fbpx

英語関連インフォ

「Stay hungry, Stay foolish」 スピーチに隠されたスティーブ・ジョブズの人生とは?(Part 2)

 
亡くなったアップル創業者であるスティーブ・ジョブズが、2005年米スタンフォード大学の卒業式でスピーチを行い、学生や多くの人々を感動させたことはあまりにも有名な話です。
今回はこのスティーブ・ジョブズのスピーチの全文と日本語訳、さらにこの発言をするに至った背景や、ジョブズの知られざる少年時代の裏話をご紹介します。

※スティーブ・ジョブズのスピーチ全文(2005年6月12日 スタンフォード大学の卒業式にて)
-以下原文、同大リリースより-

 

(パート2) 好きなことを仕事にする

「My second story is about love and loss.
I was lucky I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees. We had just released our finest creation ―the Macintosh― a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.」

2つ目の話は愛と敗北です。
私は若い頃に大好きなことに出合えて幸運でした。共同創業者のウォズニアックとともに私の両親の家のガレージでアップルを創業したのは20歳のときでした。それから一生懸命に働き、10年後には売上高20億ドル、社員数4000人を超える会社に成長したのです。そして我々の最良の商品、マッキントッシュを発売したちょうど1年後、30歳になったときに、私は会社から解雇されたのです。自分で立ち上げた会社から、クビを言い渡されるなんて。
実は会社が成長するのにあわせ、一緒に経営できる有能な人材を外部から招いたのです。最初の1年はうまくいっていたのですが、やがてお互いの将来展望に食い違いがでてきたのです。そして最後には決定的な亀裂が生まれてしまった。そのとき、取締役会は彼に味方したのです。それで30歳のとき、私は追い出されたのです。それは周知の事実となりました。私の人生をかけて築いたものが、突然、手中から消えてしまったのです。これは本当にしんどい出来事でした。

 

【10代に出会い、悪友同士だったジョブズとウォズ】

Apple共同創業者であるウォズニアック(通称ウォズ)との出会いは、10代のときです。このときウォズは18歳、ジョブズは13歳でした。ジョブズの青年時代は、かなりやんちゃな性格だったようです。2人はボブ・ディラン、ビートルズ、ガジェット電子機器などの共通の趣味がピタリとはまり、すぐに堅い絆で結ばれました。
ウォズとの出会いことをジョブズは
「ウォズは初めて『自分より詳しい物知り』だった。彼のエレクトロニクスについての知識は尋常ではなかった」
と語っています。
優等生というより、やんちゃだったジョブズ。
実は悪友だったこの2人は、天才的なIT知識を生かし、「勝手に公衆電話に繋いでコードをクラックし、無料で長距離通話をかけられる」という、いわゆる電話回線ハッキングのキット「Blue Box」を製作します。しかもそれは世界初の「デジタル式Blue Box」でした。
開発後、ジョブズとウォズはアメリカ国務長官を装い、ローマ教皇に電話をかけるというイタズラをしたエピソードがあります。
「Blue Boxがなければ、Appleは存在しなかった」
とジョブズは言います。それは単に製品を作り上げた自信だけでなく、製品が世界に影響を与えることができると実感できたからです。
スタンフォード大学は、ジョブズの出身校ではありません。しかし、ジョブズらは奇しくもBlue Boxを開発するためにスタンフォード大学の図書館に入り浸っていたそうです。
こうして天才コンビは誕生しました。

 

【21歳でApple誕生!コンピューター・クラブから、会社設立へ】

ジョブズは21歳のとき、のち共同創業者となるウォズと地元のホームブリュー・コンピューター・クラブ(自分でコンピューターを作るようなマニアたちの自作クラブ)の集まりに積極的に参加するようになりました。
その後、ウォズと最初のホームコンピュータ、「Apple I」を販売します。Apple社も設立しました。仕事場は自宅のガレージでした。
 

「I really didn’t know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down – that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me I still loved what I did.
The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over.」

1カ月くらいはぼうぜんとしていました。私にバトンを託した先輩の起業家たちを失望させてしまったと落ち込みました。デビッド・パッカードやボブ・ノイスに会い、台無しにしてしまったことをわびました。公然たる大失敗だったので、このまま逃げ出してしまおうかとさえ思いました。しかし、ゆっくりと何か希望がわいてきたのです。自分が打ち込んできたことが、やはり大好きだったのです。
アップルでのつらい出来事があっても、この1点だけは変わらなかった。会社を追われはしましたが、もう1度挑戦しようと思えるようになったのです。

 

【Appleをクビになったジョブズが残した言葉】

1983年Appleがマッキントッシュを開発中、ジョブズが開発チームのメンバーを集めてこのような言葉を言いました。
「Why join the navy if you can be a pirate?(海軍に入るより海賊になろう)」
これは、どのような型にもはまらず、反逆者のような魂を持って挑んでほしいというジョブズの思いから出た言葉です。マッキントッシュは衝撃的なデビューを果たしましたが、翌年、ジョブズは創業者でありながら、業績不振や経営者間の対立を理由にAppleをクビになります。
ジョブズは辞表にこんな言葉を書き記し、退職していきました。
「I’m only 30 years old and I want to have a chance to continue creating things. (僕はまだ30歳。まだまだ成し遂げたいことがあるのです)」

 

「I didn’t see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life.」

そのときは気づきませんでしたが、アップルから追い出されたことは、人生でもっとも幸運な出来事だったのです。将来に対する確証は持てなくなりましたが、会社を発展させるという重圧は、もう一度挑戦者になるという身軽さにとってかわりました。アップルを離れたことで、私は人生でもっとも創造的な時期を迎えることができたのです。

 

「During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the worlds first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together.」

その後の5年間に、NeXTという会社を起業し、ピクサーも立ち上げました。そして妻になるすばらしい女性と巡り合えたのです。ピクサーは世界初のコンピューターを使ったアニメーション映画「トイ・ストーリー」を製作することになり、今では世界でもっとも成功したアニメ製作会社になりました。そして、思いがけないことに、アップルがNeXTを買収し、私はアップルに舞い戻ることになりました。いまや、NeXTで開発した技術はアップルで進むルネサンスの中核となっています。そして、ロレーンとともに最高の家族も築けたのです。

 

【青年期から学んだアーティストの精神】

ジョブズがどのような大学時代を歩んできたかは書いて来たとおりですが、若き日のジョブズはIT実業家よりも「アーティスト」のような面がありました。ジョブズは音楽も愛していました。ジョブズはアップルを追われ、数々の挫折を味わいます。
そして10年後、経営破たん寸前だったAppleに戻るとき、このような言葉を残しています。
「The greatest artists like Dylan, Picasso and Newton risked failure. And if we want to be great, we’ve got to risk it too.(失敗を覚悟で挑み続ける、それがアーティストだ。ディランやピカソは決して失敗を恐れなかった)」
ジョブズが復帰後、Appleは2001年には世界を変えたあの大ヒット商品「iPod」を発売します。まさに「点と点」。ジョブズのあらゆる経験は、線となって結ばれ、Appleの再生に大きく貢献しました。

 

「I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did.
You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do.
If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.」

アップルを追われなかったら、今の私は無かったでしょう。非常に苦い薬でしたが、私にはそういうつらい経験が必要だったのでしょう。最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられたのです。
皆さんも大好きなことを見つけてください。仕事でも恋愛でも同じです。仕事は人生の一大事です。やりがいを感じることができるただ1つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。そして偉大なことをやり抜くただ1つの道は、仕事を愛することでしょう。
好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。だから、探し続けてください。絶対に、立ち尽くしてはいけません。

 

【ジョブズと日本の意外な接点】

ジョブズは1980年代日本出張中、SONY創業者の盛田昭夫さんに
「日本の工場では、なぜ制服を着ているのか?」
と尋ねたそうです。スタイルにこだわりを持っていたSONYの制服は、有名デザイナーの三宅一生さんのデザイン。
この影響で、Appleにも制服を導入しようとしたジョブズですが、社内の猛反対にあい実現することはできませんでした。しかし、ジョブズは「自分だけの制服」を導入しました。それがジョブズのトレードマークである「黒のハイネック」です。
ジョブズもまた、三宅一生さんに制服のデザインを依頼しました。そのサンプルは100着も届いたそうです。クローゼットには山積みになった黒タートルの服があり、まさにこれがジョブズの一生分の制服・トレードマークとなりました。

(トップ画像 参照:https://forward.mykajabi.com)
 

「Stay hungry, Stay foolish」 スピーチに隠されたスティーブ・ジョブズの人生とは?

(パート1) 点と点をつなぐ(ばらばらの経験が将来何らかの形で繋がる)

(パート3) ジョブズの死生観

スポンサーリンク


関連記事

  1. 【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング7曲

  2. 意外と知らない!英語と日本語のイメージや意味の違い(Part1)

  3. アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のた…

  4. 留学費用ってどれくらいかかるの?

  5. “リトル・マーメイド”“トイ・ストーリー”“アナと雪の女王” ディズニ…

  6. 1週間からできる社会人におすすめの短期留学3選

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ