fbpx

英語の勉強法

英文をちょっと工夫!英語の読み書きやスピーキングなど、4技能を同時に伸ばせる学習法!

インターネットを利用すれば様々なトピックの英文記事を
検索することができます。
リーディング力にまだ自信がなければ英語学習者用のサイトを探せば
読みやすいように語彙を変えた英文を読むことができます。
あるいはネイティブレベルの英文を読む練習をしたいと思えば
オンラインで新聞を読むこともできますね。

このような英文を英語の勉強のために読んでいる方も多いと思いますが、
読む際に何か工夫をしていますか?

英文読解は中学校・高校でかなり重要視されていますが、
リーディングスキルだけではなく、その他のスキルを伸ばすことにも
つながるような英文を使った勉強方法はあまり知られていません。
英文の内容を読み取るだけではなく、少し工夫をするだけで
リーディング以外のスキルも伸ばすことができます。

今回は普段リーディングの練習に読んでいる英文を最大活用する方法を
ご紹介したいと思います。

 

自分の強くなりたい話題・分野を重点的に選ぶ

英語力自体はあるのに、学習者用ではない英文記事を読むと
何について書いているのかつかめない、
ネイティブスピーカーの会話についていけない、
英作文を書くのに何を書いていいか分からないということがあります。

これらの問題はその話題に関する知識と語彙が足りないということが
原因である可能性があります。

大学留学を目標にしているのであれば専門分野についての記事を重点的に、
日常会話についていきたいのであればネイティブスピーカーが
よく話題にする分野についての記事やニュースを中心に選んでみましょう。

カジュアルな会話についていきたいのであればブログやSNSの記事を選び、
フォーマルな場での会話についていきたいのであれば
新聞記事のような英文を選ぶといいですね。
プレゼンテーションやスピーチに強くなりたいのであればTEDもいいですね。
リスニングの練習に使うことが多いと思いますが、
スクリプトが付いているので英文を読むこともできます。

 

スポンサーリンク

トピックに関する語彙に着目する

読む英文を選んだら、何に関する英文なのかを把握しましょう。
タイトルやサブタイトル、見出しがトッピックを知るヒントになります。

読む英文のトピックを意識して読み、そのトピックでよく使われる表現に
下線や印を入れましょう。
記事はコピーしてwordに張り付けて読むと下線を入れたり
コメントを挿入したりすることができ、重要な語彙だけを集めるのも
容易にできるので便利です。

<具体例>
例えば、IELTSや英検の英作文対策にとても便利なサイト
ProCon.org (https://www.procon.org/)を利用するとしましょう。
このサイトではさまざまな話題や問題について
「賛成」と「反対」の視点から議論してくれています。
扱っているトピックがとても豊富で、健康・医療、教育、政治、科学・技術、
国際情勢、エンターテイメント・スポーツ、経済などがあります。

「生徒は制服を着なければいけないか」についての議論の一部を見てみましょう。

英文をコピーして wordにペーストすれば・・・

Pro(賛成)
①School uniforms keep students ②focused on their education, not their clothes. A bulletin published by the National Association of Secondary School Principals stated that “When all students are wearing ③the same outfit, they④ are less concerned about ⑤how they look and ⑥how they fit in with their peers; thus, they can ⑦ concentrate on their schoolwork.”…

①school uniform制服
②focused on their education勉強に集中している
③the same outfit同じ服装
④are less concerned about… ・・・について心配が少ない
⑤how they look どう見えるか
⑥how they fit in with their peers 仲間の生徒にどのように受け入れられるか
⑦concentrate on their schoolwork 学業に集中する

このように話題に関連した語彙に下線を入れ、
自分で語彙集を作ることができます。
この方法はノートにわざわざ書き取るよりも早く、
単語を文の中で覚えられるので前後にどのような単語が来るのか、
どのような文脈で使うのかもよく分かります。

たくさん単語は覚えていても会話や文章の中での使い方が分からない、
あるいは使い方をよく間違うというのは、単語や表現を文の中で
覚えていないことが原因です。

 

Signposting languageの使い方に着目する

文の流れを読み手や聞き手に表すsignposting languageが上手に使えることも、
自然な英語を書いたり話したりするうえで重要です。

先ほど例として挙げた制服に賛成する意見の英文の中にも
signposting languageが入っています。

“…When all students are wearing the same outfit, they are less concerned about how they look and how they fit in with their peers; thus, they can concentrate on their schoolwork…”

この英文の中で thus「したがって」が使われていて、
その前には「原因・理由」が、後には「結果」が述べられています。

結果を述べる表現は soや thereforeなどがありますが、
thusもその一つです。

thusはエッセイなどの硬めの文章でよく使われますが、
英文を書く際に間違いやすいのは、これらの単語が「したがって」という
意味であるということは分かっているけれども、文のどこで使うのか、
どのように使うのかが分かっていない場合です。

thusは副詞なので文と文をつなげることはできませんが、
ピリオドで切る以外にもセミコロンを使って前の文を切って
thusを入れることができるということが英文から分かります。

 

便利な表現を集める

英文を読んでいると、この表現は便利だな、いつか使いたいな
と思うものが出てくるものです。

これも制服に賛成する意見の英文から例を挙げると

“A bulletin published by the National Association of Secondary School Principals stated that…”

この stated that…という表現は「・・・と述べた」という意味ですが、
論文などではとてもよく使われます。

このように自分が得意になりたい話題や分野の英文を読みながら、
トピックに関する語彙や signposting languageそして便利な表現に着目すれば、
ただ単にリーディングの練習をするだけではなく、
ライティングやスピーキングにおける表現の幅を広げることができます。

またトピックに関する語彙を知っていれば重要なキーワードを知っている
ということなのでリスニングでも内容を理解するのに大いに役立ちます。

少し面倒だと思うかもしれませんが、少し手間をかけることが
より記憶に定着する手助けにもなるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英作文の得点アップ!豊かな表現を使いこなそう

  2. 多読を楽しもう!

  3. 独学で英会話力を伸ばす勉強法!!

  4. 3歳から英語を始めよう!「Go Fish!」での学び方

  5. 英語学習と集中力を高める方法

  6. 黙読の効果を知ろう!英語学習に上手く活用する方法

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ