fbpx

英語の勉強法

英語初心者向け:ぐんぐん力がつくおもしろ勉強法

私は、英語が不得意で、大学受験の時、英語が一番のネックでありました。
そんな私が、英語を使えるようになった理由の一つに、“English Free Writing”があります。
一日10分、毎日英語を書くだけ
それも、自分の知っている単語、文法を使うだけですので、難しいことはありません。
騙されたと思って、やってみてください。

どんどん連想ゲーム!

ニュージーランドに留学した時、語学学校に通ったのですが、私の英語レベルは低く、
中の下のクラスで、自分の言いたいことさえほとんど言えないレベルでした。

担当の先生、Markはとてもユニークな英語の勉強法をたくさん提供してくれましたが、
その中で一番役に立ったのが、“English Free Writing”でした。
Markは、日本に滞在していた経験を持つため、
日本での経験を元に、この勉強法を説明してくれました。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

今からおよそ30年前のことです。
東京駅での出来事ですが、今のように、駅には英語表記が乏しく、
JY17 (JR 新宿)とかC07 (東京メトロ千代田線 国会議事堂)のような
駅のナンバリングもない時代でした。

Markは、鎌倉に行きたかったのですが、どういったらいいのかわからず、
鎌倉への行き方、どの電車に乗ったらよいのかを知りたくて、
東京駅の中で日本人に英語で聞いていったとのことでした。

その中でひとり、一生懸命英語で対応しようとしてくれた人がいます。
しかし、その人は、正しく話そうとするあまり、『うーん…、あー…』となかなか話はじめられなく、
何も言えずに時間だけが過ぎていったようです。

一生懸命対応してくれていたのですが、時間が掛かりすぎて電車を乗り過ごしたMark。
せっかくの好意が迷惑に感じてしまったくらいです。
なんでもいいから、1つ英単語でも発してくれれば、こちらから簡単な質問をしながら
サポートできるのにと思ったとのこと。

これが、もし食事会なら、相手が返答してくれないと、話が続かなくなり、
せっかくの食事が美味しくなくなってしまうため、
再び同じ人と出かけようとは思わなくなってしまうかもしれません。

Markが言うには、会話にはスピードとリズムが大事であり、正確性は二の次・三の次。
スピードとリズムを大事にして会話をすると、どんどん話が膨らみ、
話をしながら・話を聞きながら、英語はどんどん上達するとのこと。
それを念頭にいれて、次のことをやってみると、
英語能力の向上スピードが一気に上がるとのことでした。

スポンサーリンク

English Free Writing

1. まず、ノートとペンを用意する。できれば書きやすいボールペン。

2. 英語の参考書、辞書は不要。

3. 一日10分、毎日続けること。

4. とにかく、知っている単語・知っている文法で書く。

机に座って、ノートを開き、思いついたことを書く。
これだけです。

例えば、窓から木が見えたとしましょう。
そしたら、先ず、“There is a tree.”と書く。
次に、“The tree is green.” → “Green is my favorite color.” → “I like a green car.”
→ “Japan is famous for producing cars.” ……. と連想することを書いていくというものです。

なんでもいいのです。 連想することをどんどん書くのです。
つじつまの合わない文章でもいいのです。 形式も気にしなくていいのです。
とにかく書くのです。 ペンを止めずに書き続けるのです。

最初は、10分で書くことができる英語は、5-6行かもしれません。
また、スペルや文法もめちゃくちゃかもしれません。
それでもいいのです。
翌日、10行くらいになるように、スピードアップを意識するのです。
1週間後には、15行くらい書くことができれば、上出来です。

私自身、1か月後の成果にびっくりしました。
10分で、ノート1ページくらい書くことができるようになりました。
2か月後には、2ページほど書くことができるようになりました。
要するに、英語のアウトプットがどんどん増えたのです。
日常の英会話も、スピードが上がり、リズムもよくなってきて、会話もはずむようになりました。
本当に驚く成果でした。

English Free Writingのプラスα

できればネイティブスピーカーに、English Free Writingを添削してもらうと良い結果を生みます。
ネイティブスピーカーにとってみれば、朝飯前のことですので、誰でも協力してくれるでしょう。
スペルや文法をチェックしてもらうもの重要ですが、
ネイティブならではの言い方・言い回しを教えてもらえます。
直してもらった英文を確認していくことで、どんどん正しい文章になっていくのです。
もし、周りにネイティブがいないのであれば、
英語の先生や英語の得意な人にお願いするのも一つかもしれません。

やってみよう! Let’s try it!

たったの10分です。
最初は、書き出すことすら難しいかもしれません。
しかし、毎日続けることによって、成果はみるみる出てくることを実感できるでしょう。
スピードとリズムを大事にして、話をするように書き続けるのです。
そうすると、頭で日本語を英語に変換する過程がどんどん短くなっていき、
スピードが速くなり、リズムもよくなります。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

このEnglish Free Writingは、時間・費用・労力をできるだけ掛けないで、
英語が上達する非常に優れた方法です。
騙されたと思って是非やってみてください。

Writer: COCO

スポンサーリンク


関連記事

  1. 日本にいながらでも身につけられる! スピーキング学習法

  2. 英語力がぐんぐん伸びる英語日記の書き方

  3. 英語の見方が変わる秘密の鍵【コラム(10)】

  4. 渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

  5. 苦手な英語の「ライティング」にメスを入れよう!ライティング力をアップさ…

  6. TOEIC600点への最短・最楽学習法【コラム(9)】

PAGE TOP

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?