fbpx

英語の勉強法

3歳から英語を始めよう!「Go Fish!」での学び方

今回は、3歳から英語を使って楽しんで遊べる、
「Go Fish!」というカードゲームをご紹介します。

とはいえ、3歳の幼児は、日本語さえまだ十分にしゃべることができません。
日本という環境で、3歳児に英語を無理やり教えようとしても、
「えいごってなに?」
と、ポカンとなることでしょう…。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

そこで、「Go Fish!」で遊び始める前に、
是非やってもらいたいことがあるのです。

 

3歳からでも学べます! でもその前に…

まずは、英語に興味を持たせることが重要です。

そのためにおすすめなのは、
「英語を実際に話す人(=外国人)」を現実に見せたり、会わせたりすることです。

レストランの店員さんでも、ワークショップでも、コンサートでも、
その機会は何でもいいです。

こうすることで、「日本語ではなく、英語という全く違った言葉を話す人間が
この世にはいるらしい」ということを、現実として理解することができます。

そこから、「日本語とは違った言語」の存在を知り、
「英語を話したら、そんな人たちとおしゃべりができるらしい!」
ということを認識します。

幼児に英語を教えるときに、「これを覚えて何になるの?」
ということは、大きな問題です。
実際に「英語を話す人」の存在を見せ、
「英語を話せたら、たくさんの人とおしゃべりできるんだ!」
と動機づけることが、はじめの1歩です。

 

スポンサーリンク

楽しく遊ぼう!カードゲーム「Go Fish!」

(参照:https://www.amazon.co.jp)

アメリカなどのネイティブの子供が遊ぶ「Go Fish!」という、カードゲームがあります。
昔からある伝統的なカードゲームで、トランプのような形をしています。
日本でもAmazonや楽天で購入することができます。

カードは全部で52枚あります。
アルファベットのA~Zまで大文字26文字、さらにa~zまで小文字26文字です。

「Go Fish!」の特徴は、カードごとに、その文字から始まる動物の絵が描かれています。
そして、大文字と小文字がセットで、「同じ種類の動物の親子」の絵が描かれています

例えば
Aのカードには「ALLIGATOR」という文字と、「ワニの親」の絵が描かれています。
aのカードには「alligator」という文字と、「ワニの赤ちゃん」の絵が描かれています。

Hのカードには「HORSE」という文字と、「馬の親」の絵が描かれています。
hのカードには「horse」という文字と、「馬の赤ちゃん」の絵が描かれています。

 (参照:https://www.amazon.co.jp)

「Go Fish!」には、何種類かバリエーションがありますが、
最初は、ワニやライオンといったオーソドックスな動物の描かれたカードをお勧めします。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

動物は、子供が日本語を習得していく過程で、1~2才というとても早い時期に興味を持ち、
たくさんの名前を覚えていきます。
「Go Fish!」も、日本語ですでに覚えている、親しみやすい動物のカードをお勧めします。

 

「Go Fish!」の遊び方

「Go Fish!」は、簡単に言うと、「当てっこゲーム」です。
2人以上で遊びます。

 

①トランプをよくきり、1人につき5枚配ります。

配り終えて余ったカードは、真ん中にドンと置きます。
3歳の子供には、1人でやらせるのではなく、ママやパパと一緒に
チームでやるといいですよ。

 

②5枚のカードが配られたら、それを自分だけが見て、
ババ抜きのように手で持ちます。相手に見せてはいけません。

「Aとa」「Bとb」のように、大文字小文字のペアがあれば、ラッキーです!
それらを抜き取り、脇に置いておきます。
「Go Fish!」は、このように大文字と小文字のペアをどんどん作り、
その数が最終的に多かった人が勝ちます。

 

③じゃんけんをし、順番を決めます。

 

④勝った人から始めます。勝った人は、
自分のカードから好きなカードを1枚選んで、相手に見せます。

ここでは、大文字の「D」のカード、「DUCK」を選んだとします。
「Do you have 「DUCK」?」
と言いながら、相手にカードを見せ、尋ねます。
3人以上で遊ぶときは、1人を選んでその人に見せます。

「ダック」などと、まだ動物の名前を発音できない場合は、
「Big D(ビッグ ディー)」「Little d(リトル ディー)」などと、頭文字を言うだけでOKです。
ネイティブの子供たちも、同じように遊んでいます。

 

⑤カードを見せられた相手は、自分のカードに、
小文字の「d(duck)」のカードがあるかをチェックします。

あれば、「当てられてしまった!」ということです。
「Yes.」
といって、尋ねた人にカードを渡します。
(もう少し年齢が大きくなれば、相手にカードを渡すとき、
「Yes, I do.」「I have duck.」「Here you are.」と徐々に後に続く文章を伸ばしていきます。)

そして、見事相手のカードを当てることができた人は、「Thank you.」とカードをもらい、
また、「DUCK」と「duck」のペアを自分の脇に置いておきます。

 

⑥相手が「duck」のカードを持っていなかった場合は、
相手は「No. Go Fish!」と言います。

(このときも「No, I don’t.」「I don’t have duck. Go Fish!」と、
徐々に後に続く作る文章を伸ばす練習をします。)

はずれてしまった尋ねたほうは、真ん中に置かれたカードから1枚取らなければいけません。
はずれを繰り返すと、どんどんカードが増えていきます。
もし、ひいたカードが偶然「duck」だったら、ラッキーです。
これらのペア2枚を、また、脇に置いておくことができます。

大人と一緒にやる場合は、大人は後に続く文章を正確に言いましょう。
子供はまだ話せなくても、大人の話す英語を耳でよく聞いています。
無理に教えようとしなくても、徐々に「I have~」や、「Do you have~?」の使い方を
覚えていきますよ。

 

⑦次の順番の人が、同じように自分のカードを相手に見せ、「Do you have~?」
そして、「Yes.」または「No, Go Fish!」を繰り返していきます。

 

⑧誰かの手持ちのカードがすべてなくなったら、
または、真ん中に置いた残りのカードがなくなったら、ゲーム終了です。

脇に置いていたペアのカードを数えます。最もペアの多い人が勝ちです!
数えるときも
「One, two, three, four…」
と、英語で数えましょう。

 

「Go Fish!」で学べる英語とは?

「Go Fish!」は、英語のアルファベットや単語がわからなくても、
動物のイラストで「合っている」か「合っていない」かを、3歳でも判別することができます。
徐々に、動物の名前の発音や、大文字、小文字の発音や合致を、遊びながら覚えられます

また、「Go Fish!」のカードがない場合は、トランプでも代用できます。
「Do you have ten?」
などと、質問を「数」に代え、同じように遊ぶことができますよ。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

「Go Fish!」で遊ぶときは、積極的に大人も英語を使い、
「一緒に学ぶ」というという姿勢が大切です。
3歳の子供にとって、ママやパパは、最も身近な「人間のモデル」です。
ママやパパが英語を積極的に話す様子を見て、
自然と「自分も英語を話そう」という気持ちがわいてきますよ。

「Go Fish!」で、楽しみながら、英語に親しみましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語でなぞなぞ遊び! 楽しく英語力をレベルアップ

  2. 渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

  3. 中学英語から始めよう!効果的に英話を話せるようになる方法!

  4. 英語を忘れないように定着させる3つの方法

  5. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(6) ~英語スクール活…

  6. TED TALKSの人気の理由と学習方法!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ