fbpx

英語の勉強法

語学留学で日本を発つまでにやっておきたい英語の勉強

仕事で英語が使えるようになる必要があったり、
大学で学びたいことがあるからそのために英語力を伸ばす必要があったりと、
語学留学をする理由はさまざまだと思います。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

そして留学前に準備をする時間がどれだけあるかも、
働いている方などはなかなか思うように時間も取れないかもしれません。
あるいは、日本で勉強しておかなくても海外の語学学校に入って
英語の環境で生活すれば英語の力が伸びると考えている人もいるかもしれません。

例えばイギリスのメジャーな語学学校であれば、講師は少なくともCELTA
Trinity TESOLの英語教授法の資格も持っていて、
英語を第二言語として教えるプロがそろっているので、
真面目に取り組めばある程度は伸びます。

しかし英語が使えるようになりたいと真剣に考えている人は、「ある程度」ではなく
留学期間に最大限英語力を伸ばしたいと思うのではないでしょうか。

今回は、現地での英語学習がスムーズに進むように
日本でやっておきたい英語の勉強についてご紹介したいと思います。

英語が苦手!という人の場合

中学・高校と学校で英語の勉強をしてきたけど、ものすごく苦手!!
・・・でも語学留学がしたい、する必要があるという場合、
どのような勉強をすればいいでしょうか。

まずぜひやっていただきたいのは中学英語のやり直しです。
高校と違って、中学は英語を一から学ぶのが前提ですから、
これをやり直すことで英語の基礎ができます

家を建てる際に、基礎がちゃんとできていないと頑丈な家はできません。
後から継ぎ足して補強をしても、やはり基礎をやり直さない限りは
安心できる家にはならないものだと思います。
語学も同じで、基礎がしっかりしていないと、継ぎ足しで補強をしようとしても
なかなかうまくいきません。
中学校で習う文法や単語をもう一度やり直すことで
英語の基礎を自分の中に作っておけば、語学留学してからそこをやる必要がないので、
次のステップに効率よく進めます。

スポンサーリンク

英語は得意!という人の場合

中学・高校と英語は得意だった!という場合、どんな勉強をさらにしておくといいか
・・・これもやはり基礎固めです。
しかし英語が苦手!という人と違うのは、
英語で英語の基礎固めをしておく、という点です。

日本の中学・高校で英語を勉強した場合、
文法などは特に日本語を介して教わったという人が多いかと思います。
でも語学学校では、講師は英語を使って英語を教えます
そして文法用語なども英語です。
この文法用語に慣れていないと、それほど難しいことを
やっているわけではなくても理解するのに時間がかかってしまいます。

そこで中学英語レベルの文法を英語でやり直しておくことをお勧めします。

例えば・・・
“You can’t use this adjective before a noun.”
と語学学校の先生が言ったとしましょう。

日本語で言われたら「ああ、そうね」とすぐに分かることでも、
英語だと用語に慣れていないため理解するのに
時間がかかってしまうのではないでしょうか。
(「この形容詞は名詞の前には使えません」と言っています。)

このように文法以外のスピーキングやライティングなどのスキルの授業でも、
説明の際などに文法用語はよく使われます。

次に基本的な文法用語を紹介しますが、
それぞれどんな発音なのかをぜひ辞書などで調べてみてください
読んで分かることも重要ですが、留学先で授業中に講師が
口頭で説明しているときに聴き取れるようになるためにも
発音の確認は大切です。

英語の基本的な文法用語

名詞:noun
数えられる名詞:countable noun
数えられない名詞:uncountable noun
単数形 :singular
複数形:plural
代名詞:pronoun
関係代名詞: relative pronoun
動詞:verb
動詞の形:verb form
不定詞:infinitive
現在分詞:present participle
過去分詞:past participle
助動詞:modal verb / modal auxiliary(二通りの呼び方があります)
形容詞:adjective
副詞:adverb
冠詞:article
前置詞:preposition
接続詞:conjunction
主語:subject
目的語:object
補語:complement
文:sentence
節:clause
関係詞節:relative clause
句:phrase
現在形:present simple
現在進行形:present continuous / present progressive(二通りの呼び方があります)
過去形:past simple
過去進行形:past continuous / past progressive(二通りの呼び方があります)
現在完了形:present perfect
過去完了形:past perfect
受動態:passive
命令形:imperative
疑問形:question
否定形:negative

英語で英語の文法をやり直す

上でご紹介した用語を一通り確認したら、
英語圏で出版されているテキストで文法を勉強し直してみましょう。
日本でもさまざまなテキストが出ていますが、
やはり海外で実際によく使われているものに慣れておく方が
留学先での授業中に戸惑うことが少なくなります。

<語学学校でよく使われている/推薦されている文法書>

●Grammar in Use シリーズ
Raymond Murphy著 Cambridge University Press(ケンブリッジ大学出版局)

このシリーズはElementary level(初級)~ Advanced level(上級)まであります。
(購入される際には答え付き “with Answers”と書かれているものを選んでください)

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

中学英語であれば大丈夫!という人であれば、
まずはEssential Grammar in Use(初級の学習者向け)を使うことをお勧めします。

見開き左のページが文法解説、右のページがエクササイズになっています。
勉強する時間があまりないという方は、
ぜひ問題の部分を1つ飛ばしでやってみてください。
(Exercise 1の①③⑤⑦のような感じで)
こうすることで半分の時間でテキストを終わらせることができます。

高校でも英語は結構得意だった!という人であれば、
English Grammar in Use for Intermediate Learner(中級の学習者向け)をお勧めします。

自分のレベルに合ったEnglish Grammar in Useシリーズを一通りやっておけば、
文法用語や授業でよく使われる指示の表現などにも事前に慣れておくことができます。
語学留学先で英語力を最大限に伸ばせるよう、日本で準備できることはやっておいて、
留学先でないと学べないことに力を注げるようにしておくといいですね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 効果が数倍上がる「スピーチ型」英会話のススメ

  2. 英語のスピーチコンテスト ~「スピーチのコツと心構え」と「勝つための練…

  3. 医療用語が勉強できる面白い海外ドラマ3選

  4. スポーツ好きは英語力が伸びる?

  5. 人気女優、北川景子さんの英語力と英語学習法

  6. 苦手な英語の「ライティング」にメスを入れよう!ライティング力をアップさ…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ