fbpx

英語の勉強法

MOOCを活用しよう!

海外の大学に留学するのはとてもお金がかかります。
学費だけでなく生活費や渡航費など合わせると、
なかなか気軽にできるものでもありません。

また、留学するにはまとまった期間、仕事や学校を休む必要があるので、
これも留学を難しくする要因の一つです。

そこで、留学はできないけどさまざまな分野について英語で勉強してみたい
という方にお勧めしたいのがMOOCです。

MOOCを利用すればまざまな分野を研究している講師の授業が
無料で空いた時間を利用して受けられます。

 

MOOCとは?

MOOCはmassive online open courseの略で、
オンライン上で誰にでも無料で提供されている大規模な講義のことです。
アカウントを作るだけでイギリスやアメリカなどいろんな国の大学講師などから
専門分野の講義が受けられます。
基本的に受講するのは無料ですが、コースの修了書が欲しかったら有料、
一部テストや課題の部分が有料というものもあります。

 

スポンサーリンク

ただ講義の動画を見るだけではない

MOOCは講義の動画を見るだけという受講の仕方もできますが、
コースの多くは受講者が積極的に学べるように設計されています。
たとえばビデオを見た後にテストが用意されていたり、
論文を読んだ後で自分の意見を書いたりする機会があります。

MOOCの魅力は世界の有名大学などの講師の授業が受けられるということもありますが、
その他にもコースを受講する中で他の受講者と意見交換したり、
互いの課題を評価し合ったりするところにあります。
同じ分野に興味のある世界の様々な国の人たちと共に学び、
意見交換できるのでとてもいい刺激になります。

 

プラットフォームはたくさんある

MOOCを利用するためのプラットフォームはたくさんありますが、
例えばアメリカの大学講師などを中心としたコース
多く提供されているのがCourseraです。

語学・プログラミング・マーケティング・音楽・統計学などなど、
多岐にわたるコースが受けられます。

Courseraはコースの区切りごとに小テストが用意されていて、
受講した内容を理解できているか、覚えているかを確認できるようになっています。
また、論文を読んで意見をまとめるなどの課題もあります。
課題はやらなくてもコースの受講を続けることができます。
講義の動画は速度を変えることができるので急いでいるときは倍速で見ることもできるし、
速度を下げて見ることもできます。
(参照:Coursera HP)

イギリスの大学講師などを中心としたコース
多く提供されているのがFuture Learnです。

こちらもCoursera同様、さまざまなコースが選べます。
Future Learnのコースの中でも、いつか海外留学してみたいと思っている人などに
お勧めなのが、Study skills(大学などで学ぶ際に必要なスキル)に関するコースです。

イギリスの大学で学ぶために準備すべきこと、大学への願書の書き方、研究の進め方、
アカデミック英語のスキルなど多岐に渡ってコースが用意されていますから、
自分の必要だと思うものを選んで受講してみるといいですね。

Future LearnはCourseraほどテストが頻繁に用意されていませんが、
動画のダウンロードができ、講義の内容もスクリプトで見ることができます。

Future LearnもCoursera同様、講義の動画速度が変えられます。
英語にまだあまり自信がないという人は、動画の速度を落としてみたり、
後でスクリプトを確認したりするといいですね。

また、Future Learnでは無料のコース以外にも、
学位を取得できるコースもオーストラリアの大学から有料で提供されています
この学位取得コースの魅力は、プログラムごとに受講料を支払うシステムに
なっているので最初から全額払う必要がなくリスクが少ないということと、
大学の図書館がオンラインで利用できるようになるということです。
また、他のコース同様に他の受講者とのディスカッションや意見交換もあります。
(参照:Future Learn)

 

いろいろ試せる

受講料が要らないので、気軽にいろんなコースを試すことができるのは
MOOCの大きな魅力のひとつです。
面白そうだなと思うものを選んで受講してみましょう。
コース途中で、ちょっと思っていた内容と違うなとか、自分には専門的すぎて難しいな
と感じたら受講を止められます。
途中でやめることに対するペナルティなどもないので安心です。

 

MOOCをどのように利用するか

・リスニングの練習としてTEDなどと同じように利用する。
・大学留学をするために専門分野について英語で授業を受けることに慣れる。
・海外の大学の授業についていけるか試してみる。
・専門分野でよく使われる表現を覚える。
・アカデミック英語に慣れる。
・興味のあることを英語で学ぶことを楽しむ。

MOOCで提供されているコースはとても質が高く、
実際に大学で行われている授業と変わりないレベルのものが無料で受けられます。
まずは試しにアカウントを作ってみてください。
そして自分の興味のある分野を検索して、気になったものを受講してみましょう。

プラットフォームによって学習スタイルがことなりますから、
いろいろ試してみて自分に合ったものを探してみてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 4倍早く英語力を習得!? 英語レッスン法「カランメソッド」とは?

  2. 英語の見方が変わる秘密の鍵【コラム(10)】

  3. TOEIC600点への最短・最楽学習法【コラム(9)】

  4. 苦手な英語の「ライティング」にメスを入れよう!ライティング力をアップさ…

  5. 中学英語で英会話は十分にできる【コラム(8)】

  6. 英語超初心者が独学で英会話ができるようになる勉強法とは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ