fbpx

英語の勉強法

英語の見方が変わる秘密の鍵【コラム(10)】

日本語を活用した英会話習得法
「英語の見方が変わる秘密の鍵」
マスターキーで高速・確実に英文をつかむ

(この記事は日経ビジネスオンライン 2016年2月20日に掲載された池田和弘氏のコラムです)

 

前回は、TOEICの性質についてお話ししました。英語にどの程度慣れているか――TOEICはそこを問うてきます。ですので、いくら文法が理解できていてもスコアには結びつきません。逆に文法が苦手でも、英語に慣れている人であれば、たとえテスト問題を解いた経験がなくても、高スコアを取ることができます。

 

「英語に慣れる」の意味を理解する

しかし、「英語に慣れる」というのはいったいどういう意味なのでしょうか。そもそも、文法を学ぶこと無しに英語に慣れることなどできるのでしょうか――できます。この点を理解するには、つぎの問題を解いてもらうのが、手早いと思います。下の文章の( )の中に、選択肢からもっとも適切なものを選んで入れて下さい。

急な事で申し訳ございませんが、私は明日北海道に出張(  )。

①するかもしれません
②することがあります
③するつもりです
④することになりました

 
さて、どうでしょうか。答えは、もちろん④です。これは“外国人”にとってはかなり難しい問題です。しかし、今あなたは(ほぼ)一瞬で正解することができたはずです。なぜでしょうか。文法が分かるからでしょうか。それとも・・・。加えて言うなら、もし、この問題について文法を使って解説しないといけないとなると、いったいどうなるでしょうか。想像するのも恐ろしいですね(※)。

(※)教える方にとってだけでなく、教えられる方にとっても大変なことになります。もう一点大切な点として、問題を解くこと自体が少々面倒には感じませんでしたか。なぜそう感じるかというと、1つの正解を探すのに、わざわざ3つの間違った答えを読まないといけないからです。しかも、その中には紛らわしいものが、わざと入れられています。このようにテストというのは、本来が「不自然なもの」なのです。これはTOEICも同じで、アプローチの仕方を間違えると負の連鎖が起こって、何のためのテストか分からなくなります。この点については、回を改めてお話しします。

 

スポンサーリンク

英語を効果的につかむ2つの方法

さて、これで「慣れる」の意味、そして文法が大きな障害に成り得る点について、取りあえずは理解していただけたと思います。では、具体的に、私たちはどのようにして英語に慣れていけば良いのでしょうか方法は2つあります。

1つ目の方法は、英文を、その和訳とともにどんどんと耳で聞き、目で見て、声にも出して読み上げることです。英→日、日→英と何度も聞いて読み上げます。こうすると、英文の中に含まれている規則性(つまり文法)が自然と吸収されていきます。映画・ドラマや洋楽の好きな人が、夢中になって英語(+その和訳)を聞いたり、読み上げたり、暗唱したりしているうちに、高度なリスニング力や会話力を身に付けてしまうのは、その典型例です。とくに映画・ドラマの場合には映像もあり、ストーリー性もありますので効果的です。

1つだけ気をつけないといけない点は、この方法はあくまでも“夢中で”というのが大切なポイントで、「テストのために」というスタンスでいると、なかなか成果が出せません。また、中途半端な段階でテストに手を出すと、痛い目に遭うことになります。とくに、受験英語のテストや問題集はNGです。自分で判断して、最近何だかセリフが良く聞き取れるようになってきたかな? と思え始めたところで、TOEICを受けると450~500点程度は取れるはずです。そして、そのまま「心から楽しんでいるだけ」で、600点、700点とスコアを伸ばすことができます。

この方法の圧倒的な利点は、まず学習が「この上なく楽しいこと」ですが、その他にも大きな利点があります。それは、テスト対策の詰め込み勉強を行うわけではないので、「800点を取ったのにロクに話せない+書けない」というようなことにはならず、使える英語が身に付くということです。ある意味で理想の学習法と言えるでしょう。

 

英文のマスターキー

もう1つの方法は、私が「英文のマスターキー」と呼んでいるものを使う方法です。マスターキーは、「核と説明」とも呼ばれており、その名の通り次のような形をしています。

 では、サクッとやってみましょう。あなたは、carが「車」であること、stationが「駅」であることを知っていますね。このように英単語にはそれぞれ意味があります。それと同じように考えて、ここではing形について「~して」という意味があると考えてみて下さい。たとえば、jogging なら「ジョギングして」、singingなら「歌って」となります。あとは、マスターキーを当てはめるだけです。(※)。

(※)分かりやすいように、例文はあえてごく簡単なものにします。また、参考として、右端に従来の文法での分類名を書き添えておきます。

 

たとえば、

 の場合ですと、つぎのように考えます。
 (現在進行形・現在分詞の形容詞的用法・SVC)

ここでは、「~います」という部分がごく自然につくという点に注目して下さい。これをおさえると、つぎのようなケースも簡単に理解できます。

( 動名詞・SVO)

さらに、つぎのような例も理解できます。

 (分詞構文(付帯状況)・SV)

マスターキーの使い方に慣れてくると、つぎのような英文も単に語彙を知っているかどうかというだけの問題になります。意味が分かりずらい場合には、区切り訳と全訳に何度も目を通してみて下さい。それで感覚が分かってきます。

 (分詞構文(結果)・SVO)

さらに、このキーは文だけでなく、語句にも使えます。ここが5文型とは決定的に異なる点です。

( 現在分詞の後置修飾)

新しい時代の始まり

今回はこのあたりまでにしておきますが、「英文のマスターキー」は文字通りのマスターキーで、to形(不定詞)やp.p.形(past participle:過去分詞)、さらには間接疑問や関係詞など、主要な文法項目がこのぐらい簡単・快適に理解できます。また、ご覧のとおり、文法用語はもちろん、解説もほとんど不要です。

このようにして、マスターキーを使って素早く英文がつかめるようになると、あとは語彙を増やすだけで英語を速読・速聴できるようになります。そして、その流れの中で、時おり音読やディクテーションなどを行って、より深く英文に慣れるようにすると話す・書くも、ごく自然にできるようになります。

そこにさらに、少しプラスαの工夫を加えると、学校の定期試験や高校・大学入試などのクセのあるmessy(やっかいな)なテストに対しても、効果的に対処できるようになります。

複雑で難しい文法が理解できなくても、また目的や意義がよく分からない言い換え練習や変換練習などをしなくても、英語はしっかりと身に付けることができます。これからは、「文法で頭をひねる時代」ではありません。「ダイレクトに英語をつかむ時代」なのです

 

英語にかんする限り、私たちの能力は30%程度しか引き出されていません。これはとても残念なことです。このコラムでは、どうすれば残りの70%の能力を発揮できるかについて、日本語を活用するという手法を中心にさまざまな観点からお話していきます(※)。

(※)私は、リスニングとスピーキングを区別し、それぞれに適したトレーニングを組み込んだ「リッスントーク」という会話教材を開発しています。もしご興味があれば、一度サイトにお立ち寄り
ください。

 

参照: 日本語を活用した英会話習得法
「英語の見方が変わる秘密の鍵」
マスターキーで高速・確実に英文をつかむ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/093000004/021500011/

 

著者: 池田 和弘(いけだ かずひろ)
大阪観光大学国際交流学部教授
京都大学卒業後、通訳養成学校を経て、専門学校や予備校での教鞭、執筆活動を行う。
ベストセラーを記録した著書は数々。その後、大阪大学大学院言語文化研究科にて、
理論的ベースを固め、同大学工学部工学研究科で原子力、ナノフォトニクスの
ESPプログラムを開発・実施。「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、
レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など
最新の知見を駆使して、「言語学×脳科学」の視点から学習教材を開発できる
日本有数の英語学習法のスペシャリストである。

 


◇主な著書

『こうすれば速く覚えられるTOEICテストの英単語』(日本実業出版社) 2010

 

『英語がスラスラ分かるようになる魔法の本』(日本実業出版社) 2009

 


◇開発教材

★ 初心者向け「聞けて話せる」実践英会話教材 ★【リッスントーク】

リッスントーク

 

 

 

 

 

★ 超初心者向け「話せる」を実感できる英会話教材 ★【スピークエッセンス】

se-01

 

 

 


◇【マスコミからも注目! 最近の掲載記事】

なぜ英語を「話せない」?たった7カ月で英語が話せる画期的教材!既存教材の盲点克服

2015年3月 ライブドアニュース 

http://news.livedoor.com/article/detail/9950712/

英語得意に

2015年4月 産経新聞 

http://kazuhiroikeda.com/blog/post-1069.html

●ラジオゲスト出演

2015年5月 ラジオ関西 「三上公也の情報朝イチ!」 

https://www.youtube.com/watch?v=j9vhKSNBHp8

“大人の日本人”に合ったストーリー式英単語記憶法

2015年6月 ダイヤモンドQ 

http://kazuhiroikeda.com/blog/post-1134.html

TOEIC満点でも英語が話せないのはなぜ? 言語学者がたどり着いた英会話学習「6つの実践法」とは

2015年8月 現代ビジネス 

http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/44520

英語が苦手な人必読! 「日本語で覚える英語」があなたを救う!?

2015年11月 プレジデントオンライン

http://president.jp/articles/-/16714

 

★ 2015年10月~ 日経ビジネスオンライン連載中 ★  http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/author/15/093000040/「日本語を活用した英会話習得法」

 


◇関連リンク
池田和弘オフィシャルブログ
(http://kazuhiroikeda.com)

スポンサーリンク


関連記事

  1. <英文ライティング>英語らしい文章を書けるようになるには

  2. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(4)~英語スクール活用…

  3. 英語のリスニング能力が上がらない理由と上げる方法!

  4. 間違いだらけの英会話学習法 ~初心者が英会話を短期間で身につける秘訣は…

  5. 英語の上達につながる辞書の使い方!

  6. 「社会人のあなたに」(11)~外資系企業でのスムーズな英語コミュニケー…

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!