ、語学学校で英語の勉強もできるワーキングホリデー。

学校で英語の勉強をして外国人の友達をたくさん作り、英語を使う仕事をしていれば、
ものすごく英語力が伸びそうですが、果たしてそんなにうまくいくのでしょうか?

ワーキングホリデーは学校で英語の勉強もでき、英語を使う仕事をすることもできます。

反面、学校は行かなくても良いですし、仕事も英語を使う仕事でなくても良いです。
というより英語がある程度話せないと、必然的に日本語の仕事になります。

しっかりと日本で英語の事前準備をして、学校で英語を勉強すると同時に
日本人以外の人脈を作り、積極的に動いて英語環境の仕事をゲットして
英語力を飛躍的に伸ばす人もいれば、日本人環境に浸かってしまう人もいます。

【広告】断然お得!国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

長期留学の場合、学校でしっかり勉強しないと国外退去の対象になりますので、
ある意味強制的に英語を勉強しなければいけませんが、
ワーキングホリデーは自由です。

その自由さがメリットでもありデメリットとも言えます。

英語を学ぶならどの国がおすすめ?

現在、ワーキングホリデーは以下19ヶ国と協定しています。

このなかでおすすめなのはオーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3ヶ国です。

ほかの英語圏ではイギリスが人気がありますが、年間1,000名と制限があり、
年に1回の抽選で1割弱しかビザがおりないと言われていて、
現実的にビザを取得するのが厳しいです。

イギリスは物価も非常に高いため、予算を抑えられるという
ワーキングホリデーのメリットが薄れるということもあります。

オーストラリア・カナダ・ニュージーランドの3ヶ国
以下の理由から海外初心者でも安心です。

・物価が比較的安い(とは言っても日本よりは高いです)
・治安が良い
・語学学校が多い
・親日家が多い
・日本人がある程度滞在している
・日本人向けの仕事が多い(英語力がなくてもできる仕事が多い)

もし国で迷っている様であれば、この3ヶ国から選ぶと安心です。

ワーキングホリデーの予算

おすすめの3ヶ国の物価はあまり差がなく、トータル費用は
約100~180万くらいを目途に準備すると良いでしょう。

この費用を高いと感じる人もいるかもしれませんが、
1年間の生活費も含めてこの予算であれば、
長期留学と比較すると格段に安いと言えます。

ワーキングホリデーで特に大きな費用は以下の通りです。

・航空券代・・・約15~20万(往復)
・保険代・・・約20~30万(1年)
・語学学校費用・・・約10~15万(1ヶ月)
・現地生活費・・・約10~15万(1ヶ月)
・ビザ申請料・・・0~約4万

ビザに関しては、ニュージーランドが申請料なし、カナダは約2万、
オーストラリアは約4万です。

ニュージーランドが断トツに安い気がしますが、国の指定病院で健康診断が必要で、
その健康診断料に約1万円かかります。

また、その指定病院が遠方の場合交通費もかかりますので、
実質カナダの申請料とあまり変わらないと思っても良いかもしれません。

まとめ

低予算で海外生活ができるワーキングホリデー。
非常に魅力的で滞在の仕方によっては英語力がグンと伸びることが期待できますが、
日本人同士で固まってしまい、何も身につけずに帰国する場合もあります。

【広告】断然お得!国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

英語力を伸ばせるかどうかは自分次第ですが、
若い今しかできないチャンスでもあります。

一気に英語力を伸ばすため、勇気をだしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


関連記事

  1. 天真爛漫キャラの裏にある光と影 すみれの英語力とハワイ生活とは!

  2. お金がなくても留学に行ける!「トビタテ!留学JAPAN」は留学費用を国…

  3. 偉人たちの名言~3人のノーベル平和賞受賞者(マンデラ、マララ、キング牧…

  4. 1週間からできる社会人におすすめの短期留学3選

  5. 心に響く名言集(英語と和訳) ~ブッダとキリストから人生を学ぼう~

  6. タレント関根麻里の卓越した英語力はどうやって身についたのか?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ