fbpx

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

TOEICが実践に役立つかどうかというのは論議が尽きないところです。
人によっては全く役に立たない、という人もいますが、実はTOEICの学習をどう活かすかによって、十分に役に立たせることができます。

今回は実際のビジネス現場でTOEICを活かすための「TOEIC勉強方法」をお伝えしたいと思います。
 

本当にTOEICは役に立たないのか?

SpeakingやWritingが必須であるTOEFLやIELTSと比較すると、TOEICはビジネスの現場において役に立たないと言われることがよくあります。
しかし、ビジネスの現場では、話すことだけではなく、メールやFAXのやりとりも多々あります。

「ビジネス=口頭での商談」というイメージが強いですが、けして話すことだけではありませんので、TOEIC=実践で役に立たないということにはなりません。

また、TOEICによって、単語にしろ、文の理解にしろ、英語の基本がある程度できている人が話せないのと、基本が分からなくて話せないのでは、全く違った次元です。

そのため、「話す」という部分では「あの人TOEIC900も持っているのにあまり話せないよね?」と陰口を叩かれたとしても、TOEICで点数すら取れない人に言われる筋合いはなく、気にする必要もありません。 「今は話せない」という事実を認め、次のステップとして「話す」というトレーニングを的確に行えば、あっという間に問題なくなるケースが多いのです。
 

スポンサーリンク

まずはTOEICを学習することから始める

TOEICは実践で役に立たないからやらないというよりも、まずはインプットの能力を数値化できるTOEICを学習することをお勧めします。

では、具体的にどの程度の点数を目指せばよいでしょうか?

当然、高ければ高い点数を取るほど良いのですが、まずは、現実的に手に届きそうなスコアを設定しないと挫折の原因になります。

そこで、もしビジネスで使うということを前提に学習するのであれば、点数と能力のイメージが以下のようだと考えてください。

600~800点・・・現場での英語を完全に聞き取り、誤りなく理解することは難しい。 また、実践で役立つスピードで英文を理解することも難しい。

800点~900点・・・「聞き取り」と「読み」に関しては、人によって多少差はあるものの、現場での経験を積むことによって、十分に役に立つ。

900点以上・・・このあたりの点数が取れれば、「聞き取り」と「読み」に関して、実践の現場でもほとんど問題はなくなる。

 
そのため、現場である程度、問題なく英語を使いたいのであれば、最低800点を目指したいところです。
 

一回で2度おいしい! TOEICハイスコアを目指しながら、ビジネススキルを上げる方法

TOEICの勉強で陥りがちなのが、つい点数追求による試験対策になってしまうことです。
問題の解法やテクニックに走ってしまい、真の英語力が身につかない傾向にあります。

もし、点数が昇進などにどうして必要であり、英語力云々ではないというのであれば600点でも800点でも、求める点数をただ目指せば良いのでしょうが、目標を「現場で実践的に使えるビジネス英語力」とし、加えてハイスコアがとれればいいと思うのであれば、少し視点を変える必要があります。

たとえば、問題集を解く際にも、実際のビジネスの場面にいるというイメージをすると良いでしょう。
その方が勉強も格段と楽しくなりますし、イメージすることで、学習自体が現場のシュミレーションになるため、TOEICの点数上昇と真の英語力の相関性が高くなるからです。
 

毎日どれくらい勉強すれば良いの?

目指す点数と現在のレベル、そしていつまでに到達する必要があるのかにもよりますので一概には言えませんが、学生であれば、一日3時間程度、社会人であれば平日で1~2時間、週末は最低3時間ほど、勉強時間を確保すると良いでしょう。

社会人は時間の確保がなかなか難しいと思いますので、朝活をしたり、通勤時の隙間時間をうまく利用したり、工夫が必要です。
 

TOEICの勉強をしながら、スピーキング力も高める方法

「TOEIC学習では、スピーキングは伸びない」というイメージが強いでしょう。

実際、スピーキングのトレーニングをするには、定期的にあなたのスピーキング力を客観的に判断してもらう必要はありますが、リスニングの学習と連動して、スピーキングを鍛えることは可能です。

TOEICを学習するために書店などで参考書を探すと、数が溢れていて、どの参考書が自分に合うか判断すら難しいかもしれませんが、リスニングの学習では、必ずCDやダウンロードなどで、音声学習ができなければ問題外です。
そこで、CD付きの参考書を選んだと仮定してお話します。

まず、CDを通常どおり、リスニングの学習のために使用してください。
そして、そのCDを使ってもうひと手間かけ、以下の様に勉強してみてください。
 

① CDを聞く。

② お手本(テキストの英文)を見ながらできるだけ真似をする。
(リピーティングやシャドーイング)

③ 暗唱する。

 
この学習は、周りに人がいる場所ではなかなかしにくいでしょうから、自宅など、独り言をつぶやいても誰も気にしないような所で試してみてください。

慣れれば、リスニング学習に加えても、それほど時間はかからなくなります。
若干、ひとつの学習量が増えますが、点数をとるだけでなく、実践で使える様になることを考えれば、このひと手間は非常に大きな価値があるでしょう。
やるとやらないでは、確実に実践レベルでの差はついていきます。
 

まとめ

上記のように、「TOEIC=役に立たない」ということはありません。
TOEICをどう学習するか、どう意識するかによって、十分、実践でも役に立つのです。

そのためには、やはり、学習する際にも、常に現場をイメージすることが大切です。
想像するだけであれば3秒もあれば誰にでもできるでしょう。
たった、それだけのことなのですが、何も考えずに勉強するのと、場面をイメージしながら勉強するのでは、実践力に雲泥の差がついていくのです。

是非、このような「ほんのひと手間」を惜しまないでください。
そして、TOEICの点数を取るのは当然として、実践力も身につけていきましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. MOOCを活用しよう!

  2. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(3) ~学習スタイルと…

  3. 英語力がぐんぐん伸びる英語日記の書き方

  4. <英文ライティング>英語らしい文章を書けるようになるには

  5. 映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法

  6. 3歳から英語を始めよう!「Go Fish!」での学び方

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題