fbpx

英語の勉強法

英語力がぐんぐん伸びる英語日記の書き方

日常生活についてスラスラと英語で説明できる、
今日の出来事を何不自由なく英語で何でも話せたら素敵です。
そこまで英語力を伸ばす事ができればネイティブとも会話もきっと盛り上がるでしょう。

そんな実用的な英語力を身につけるために、英語で日記を書くというが
非常に効果があるということをご存知でしょうか。

しかし残念ながら、ただ闇雲に英語で日記を付ければ
自動的に英語力が伸びるというわけではありません。
今回は英語日記の効果を最大限に生かす学習法を段階を踏んでお伝えします。

 

英語日記の始め方

まずは今日一日の出来事を英語でつづることから始めましょう。
日記を付け始めて最初の3ヶ月くらいは、まず一日の内容を
できるだけ詳細に英語で表現するようにします。

改めて一日を振り返ると、日々日常に遭遇するいろいろな表現を知らなかった
という事に気が付きます。
知らないことに気が付くというのは物事を学んでいく上で重要なことです。
そこから一歩が始まります。

知らない表現や英語でどういえばいいのかわからない時は
徹底的に辞書を引き、一字一句一生懸命文を作ることに努めましょう。

英語日記を付け始めて最初の数ヶ月は、自分の書いた英語が
自然なものか否かはそれほど重要ではありません。

多小英語的に不自然な表現があったり、文法が間違っていたとしても
この時点では大きな問題ではなく、それは後にいくらでも修正可能だからです。

何はともあれ語彙を増やすことと英語日記を付けること自体を
習慣付けることに重点に置くことが大切です。
できるだけ多くの単語や表現をまなび、インプットを増やしましょう。
最初は数行書くのも時間がかかるとは思いますが、数をこなすことにより
スピードアップしてゆきます。
あきらめずに継続することが成功の鍵となります。

 

スポンサーリンク

英語日記が習慣付いてきたら

英語日記を付け始めて3ヶ月程度経ち、毎日日記を書くことに慣れてきたら
次のステップに進みましょう。
この頃になってくると日記を書く時間もだいぶ早くなってきたことを
感じとれることでしょう。
そして、ボキャブラリーも相当増えていることを実感できるはずです。
英語を書くこと自体に余裕が出てくる時期です。

さて、ここからは自分の書いている英語が正しいものなのか
チェックを入れてより自然な英語が書ける能力を養います。
最近では、手軽にオンラインで文法チェックをしてくれるサービスも増えてきました。
こういったものを上手に利用するのも手です。
ネイティブチェックは自分の書いた英語をより自然なものに導きます。
日本人が書いた英語の文章は、たとえ文法そのものが合っていたとしても
日常生活では不自然な堅い表現が多いことが往々にしてあります。
ネイティブチェックはこういった不自然な英語表現を指摘し、
より自然な言い回しに直してくれます。
自然な英語力を身に付ける上で非常に有効な方法といえるでしょう。

また、もし一緒に英語を学習している日本人の友達がいれば
お互いの書いた文章を相互チェックするのも効果的です。
相手の書いた文章をチェックすることは、結局は自分自身の勉強に繋がります。
そして、お互いにフィードバックし合うという事で、読み手を意識した文章を
書こうという意識も高まります。

 

日記にスパイスを与える

日々の出来事を綴る日記に少し飽きが生じてきたら日記にパイスを加えましょう
映画やドラマでネイティブが使っていた表現を加えたり、
雑誌や本で拾った表現をできるだけ自分の日記にも取り入れて、
真似することでその英語表現を自分のものにしていくのです。

また、日記にその日観たDVDや映画などを要約するのも効果的です。
映画の要約は、SFや法廷ものなど日常からかけ離れたものほど
英語にするのは大変ですが、語彙力を飛躍的に伸ばしたい人にはお勧めです。

また、その日読んだ本や雑誌の紹介等を日記に取り入れるのもいい方法です。
元になる映画や雑誌は日本語のものでも英語ものでも効果的です。
英語のものを使えばリスニングスキルやリーディングスキルが上がりますし、
日本語のものを使えば翻訳力が上がります。
いずれにしても毎日継続して行うことが最も大切です。

疲れている日はその日の出来事を数行綴るだけでもいいのです。
できるときだけでも要約ものなどを取り上げて、日記のバラエティを広げましょう。

 

まとめ

一口に「英語で日記を付ける」といっても、そのやり方は多種多様。
できるなら一番効果の高いやり方で継続したいものです。

最初はまず日常を綴ること。
まずこれを習慣化させましょう。
自身のライティングをチェックしてもらい、より自然な英語へと導いてもらいましょう。
そのあとはそれに加えてその日に観た映画や書籍の紹介など
様々なものを取り入れてゆきます。

この方法で総合的な英語力(文章力、読解力、聴解力、会話力)を
飛躍的に伸ばす事ができます。
日記を書き始めてから1年後、自分の英語力が
驚くほど伸びていることを実感できるはずです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 3歳から英語を始めよう!「Go Fish!」での学び方

  2. 幼児もできる!英語の発音練習法

  3. 英語の上達につながる辞書の使い方!

  4. 「社会人のあなたに」ビジネス英語の上達(1) ~あなたに合う学習スタイ…

  5. 英語を忘れないように定着させる3つの方法

  6. 「英語即興ディベート」とは?「英語ディベート」の魅力

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題