fbpx

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

毎年、街中では師走が近づくと誰もがソワソワし始め、12月に入ると一気にクリスマス一色となります。

大人たちがそうであるように、当然、子どもたちも大好きなクリスマスを今か今かと待つようになり、食卓でも「今年のクリスマスはサンタさんにラジコンをお願いするんだ~」といったような、こころあたたまる会話が始まるのもこの季節ではないでしょうか。

そして、子どもたちにとってもう一つの楽しみであるクリスマス会がぽつりぽつりと始まり、「真っ赤なお鼻の~ トナカイさんは~♪」と口ずさむ子どもたちも増えてきます。

そんなクリスマス会などで、もし、みんなで英語でクリスマスソングを歌えたら、どうでしょう。 本場のクリスマスって感じで盛り上がること必至です。

でも、英語で歌うって、そんな簡単なことではないよねと思われるかもしれません。 今回は、子供でも英語で歌える簡単なクリスマスソングを7曲ご紹介いたしますので、今年のクリスマスは是非みんなで楽しく歌ってみませんか。

★子供向けのクリスマスソング7選★

①We Wish You A Merry Christmas(おめでとうクリスマス)/イギリス民謡

【英語歌詞】
We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year
Good tidings to you wherever you are,
Good tidings for Christmas and a Happy New Year!

【日本語詞/横井弘】
おめでとうメリークリスマス
みんなでメリークリスマス
たのしくメリークリスマス おいわいしましょう
しあわせが くるように
ひざまずいて さあおいのりしましょう

レベル ★☆☆☆☆
幼児でも覚えやすい簡単な歌の1つです。
英語は何パターンかありますが、こちらの英語歌詞が1番簡単ですぐに覚えられるものだと思います。
「tiding(s)」は古い英語で、「便り、報せ」の意味です。

②Deck the hall(ひいらぎかざろう)/ウェールズ民謡

【英語歌詞】
Deck the halls with boughs of holly,
Fa la la la la, la la la la.
‘Tis the season to be jolly,
Fa la la la la, la la la la.

Don we now our gay apparel,
Fa la la, la la la, la la la.
Troll the ancient Yule tide carol,
Fa la la la la, la la la la.

【日本語詞/讃美歌】
ひいらぎ かざろう
ファラララララ ラララ
はれぎに きがえて
ファラララララ ラララ
キャロルをうたおう
ファララ ラララ ラララ
たのしい このとき
ファララ ラララ ラララ

レベル ★★☆☆☆
英語圏ではかなり定番のクリスマスソングです。
「ファララララ~」の繰り返しが多いので、あとは間の歌詞を覚えれば完璧!「deck=飾る」、「hall=広間・部屋」の意味で、晴れ着に着替えてクリスマスのためにお部屋を飾ろうという歌詞です。
ヨーロッパではひいらぎは神聖な木とされ、あのハリー・ポッターの魔法の杖もひいらぎでできているのですよ。
「’tis(ティズ)=it is」の略です。

③Silent Night(きよしこのよる)/作曲:F.グルーバー

【英語歌詞】
Silent night, holy night
All is calm, all is bright
Round you Virgin Mother and Child,
Holy Infant so tender and mild
Sleep in heavenly peace,
Sleep in heavenly peace

【日本語詞/由木康】
きよしこのよる ほしはひかり
すくいのみこは みははのむねに(まぶねのなかに)
ねむりたもう ゆめやすく

レベル ★★★☆☆
日本でもなじみが深い「きよしこのよる」です。
意外と知らない人も多いのですが、実はこの曲、イエス・キリストの生誕のシーンを歌うクリスマスキャロルなのです。
曲中の「Mother」は母マリア、「Child」はキリストを表わします。
「Round you Virgin…」のあたりからやや単語自体は少し難しくなりますが、音で覚えてしまえばいいので、そこは問題なく乗り越えられると思います。

神聖な雰囲気の歌ですし、日本語でも小学校の授業で習う伝統的な歌ですよね。
1番を日本語、2番を英語とアレンジして歌ってもかっこいいですよ。

④Joy to the world(もろびとこぞりて)/Traditional

【英語歌詞】
Joy to the world, the Lord is come!
Let earth receive her King;
Let every heart prepare Him room,
And heaven and nature sing,
And heaven and nature sing,
And heaven, and heaven, and nature sing.

【日本語詞/讃美歌】
もろびとこぞりて
むかえまつれ
ひさしく まちにし
主はきませり
主はきませり
主は 主は きませり

レベル ★★★☆☆
この歌も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

基本的には「きよしこのよる」とセットで歌われることの多い「もろびとこぞりて」という歌で、こちらも王道のクリスマスキャロルです。
難易度も「きよしこのよる」と同じくらいですが、「もろびとこぞりて」のほうがテンポが速くノリがよいため、冒頭のメロディーでパッと明るい雰囲気に切り替わるところが少しむずかしいかもしれませんね。

サビは「And heaven and nature sing」の繰り返しです。
直訳すると「天も大地もみんな歌え!」という意味です。

⑤White Christmas(ホワイト・クリスマス)/作詞・作曲 Irving Berlin

【英語歌詞】
I’m dreaming of a WHITE CHRISTMAS
Just like the Ones I used to know
Where the treetops glisten
And children listen to hear sleigh bells in the snow

I’m dreaming of a WHITE CHRISTMAS
With every Christmas card I write
“May your days be merry and bright
And may all your Christmases be white”

【日本語訳(公式に日本語詞の歌はありません)】
昔見たようなホワイト・クリスマスを今夢見てる
木のこずえがキラキラしているところで
子どもたちが雪のなかで そりの鈴の音に耳をすましている…

昔見たようなホワイト・クリスマスを今夢見てる
すべてのクリスマスカードに書いたように
「あなたの毎日が楽しく輝かしいものでありますように
これからもずっとホワイト・クリスマスになりますように」

レベル ★★★☆☆
この曲は、大人も大好きな人気曲で、世界各国の有名ミュージシャンもよく歌っていますよね。 クリスマス曲を集めた特別のCDなどでも必ず入っている定番の曲です。

単語は一見、難しく聴こえますが、スローテンポなので、音からきちんと真似して覚えれば、意外と簡単に覚えられるのが特徴です。
「glisten」の「t」は発音せず、「グリスン」と発音することに注意しましょう。
メロディーラインを覚えたら、2コーラス目はぜひハモリってみたり、ちょっとアレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

⑥Jingle Bells(ジングル・ベル)/作曲:J.ピアポント

【英語歌詞】
Dashing through the snow
In a one-horse open sleigh
O’er the fields we go
Laughing all the way
Bells on bob tail ring
Making spirit bright
What fun it is to ride and sing
A sleighing song tonight

Jingle bells, Jingle bells,
Jingle all the way!
Oh what fun it is to ride
In a one-horse open sleigh, oh!
Jingle bells, Jingle bells,
Jingle all the way!
Oh what fun it is to ride
In a one-horse open sleigh

【日本語詞/宮沢章二】
はしれソリよ 風のように
雪のなかを かるくはやく
笑い声を 雪にまけば
あかるい光の 花になるよ

ジングルベル ジングルベル
すずがなる
すずのリズムに ひかりのわが舞う
ジングルベル ジングルベル
すずがなる
もりにはやしに ひびきながら

レベル ★★★★☆
この曲も定番中の定番のクリスマスソング。

クリスマスの曲をなにか歌ってみて?と子どもたちに聞いたら、真っ先に「ジングルベル ジングルベル すずがなる~」とでてきたりするほどです。

英語としては少し早口でリエゾンなどもあって、ちょっと音をとるのが難しいかもしれませんが、ひとつひとつの音を取るのではなく、リズムでなんとなく真似をしていると、子どもたちならすぐに音を掴んでしまえます。

サビは、「Jingle bells, Jingle bells, Jingle all the way!」の繰り返しなので、最初のAメロを何度も練習し、歌えるようになったらかなり完成に近くなります。
「O’er(オアー)」とはoverという意味の前置詞です。

合間の「Oh!」は元気よく叫びましょう!

鈴やタンバリンを用意して、「シャンシャンシャンシャン」とリズムをとりながら歌うとさらにクリスマス感が増していいかもしれませんよ。

(参照:http://o-dan.net/ja/)

⑦Winter Wonderland(すてきな雪景色)/作詞:Dick Smith 作曲:Felix Bernard

【英語歌詞】
Sleigh bells ring, are you listening?
In the lane, snow is glistening,
A beautiful sight, we’re happy tonight,
Walking in a winter wonderland.
Gone away is the bluebird,
Here to stay is a new bird
He sings a love song as we go along,
Walking in a winter wonderland!

In the meadow we can build a snowman,
Then pretend that he is Parson Brown;
He’ll say “Are you married?”
We’ll say “No man!
But you can do the job when you’re in town!”
Later on we’ll conspire as we dream by the fire,
To face unafraid the plans that we made,
Walking in a winter wonderland!

【日本語詞/蓮健児】
ソリにのってゆこう
きれいな山なみも よんでいる
たのしいウィンターワンダーランド
青い鳥さえ いつもさえずり 恋の歌うたってる
楽しいウィンターワンダーランド

雪だるまを作って 愛の言葉をかき
ふたつのこころをかたくむすんでおこうよ

雪の天使も ふたりの肩に
しあわせを持ってくる
楽しいウィンターワンダーランド

レベル ★★★★☆
こちらも聴きてみると、知っている人が多い、聞き慣れたクリスマスソングです。
やや大人っぽい曲調ですが、リズミカルな歌なので、小学生くらいの子供にぴったりかもしれません。
ポイントは「In the meadow~」で転調するところの、メロディーラインをしっかり覚えることです。
あとは、歌のタイトルにもなっているサビのフレーズ「Walking in a winter wonderland」を元気よく歌えば楽しいクリスマスの雰囲気が出ますよ!

スポンサーリンク

キッズ向け おすすめ!クリスマスソング楽譜

「英語で歌える子供向けの楽譜がほしい」
「せっかくだからハモってみたい」
「練習する時間があまりないけど、英語で歌ってみたい」

子供の英語のクリスマスソングの楽譜選びで迷ったら、このみんなでうたおう クリスマスソング 二部合唱(㈱エー・ティー・エヌ出版)」をお勧めします。

今回ご紹介した7曲を含む、定番のクリスマスソング46曲が収録されており、英詞があるものはバイリンガルで掲載されています。
しかもすべて2部合唱譜なのでハモリをつけたら「簡単なアレンジだけどそれなりに聴こえる」という便利な楽譜です。
クリスマス会を開く機会があれば、ぜひ1冊持っておきたい楽譜です。

まとめ

せっかくの機会ですし、子どもには英語への抵抗がありません。 小さな頃からどんどん、英語にふれる機会を作ってみてください。特にクリスマスは気軽に英語に触れられる重要なイベントではないでしょうか。

今回の7曲は幼児から小学生のお子様向けの歌です。
赤ちゃんは舌が回らなくても、音だけを聞くだけでもいいと思います。

ぜひ、今年のクリスマスは、英語で歌にチャレンジしてみませんか?

【関連する記事】

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

「コカ・コーラがアニメの運命を変えたって知っていますか?クリスマスの名物アニメ番組「チャーリー・ブラウン・クリスマス」の秘密」
~スヌーピーの英語名言集の中より~

ムードが盛り上がる英語のクリスマスソング7選

中東にクリスマスってあるの?

クリスマス前のお楽しみ!アドベントカレンダーって何? 歴史は?

クリスマスの旅行でお勧めしたい!ヨーロッパのクリスマス・マーケット

こんなに違う!ドイツと日本のクリスマス事情

【洋楽から英語】冬が来た!必ず耳にするクリスマスソング

スポンサーリンク


関連記事

  1. 初めてパスポートを申請する人へ(パスポートって何?取得する方法と注意点…

  2. ムードが盛り上がる英語のクリスマスソング7選

  3. 意外と知らない!英語と日本語のイメージや意味の違い(Part2)

  4. 偉人から学ぶ英語の名言~3人の偉大な哲学者(ニーチェ、ルソー、ソクラテ…

  5. Queen(クイーン)の名曲から英語を学ぶ ~ボヘミアン・ラプソディほ…

  6. 世界中の憧れ、イチロー選手の英語力は?

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題