fbpx

英語の勉強法

間違いだらけの英会話学習法 ~初心者が英会話を短期間で身につける秘訣は?~

英語学習のブームというのでしょうか、昨今の観光客増加に伴うインバウンドの対策や、2020年の東京オリンピック開催に向けて、なんとか意思疎通できる英会話力を身につけたいと思っている人も多いことでしょう。
早速、書店に足を運んで、テキストでも買おうと、英語コーナーを見てみると、棚いっぱいに数えきれないほどの書籍が溢れています。
どれを選べばよいのか全く見当もつかず、とりあえず、人気とか売れているという教材を手にしてみるものの、なかなか思ったように身につかず、結局いつものようにやめてしまう、そんな経験はありませんか?

実は、英会話の初心者にとって、楽しさを感じたり、学習のモチベーションを維持するためには、短期間である程度の英会話力を身につけることが非常に重要なのですが、そういったことを理解して書籍はつくられていないため、なかなか成果もあがらず、飽きてしまうのが現状です。 それでは、どのようにすれば、初心者でも英会話を短期間で身につけられるか、その秘訣をお教えしたいと思います。

文法学習は必要?

あなたは、日本語を覚えた時に、文法を意識して学びましたか?
文法をしっかり覚えたので、日本語がペラペラ話せるようになったのですか?

違いますよね。

文法をきちんと学習したから日本語が話せるようになったという人はどのくらいいるでしょうか。 考えてみてください。 日本語を話す時に、「主語から始まって、最後に動詞があって…」などと、考えながら話しますか? 話しませんよね。

そうはいっても、赤ちゃんや幼児の学習じゃないんだし、大人になってから他言語を学ぶ時は文法を知らないと無理だろうと思う人が大半だと思います。

しかし、最新の言語学の研究によると、「英会話ができるようになるため」には、執拗に文法を学ぶ必要はないのです。 むしろ、文法をごちゃごちゃと頭の中で考えることは、会話においてはマイナスに働くのです。

Heは三人称だから、動詞のあとにはSが付くとか、時制を一致させないといけないとか…。
頭の中であーでもない、こーでもないとぐるぐる考えてしまい、結局、口からなかなか言葉が出てきません。

しかし、そんな思考も慣れてしまえば、文法は自然と使えるようになって、スラスラと話せるようになると反論する人もいますが、実は、そういう人に限って、たいてい、自分の会得している限定的な文法の範囲内で、勝手に文章を作り、文法は間違っていないから通じるはずだと「話している風」になっているのです。しかし、実際は、ネイティブ(英語が母国語の人)からしてみれば、その人が何を話しているかトンチンカンだったり、全く奇妙な表現を使っていると感じたりすることは良くあります。

例えば外国人が、
「私はあなたと友達関係を築きたいです。」と言ったとします。
文法的には全く間違っていませんが、日本人にとっては少し奇妙ですよね。

「私はあなたと友達になりたいです!」

こちらのほうがナチュラルですし、むしろ主語を抜かして
「あなたと友達になりたいです!」と呼びかける方が自然な表現だったりします。

つまり、会話においては頭でいろいろと文法を考えれば考えるほど、ナチュラルな表現から離れていきがちなのです。
あれでもない、これでもない、間違ったらどうしようと思うと、会話の反応自体も遅くなってしまいます。

会話は瞬時の言葉のキャッチボールですから、リズムが大切です。

適切な表現をそのまま覚えていき、表現が増えることで、自然と会話の法則を身につけていき、応用が効くようになっていく、これが外国語で会話できるようになっていく王道プロセスなのです。

スポンサーリンク

まずはシンプルな英語を覚えるのが近道!

話すことに関して、「ネイティブのように話したい」という人が多いのですが、「ネイティブのよう」ってはたしてどのような状態を言っているのでしょうか?

ペラペラと息つぐ暇もないほどに、長い文が口から出て行く、そんなイメージがネイティブのようなのでしょうか。

確かに、会議やプレゼンテーションなどで何かを説明する時には長い文で説明するかもしれません。 しかし、それは会話ではなく、説明(スピーチ)なのです。
説明とは前もって下調べができる時がほとんどであり、話す内容の原稿すら作ることが可能で、練習する時間もあります。

しかし、会話はそんな余裕はありません。

会話とは「瞬時の言葉のキャッチボール」ですから、長い文よりも、短い文で、次々とコミュニケーションをとっていくべきものなのです。
短い文でキャッチボールを続けていくことで、お互いの言いたいことを少しずつ深く理解していくことができるのです。

では、日本語で考えてみましょう。

「明日の午後13時の会議は、第5ビルの34階のミーティングルームで行いますので、開始時間の10分前には着席し、配布されている資料に目を通しておいてください。」

こういう長い表現をする人もいれば、短く以下のように話す人もいます。

「明日の会議は13時から始まります。
第5ビルの34階、ミーティングルームです。
開始10分前には来て下さい。
資料が配布されています。
目を通しておいて下さい。」

実際、上の表現と下の表現ではどちらが分りやすいでしょうか?
少なくとも、上の表現がネイティブらしく、下の表現はネイティブっぽくないと思う人はいないと思います。
伝えるべきことは短い文で、全て伝わりますし、下の表現の方がむしろ理解しやすいくらいです。

「会話」は正に同じです。
長々といっきにまくし立てるように話すことは、非常に稀ですし、分りづらいものです。

それよりも、

「昨日、映画にいったんだよ。」
「本当? どんな映画を見たの?」
「ジブリの最新作」
「それはいいなあ。 面白かった?」
「ああ、とても面白かったよ。」

というような短い文のやりとりが一般的ではないでしょうか。
むしろ、こちらのほうが会話が弾みますし、お互いに、より親しみを感じませんか。

I went to the movie yesterday.
Really? What kind of movie did you see?
Ghibli’s latest one.
That’s good. Was it fun?
Yeah. It was really fun.

たったこれだけの長さの文で、しかも難しい単語は一切使わなくても十分な会話はできるのです。

そこで、英会話の基礎を身につけたいのなら、絶対に長い文は避けてください。
脳科学(人間の記憶力)からいうと、1文に含まれる英単語数の理想は5語前後、多くても7語前後までの文がベストなのです。

ナチュラルスピードや2倍速などの高速音声学習は身につくの?

日本語がままならない幼少の頃、周りの大人たちはあなたに対して普通のナチュラルスピードで話しかけましたか?
それでは、あなたが3歳児に話しかける時、いつも友人と話すスピードで話しかけますか?

きっと、そのようなことはしないと思います。

なぜなら、日本語を聞く能力が低い人に対して、ナチュラルなスピードで話しかけることは効果的ではないと本能的に分かるからです。

会話は相手に意図を分ってもらって初めて成り立つのです。
相手が分らなければ、それは単につぶやきでしかありません。

それでは、「話す」ことを練習するにはどうすれば良いのでしょうか?
自分で話したい表現を真似る、それしかありません。
しかも、音を聞かずして、正しい発音やアクセントで話すことは出来ませんので、正しい音声をしっかり聞いて真似なければ意味がありません。

では、どうすれば、正確に真似ることができるのでしょうか

それは、全ての音が「聞き取れる速さ」で聞けばよいのです。
単純に、聞けない音は、真似ることが出来ないからです。

例えば、音楽が聞こえてきて、それが、ロックやラップだったとします。
その曲の歌詞がたとえ日本語だったとしても、スピードがとても速い場合、何を言っているのか聞き取れない時はありませんか?

では、その曲を気に入ったとして、歌えるようになりたい場合、どうすればよいのでしょうか?

それは、しっかりと単語を聞き取れるゆっくりのスピードに十分速度を落として、歌詞をみて確認しながら、真似をしてつぶやくのです。
真似ができるようになってきたら、少しずつ段階的にスピードを上げていきます
そして、最終的に元のスピードに戻っても真似ができれば、終了です。
このような方法をとることで、最も正確に、しかも効率的に速い歌を歌えるようになります。

実はこの音声学習法を言語学と脳科学の見地から、最も早く英会話学習に応用し、最先端の学習システムを開発してきた研究者がいます。
20年ほど前から英語学習に革命を起こし、多くの学習者から強い支持を受けてきた池田和弘先生です。

阪大フロンティア研究機構(大阪大学工学部工学科)にて、国家プロジェクトの一環として、「“超”短期口頭コミュニケーション能力養成プログラム」を開発し、その成果を絶賛されました。

池田先生はこのトレーニング法を「超スローリスニング」と名付け、初心者のための効果的な英会話学習法として、世の中に提供しています。

この学習法に対し、「遅いスピードで会話を聞いていても、速いスピードの会話は聞き取れない」という人もいます。 しかし、まずは、スロースピードでしっかり音をつかむことができなければ、速いスピードの会話は当然聞けるようにはなりません

昨今では、はじめからナチュラルスピードで聞く練習をしたり、それよりも早い1.5倍や2倍の速さで聞き、少しそのスピードに耳が慣れてくると、その後に、ナチュラルスピードを聞くことで、ゆっくりに感じるというような学習を推奨しているところもあります。

しかし、実際は、聞こえないものは何度聞いても聞こえませんし、人間の脳は聞こえない音を繰り返し聞いているうちに、それを雑音と認識してしまい、ますます聞こえなくなってしまうのです。

ひとつ例を挙げましょう。
野球を始めたばかりの人に、120キロのスピードでボールを投げて、どのくらい打ち返せると思いますか?
それでは、150キロの剛速球を投げたあと、120キロで投げると、球速が遅く感じられるため、さらに打てるようになるでしょうか?

もともと運動神経の良い人であれば、後者の方が多く打ち返せるかもしれません。

しかし、大抵の人は、後者の体験をしたあとでも、それほど打ち返せる量が増えるわけではなく、そのうち、「バットにうまく当たらないし、もう、や~めた」という諦めに変わるでしょう。

それでは、最も効率よく、上手くなる方法はどういうものなのでしょうか?
陸上競技や水泳、テニスなどの他のスポーツでも同じです。
まずはフォームを固めるために、ゆっくりと同じ動作を繰り返すことが必要になります。
正しいフォームが固まれば、スピードが少々速くなっても全く問題ありません。
同じ筋肉を早く動かすだけで、最高のパフォーマンスを生みだせます。

そして、「出来る」スピードで練習することで、「楽しさ」というモチベーションが生まれ、さらに上達したいという気持ちが生じてくるのです。

英語の学習も全く同じです。
ゆっくりと確実に聞ける音声スピードから学習しはじめ、それを認識できるようになれば、音声を徐々に速くしていくのです。 そうすれば、自然とナチュラルスピードの音声も全く苦にならず聞き取ることができるようになります。

ですから、スローで確実に聞けるように練習していけば、ナチュラル音声を理解することにつながっていくのです。

普通の教材やスクールではなかなか話せるようにならない理由

「話す力」を身につけたくて、いろいろな教材を試したけれど、全く話せるようにならないという人がいます。
英会話スクールに何年も通っているけど、いまだに思ったことがなかなか口から出てこないという人もいるでしょう。

それはなぜだと思いますか?

英語をシャワーのように聞き続けることが大切で、赤ちゃんのように、大量に聞いているとそのうち自然と口から英語が出てくるという人もいます。 しかし実際は、聞いているだけでは英語を話すことはできません

それでは、英会話スクールに何年も通っているのに、あまり話せないという人はどうなのでしょうか。

ネイティブの先生と週に数時間も会話をしているのに、思ったことがうまくいえないという人がいますが、考えてみてください。

「フリートーク」ではなくて、使いたい特定の表現を何度も反復して練習するようなレッスンは受けてきたのでしょうか?

おそらくほとんどの人は何度も何度も同じフレーズを口にして練習するようなことはしていないと思います。

例えば、1年間、毎日、シャワーのように英語を聞くとします。 そして、1年後にどのくらい話せるようになったか、確かめてみると、スラスラと話せると思いますか?  まず、話せるようになった人はほとんどいないでしょう。

このポイントは2つあります。

ひとつは、英語のシャワーによって、音に慣れ、なんとなく意味を理解できるようになったとしても、頭の中で、英語と日本語が強く結びついていないのです。 つまり、脳が話したいことを「日本語」で検索しても、それに対する「英語」が即座に見つからず、引き出すことができないのです。

もうひとつは、言葉として口から発する練習をしていない限り、音として正確に表現することが出来ないのです。 つまり、たとえ英語の発音とアクセントを耳から習得することができたとしても、正確に口から発信するための準備ができてないのです。

このような体験をしたことはないでしょうか?
街中でよく耳にする曲で、何度も聞いているのに、いざ口ずさむとサビしか歌詞がでてこないというような。
それに対して、お気に入りの曲は、歌詞を見たり、耳でコピーしながら何度も口ずさむため、自然と音が吸収され、全体の歌詞も深く記憶に残っています。

つまり、英会話が出来るようになるためには、英文を聞いて、それを口ずさみ、できるだけ真似をする必要があるのです。

真似ができるためには音を正確に聞き取らなければならないため、前述した「スローでリスニングしながら口ずさむ」ことが最も効果的なのです。

また、日本で生活している私たちの脳内ではいつも日本語が飛びかっています。
いまだ見たことのない物体や事象を新たに覚えていく際に、それを直接、英語で覚えてしまえば、英語脳になりますが、私たちは既に何万語もの日本語を習得しているため、日常会話のトピックでは困らないほどの単語量が日本語として蓄積されており、立派な日本語脳が出来上がっています。

そのため、日本語の支配を逃れることはできませんし、逃れる必要もありません
日本語をフル活用し、日本語に英語を深く結び付けることができればよいだけなのです。
それこそが、日本人にとって最も効果的な英会話の習得法なのです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 聞くだけで英会話は上達するか?

  2. TOEICで「突破」を引き起こす2つのポイント

  3. 「英語即興ディベート」とは?「英語ディベート」の魅力

  4. 英語が急速に上達!ジャニーズ 山下智久さんの英語力と英語学習法

  5. 遊びながら英語を上達させた2人の実例【コラム(6)】

  6. 英語学習と集中力を高める方法

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ