fbpx

英語の勉強法

4倍早く英語力を習得!? 英語レッスン法「カランメソッド」とは?

日々英語を勉強していても、上達が伸び悩むと
「どうにかして早く英語力を身につける方法はないものか?」
と思ってしまいます。

もし今の英語力を倍以上のスピードで伸ばせる勉強法があれば、
ぜひ試してみたいですよね。

【広告】週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

今回はそんな可能性に満ちたイギリス生まれの英語勉強法
「カランメソッド」について紹介します。

 

「カランメソッド」って何?

カランメソッドは今から60年近く前の1960年に
イギリスのロビン・カランという英会話教師によって生み出された英語教授法です。

カランは当時英語を教えながら、英会話力をつけるには
レスポンス(反応)を高めることが重要だ、と考え始めました。

思い立ってすぐにカランは行動を起こしました。
生徒に質問のシャワーを浴びせ、
即回答させるという独特なレッスンを始めたのです。

カランの英語教授法は驚くほど効果があり、世界400校以上の語学学校で
スピーキング力をつける英語教授法として採用されました。

 

スポンサーリンク

カランメソッドの実績とは?

こちらのサイトでも紹介している「ケンブリッジ英検」は、
ヨーロッパを中心に権威がある永久資格の英語検定ですが、
そのケンブリッジ英検の平均勉強時間を4分の1にしたという実績があります。

・永久資格の英語検定 ケンブリッジ英検とは?

永久資格の英語検定 ケンブリッジ英検とは?

ケンブリッジ英検は英語検定でも最難関と言われ、
合格するためのレッスン時間は平均約350時間。

しかし、カランメソッドで勉強した学生の平均レッスン時間は約80時間でした。

つまり約4倍以上早く英語学習ができたことになります。

 

日本人でも通用するの?

カランメソッドの効果を実証するために明治大学で約20人の学生を対象に
80時間のカランメソッドを受講してもらったところ、TOEICで平均110点、
最も効果があった生徒では250点スコアが上がったそうです。

ケンブリッジ英検の実績はヨーロピアンを対象に行ったものなので、
日本人を対象にすると4倍とまではいかないまでも、
通常の英語学習法と比較しても相当の効果が期待できそうです。

 

カランメソッドの具体的な学習法

カランメソッドは反応速度を高めることを徹底的に追及します。
そのためレッスンスピードもとにかく早い。

基本的に先生は同じ質問を2度繰り返します。
生徒はそれに瞬時に答えなけばなりません。

例えば、
Do you like sports?
と聞かれた場合、
Yes, I do.
と答えるのではなく、
Yes, I like soccer very much.
とワンセンテンスで必ず答えるというルールがあります。

一見簡単そうに感じるかもしれませんが、これが意外と難しいのです。

なぜかというと質問されたと同時くらいに早く、
瞬時に答えなければいけないからです。

もし、「Ahh, Uhh」とつまってしまった場合は、先生がすぐ答えを言い、
「もう一度やりましょう!」とできるまで何度でも質問は繰り返されます。

すぐに答えなければいけないため、頭の中で「英語⇒日本語」へ
変換する時間はありません。
いやでも「英語⇒英語」という反応をしなければならないのです。

【広告】週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

英語に対して常に英語で考える癖がつき、いやでも英語脳になります。

 

カランメソッドの弱点とは?

瞬時に英語で答える力がつけば、魔法の様に英語力がつきそうです。
実際にデータでも短時間で英語力が身につくことが実証されています。

しかし、この勉強法はとにかく脳が疲れます

慣れないうちは40分くらいのレッスンでも終わった後の疲労感たるや、
かなりのものがあります。

短時間で覚える分、短時間でものすごく疲れる
ハードなレッスン法とも言えます。

このハードな世界へ踏み込めるか?

その覚悟が必要なため、挫折する人がいるのも事実です。

 

カランメソッドはどこで受講できるの?

カランメソッドはオンライン英会話スクールがメインとなっています。

具体的には以下のオンライン英会話スクールがあります。

・イングリッシュベル
http://dme-method.com/

・Ays English
http://www.ays-e.com/

・e英会話
http://eeikaiwa.com/campaign/

 

思い切って海外留学してみるのもあり

カランメソッドはスパルタ格安留学で有名な
フィリピンやオーストラリアの一部の語学学校で採用されています。
カランメソッド発祥の地イギリスでも、
もちろんカランメソッドで受講できる語学学校は多いです。

とは言え、まだまだそれをメインとしている学校は少ないので、
一度オンライン英会話スクールで試してみて、自分の肌に合う様であれば
カランメソッドを専門としている語学学校へ留学してみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

独特なレッスン方法で確固たる実績もあるカランメソッド。
しかし、やれば誰でも伸びるという魔法ではなく、瞬発力が試されます。
普段の勉強を長距離マラソンとするならば、
カランメソッドは短距離走と言えるかもしれません。

とにかく短期間に覚悟を決めて英語力を伸ばしたい!という人には
うってつけのレッスン法ですので、一度試してみることをおすすめいたします。

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 3歳から英語を始めよう!「Go Fish!」での学び方

  2. 多読を楽しもう!

  3. 大学留学を成功させるための英語力とは リーディング編(2)

  4. TOEICで「突破」を引き起こす2つのポイント

  5. 大学留学を成功させるための英語力とは 語彙編

  6. “気まま”に英会話を楽しみ最大の効果を上げる

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ