fbpx

英語関連インフォ

世界中の憧れ、イチロー選手の英語力は?

(参照:http://www.chunichi.co.jp)

世界中から愛される日本人のスーパースターは?という質問で、真っ先に思い浮かぶ一人としてイチロー選手が挙げられるのではないでしょうか。今や大リーガーとしての印象が強いイチロー選手ですが、日本で活躍した姿を覚えていらっしゃる方もいることでしょう。独特な振り子打法でヒットを量産し、数々の記録を塗り替えてきました。そして、満を持してメジャーリーグに挑戦した初年度からも、記録だけでなく、記憶に残るプレーを続け、先日、マリナーズと生涯契約を結び、「会長付特別補佐」として一旦選手としての区切りをつけたことは記憶に新しいことだと思います。

日本にいる私たちをもずっと魅了し続けてきたイチロー選手ですが、海外での活躍の裏には当然、語学の壁があったのは言うまでもないでしょう。それでは、イチロー選手の英語力とはどのようなものなのでしょうか。長い年月をアメリカで過ごし、更には日本語の通じない環境でベースボールをプレーしていたのですから、当然ながら英語が話せないわけはないでしょう。しかし、イチロー選手が英語を話している姿をほとんど見たことがないのではないでしょうか。

今回は、そのイチロー選手の英語力について、お伝えさせていただきます。

 

英語を本当に話せるの? メディアで見たことがないイチローの姿

最近は頻繁にテレビで、イチロー選手の名前が挙げられることが多いと思います。これは、先日の重大な発表により、イチロー選手がこの残りのシーズン、「選手」として活動しないということから、日本中の野球ファンが大いに注目している証拠でもあります。ところが、特集などで映像に出てくるイチロー選手はほとんど英語を話している姿がありません。海外のサッカーリーグで活躍している日本人選手も、その土地の言葉でインタビューに答えますし、羽生選手を含むフィギュアスケートの選手たちもインタビューには英語で答えます。 また、大リーグに行った野球選手でも長谷川選手のようにインタビューは全て英語で受ける人もいます。 確かにこのように、自分の言葉として英語で話す人たちを見ると、「海外に行く=英語が話せる=英語でインタビューを受ける」と勝手にイメージしてしまうのかもしれませんね。 しかしなぜか、イチロー選手は英語でインタビューを受けることをしません。 といいますか、そのような姿を見た記憶がほとんどないのではないでしょうか。それは、英語が話せないから、インタビューは日本語で受けるのでしょうか。

実はその点に関して、イチロー選手には考えがあってそうしているようです。 ちなみに、イチロー選手の英語力ですが、ある方のお墨付きがあるくらい上手いと言われています。それでは、そのお墨付きとは誰からのものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

お墨付きの高い英語力!

(参照:http://net-kousien.com)

誰のお墨付きなのかといいますと、実はイチロー選手の通訳をしている方からのお墨付きです。その通訳のお話では、イチロー選手の英語力は非常に素晴らしいとのことで、選手間や日常生活のコミュニケーションレベルであれば、英語で全く問題ないと言っています。そして、特にイチロー選手の英語力の中で秀でているのは、発音だとのことです。

イチロー選手は、もちろん、英会話学校へ通ったりする暇もなかったため、現場で生の英語から独自に身につけたそうですが、第3者からの意見では、イチロー選手はかなりナチュラルで正確な発音をしているとのことです。やはり、自分で英語を聞きとり、正確に相手に伝えられなければ、プレー中のコミュニケーションでミスが出てしまうこともあるでしょうから、海外で成功するためには、それなりの英語力が必須なのでしょう。 ちなみに、イチロー選手曰く、話すときは、ゆっくり正確に発音することを心掛けているようで、相手に自分が何を言っているのかを理解してもらえるような話し方を意識しているようです。

それでは、そのように正確で、きれいな英語を話すことができるのに、なぜ公の場では英語を話さないのでしょうか。

 

公式の場でほとんど英語を話さない理由

イチロー選手が公式の場でほとんど英語を使わない理由は、自分の発する「言葉の意味」を正確に理解してもらいたいという気持ちからのようです。 イチロー選手は自分が発する英語が、聞いている人全員に誤った情報として伝わってしまう可能性があることを危惧し、そのリスクを減らすために母語である日本語で話すようです。自分が言いたいことをできる限り正確に相手に伝えるにはどうすればよいか、聴衆が多いため影響力も大きいので、間違った解釈をできるだけ避けるためにはどうすればよいのかを考えて、公式の場では通訳を介することを決めたようです。逆にプレー中や、練習風景の中では、イチロー選手は英語で非常にナチュラルにコミュニケートしています。 イチロー選手が、決して英語を話せないわけではないのは、時々試合中に映る、他の選手と仲良さげに会話している姿をみれば一目瞭然です。 また、正直なところ、英語が全く話せなければ、これほど長くアメリカで活躍することは難しかったでしょう。

イチロー選手曰く、「インタビューを聞いている人は自分の英語を聞きたいのではなく、何を言いたいのかを聞いているはずだ。 自分のつたない英語力ではオーディエンスの要求にこたえられない可能性がある。 母語で返答することで、きちんとした自分を見せることができると考えている」とのこと。 ファンを思う心から、イチロー選手自身が考え抜いて通訳を使うべきだと決定したようです。

 

英語を勉強するうえでイチロー選手が心がけていることは?

イチロー選手が英語を勉強するうえで心がけていること、それは「繰り返し勉強をすること」だそうです。少し耳の痛い話ですね。 でも、これは彼の野球人生と重なる点があるのではないでしょうか。

イチロー選手はドラフト4位で入団し、プロ野球人生が始まりました。世間一般から大きな注目をされてスタートを切ったわけではありません。そして、彼を支えたのは入団後からのたゆまぬ努力です。 少しでも成績が伸びるように、周囲の人ができないような努力をストイックに入団当時かずっと続けています。

おそらく、英語も野球と同じように、たゆまぬ努力の結晶として得ることができたのではないでしょうか。 ご存知のように、英語力を上げるためには、単語や文法、発音など様々なスキルを向上させていかなければなりません。 ここで、イチロー選手が特に力を入れたのは「単語」でした。「単語を毎日暗記し、発音を繰り返すことでより正確な英語を話すことができる」と考えたそうです。これは、初心者の英語学習において、最も理にかなっている方法で、正確な音声を聞いて、マネができるまで何度も繰り返し練習して、単語量を着実に増やしていくことこそ、英語力が最短で向上していく方法なのです。 それを実践して私たちに示してくれているイチロー選手は、本当に素晴らしいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
私たちの知らないイチロー選手の姿があったのではないでしょうか。 メジャーリーグで大活躍してきたイチロー選手をみて、天才だから当然だと思っていたかもしれませんが、彼の成績を作ってきたのは「たゆまぬ努力」なのです。そして、彼にとっては英語もまた、同じように努力をしてきたのです。

そんな努力の人であるイチロー選手に習い、是非、根気よく英語学習に取り組んでみませんか。イチロー選手は努力の先にしか成功は無いということを理解しています。私たちも、イチロー選手のその精神と、繰り返し学ぶ英語の学習法を真似させてもらいましょう!

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 忽那汐里の英語力と苦悩な日々!今やクールビューティーな国際派女優に

  2. 福士蒼汰さんは帰国子女でもなく留学経験もないのに、あの英語力!その英会…

  3. 偉人から学ぶ英語の名言~5人のIT実業家~

  4. NY生まれの帰国子女、河北麻友子の英語力と苦悩

  5. 「社会人のあなたに」(13) ~外資系企業での社内英語プレゼン術(実践…

  6. 偉人から学ぶ英語の名言~3人のハンディ克服者(ヘレン・ケラー、ホーキン…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ