fbpx

英語の勉強法

英語のリスニングは海外ドラマよりも映画の方が効果的?ネイティブの会話を理解しよう!

 
「英語が苦手」、という人は多いかもしれませんが、
「映画を観るのは苦手」、という人はあまりいませんよね。

好みのジャンルに違いはあっても、誰だって、何度でも観てしまうような
お気に入りの一作はあるものです。

それでは、映画で英語の学習ができるとしたらどうでしょうか?
お気に入りの作品で、ストーリーを楽しみながら英語の勉強出来たら一石二鳥ですよね!

しかし、そもそも映画が英語の学習材料となりうるのでしょうか?
日本語であっても、映画の中で話されている日本語と私たちの普段の会話では、
そのリズムやテンポに違いがありますよね。

複数の登場人物の会話が聞きながら物語が進行していくことから、
より日常的な状況下で、ナチュラルスピードのリスニング力を身に付けたい人には
映画はピッタリの学習材料と言えるかもしれません。
ただし、TOEICや英検のリスニング対策にはちょっと効率的ではないでしょうが…

 

海外ドラマではなく映画で学習するメリット

でもちょっと待ってください!
ナチュラルスピードのリスニング力を身に付けるなら、映画でなくても海外ドラマの方が
より手軽で実践的なのでは、と考える人もいると思います。

映画のように長くないし(短いものは30分位)、アクションシーンや効果音も少なく、
より自然に近い英語の習得が期待できそうですよね。
そこを、あえて映画を学習材料にチョイスするとすれば、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まずは、圧倒的なジャンルの多さにあるでしょう。
確かに、ドラマは気軽にレンタルショップで探すことができますが、
自分ががっつりハマるものを見つけるのには思いのほか苦労してしまいます。
しかし、あまり興味が持てない作品を1シーズン見続けるのはけっこう苦痛です。

映画だと、90分から120分で完結するので、あらゆるジャンルから、
自分がチャレンジできそうな一作を探すくことが容易です。

また、ジャンルが多いので色々なタイプの英語にチャレンジできます。
アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語…、
世界各国の英語に触れることもできます。

さらに、映画の場合、原作があることが多いので、あわせてペーパーバックを購入して、
リーディングの学習も同時に行っていくことも可能です。

 

スポンサーリンク

映画での学習のすすめ方

では、具体的に映画を使って、どのように学習をすすめていけばよいでしょうか?

①学習教材となる作品を探す

まずは、これだ!というお気に入りの一作を探しましょう。
もちろん、自分の好きなジャンルで探していくのがベストなのですが、
何度見ても、新たな発見があるような、繰り返してストーリーの描写を
楽しめるものがおすすめです。

日本の映画で例えるならば、ジブリ作品のようなものです。
何度も見て、ストーリーは頭に入っているのに、地上波で放送されると
ついまた見入ってしまうような作品です。
そうなると、初見で衝撃が大きすぎるようなものよりは、
主人公の気持ちになって主人公の成長を一緒に見守れるような作品がいいでしょう。
ディズニー作品なども、初心者には入りやすいと思われます。

また、ジブリ作品の多くは海外版があるので、ストーリーも馴染み深い
そちらから選んでみるのもありかもしれません。

 

②日本語でストーリーを理解

まずは、日本語吹き替えで鑑賞します
その際、一度に全てを通して観るのではなく、はじめは5分や10分など、
短い間隔で区切ってOKです。

また、できればその作品のスクリプトを入手しておきましょう。
ネットで「映画・スクリプト」で検索すると、無料で入手できるサイトが見つかります。
映画の原文のセリフを日本語訳にした場合、日本語字幕にすると原文の約40%、
日本語吹替にすると約80%になると言われています
つまり、日本語で観ている時は、原文の表現を全て拾いきることはできていないのです。

なので、セリフ表現を細かく理解するためにも、スクリプトを入手しておいたほうがよいのでしょう。
また、それを印刷しておくと、後からわからなかった単語や文法などを書き込むこともできます

 

③英語でリスニング・リピーティング

日本語でストーリーを理解したら、今度は英語音声で聞いてみましょう
(英語字幕があってもOKです)
その後は一度止めて、実際のスクリプトを確認してみましょう。
また、その際、自分のスピードで構わないので音読をしてみましょう

 

④英語で最終・総仕上げ

今度は、字幕をオフにして、映像と英語音声のみで確認してみましょう
スクリプトを確認した後なので、ある程度は理解できるようになっていると思います。
自分が翻訳者になったつもりで、瞬間的に日本語セリフを言ってみるのも楽しいです。

余裕がでてきたら、ここでもう一度映像と英語音声のみでリピートし、
一時停止をしながらシャドーイングを行ってみましょう

この一連の流れを、映画の最後の場面まで、一定の時間を区切って行ってください

 

まとめ

2時間もの映画を区切って何度も見て学習をすすめるのは、
けっこう忍耐のいるハードなことかと思います。
しかし、何個かの作品を上記のような学習法で終えると、本当に不思議なことに、
自然とナチュラルスピードの会話のテンポやリズムがつかめてくるはずです。

TOEICや英検対策のリスニング教材はある程度聞き取れるのに、
映画を字幕オフにしてみると撃沈してしまう、という人には特におすすめします。

「ハリウッド映画を字幕なしで観たいなぁ」、
英語学習をする人なら誰もが一度は思い描く願望です。

英語習得は一日にしてならず。
少し時間はかかりますが、楽しく、集中して繰り返し学習することで、
確実にリスニング力は上がってきますよ!
 
もし、あなたが英会話をいままでほとんどやったことがなかったり、英語を話すことを苦手だと思っているのであれば、是非、池田和弘先生の英語学習者のためのサイト<Learner Friendly>を見られることお勧めします!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語力がぐんぐん伸びる英語日記の書き方

  2. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(9) ~英文がスラスラ…

  3. 「遊び心」がないと英語力は身に付かない【コラム(5)】

  4. 英語のライティングとスピーキングの違いと学習法

  5. サンタクロースに手紙を出してみませんか?

  6. 小学生で覚える英単語数は700語で足りるの?~必須英単語数と1ヵ月で1…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ